デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ドレッサーのあるサイドボード

2018-7-1

Rさまのリフォーム工事が順調に進んでおります。
ガス式の床暖房をされるとこのとで、工事は全てお客様ご依頼の西部ガスリビングメイト西日本住設さんがされています。
お住まいながらの工事ですが、手際良く段取りされていて気持ちの良い現場です。

以前は壁で仕切られていたリビングダイニングにドレッサーを置かれていて3人のお嬢様が時間をずらして使われていました。

同じアングルですが、間仕切り壁が撤去されて解放感のある空間になりました。7m以上の間口にサイドボードが取り付く予定です。


当初からのご要望でした「この部分にLDKに必要な収納を」ということで打合せをさせて頂きました。
キッチン背面に食器類、腰窓の間にドレッサー、リビング側に鞄などのざっくりとした収納という大枠から具体化させていきます。

一番悩んだところがドレッサーの部分です。
閉めているときは存在感のない状態に、使用中はメイクをし易いミラーや照明、使う物に合った収納場所をということでご提案をさせて頂きました。

上は天板の裏にミラーを組込み、開けたらドレッサーに閉めたら何もない状態です。
下は壁にミラーを組込んだ棚を取付け、開けたら2面鏡に閉めたらインテリアパネルのようなアクセントになるイメージです。
ご家族会議の結果、上の方法で検討させて頂くことになりました。

今度は照明の検討です。
壁付けのブラケット照明をドレッサー使用時に点灯して頂くか、ドレッサーの鏡の裏にテープライトを仕込むかで使用感を検討して頂きました。

これは後者の試作品。よく女優ライトなどと言われますが、光源が目に入ると眩しい割に肝心のミラーが対比で暗く感じてしまいます。
後ろや上からの照明が別にあれば顔に影が出来ずに良いかもしれませんがあまり現実的ではありませんでした。
ショールームのように現物がないだけに、図面上で検討して頂くことは難しいかと思います。
こうして試作品を作ることができるのも独立して良かったと思うことの一つです^^


さあ、着々と家具の製作が進んでおります。
サペリのストライプ柄がますます奥行きを感じてシャープに見えそうです。

これは使用しているサペリの突板ですが、独特の照り感で雰囲気があります。


ドレッサー部分も形になってきました。


引出しの側板に使う材料の加工も終えました。
ビスを使わないジョイント方法は手間がかかりますが、引出しを開けたときの気持ちが違います。
大量生産では入らない「造り手の思い」が仕上がりに繋がればと思います。

現場の進行とお届けが楽しみです。
R様、現場の皆さま、引き続きよろしくお願いします!






キッチンカウンター下の収納

2018-4-26

朝倉市のM様より、キッチンカウンター下の収納の件でお問い合わせを頂きました。
最初にどこに何を収納するか具体的な図と写真を送って頂いたので、とてもスムーズにやりとりをさせて頂くことができました。
設置場所はキッチンカウンター下の凹んだスペースの奥行き18cmを利用して、トータル奥行き45cm程の収納をご希望でした。


先にお写真を送って頂いたので、納まりの難易度が想像できました。

丸みを帯びたキッチンカウンターに新しい天板をどう突き付けるか、またどのラインで揃えるか、プランやお見積りとは別の部分で頭を使いました。
同時にM様には天板の素材をじっくりご検討頂きました。
人工大理石、突板、無垢材、メラミン、集成材、それぞれの特徴を知って頂いた上で、最終的に集成材で製作させて頂くことになりました。

将来的なことや今のライフスタイルを見据えてじゃあどの素材が良いか、真剣に興味を持って頂けて私たちもとても造り甲斐がありました。
製作を経て、いざ設置です。

課題だった納まりの部分はこんな風に加工しました。納まりもデザインの大事な一つです^^


キッチンカウンターからはそんなに突出していませんが、収納内部の奥行きはたっぷり確保できています。


右側面の納まりはこうなりました。
既存のサイドパネルと色は違いますが、経年変化すると馴染んで一体化してくるはずです。


フライヤーや筆記具など、入りきれずカウンターの上に乗せられてた物の収納場所ができました。
家具のボリュームがあるはずですが空間が狭くなった印象は無く、むしろすっきりと広く心地良く感じました。
お仕事と家事と育児、M様ご家族の日々の暮らしに少しでもお役に立てたら嬉しく思います^^
M様、たくさんご協力頂いてありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

オーダーならではの家具をお届けしました。

2018-3-11

先日ご紹介させて頂きましたO様の家具が無事に取付きました。
オーダーならではの家具です。

納期の関係で、先に玄関のベンチからお届け致しました。
玄関を入ってすぐの限られたスペースに取り付けていきます。


脚を付けずに、そして取付金具を表に見えない固定方法を考えてのデザインです。
本体を白い巾木の上に乗せることで強度を保ちます。


ジャストサイズで納まりました。

平面と側面の二面で角度の異なる形状です。
製作段階はこんな感じでした。

ねじれのある難しい形状でしたが何とか形になりました。


玄関を入ってからの動線を邪魔しないシャープなラインです。


座った状態で靴を脱いだあと脚の向きを変えてそのままホールへ上がって頂けます。
O様ご夫婦のスマートなライフスタイルにぴったりのオブジェのようなベンチになりました。

後日、カップボードのお取付けもさせて頂きました。
大きなパイプスペースがネックになっていた設置場所です。


左から、冷蔵庫上とパイプスペース前そして家電収納とそれぞれ奥行きが異なる本体ですが前面をぴったり合わせて設置します。


こちらも完成しました。

パイプスペースの凹凸は全く感じないスッキリとしたカップボードです。


内部の収納も充実しています。
パイプスペース前は奥行きの浅い収納に向いている可動棚です。
ネックになっていた部分が逆に使える収納になりました。


生活感を出したくないというO様のご要望で家電も隠しています。
O様の身長で無理なく使い易い高さ設定です。


キッチンの扉と同じ素材でリビングダイニングからの見た目もずいぶんスッキリしました。

どちらも既製品ではなかなか代用できない形状で大変やりがいのお仕事でした。
お声を掛けて頂いて心から感謝しております。

O様、これからが楽しみですね。
引続きどうぞよろしくお願い致します。

スタイルのあるインテリアが出来上がりました。

2017-10-11

以前ご紹介しましたI様のお部屋が無事に完成しました。
リビングからご紹介させて頂きます。


何もない壁。養生中です。


壁掛けテレビとテレビボードが付く面です。
リビング入り口扉の高さと右壁面の梁の高さが違うのが悩ましいところですが・・・


これを使って解消していきます。オーク材を着色したモールディングです。


梁の下端と入口ドアの上端で高さを合わせて繋がって見えるようにしました。
腰壁をつけることで、何もない壁に少しずつ表情が出てきました。


ブルーグレイの壁紙を貼るとずいぶん雰囲気が変わりました。
テレビ面のモールディングはこのクロスをバランス良く見切るために施しています。


現場に札束が~!! 
いえ実はこれ、タイルです。これから500枚以上のタイルを二人で貼っていきます。


その横でスタンバイしている御三方。
どんな効果を見せてくれるか楽しみです^^

その後の写真をまた撮り忘れ・・・、約一週間後に完成しました。

色は違いますが、スケッチに近い雰囲気に仕上がりました。


テレビボードはクラシカルになり過ぎず、程良い存在感と飽きのこないデザインを意識して、装飾一つ一つを選びました。


一番右側はDVDプレーヤーのリモコンが利くようにガラスを取り入れていますが、デザインを壊さないように
2枚の扉に見せかけた1枚扉の引出しになっています。プレーヤーが乗る中の棚板は高さ調整ができます。


格子扉は一枚、一枚無垢材を削って角度をつけ、扉枠に差し込んで丁寧に製作しています。
この格子があることで、少しだけリゾート感が出せているでしょうか。
テレビ配線の経路もクロスを貼る前に施しています。


アクセントになる額縁も品良く飾られました。
個人的にも大好きなウィリアムモリスの植物柄の壁紙です。
3つ目の柄をどれにするか悩みましたが、お互い喧嘩せず良いバランスになりました。


細かいところですが、額の見付けをシャープにすることで、自然と絵に目がいきやすくしています。
素朴だけど繊細、可愛らしさと上品さ相反する要素を感じるのはこんな小さなこだわりからかもしれません。


モールディングの調色もずいぶん悩みました。
もう少し腰パネルの色に寄せて白っぽくするとエレガントになったかもしれません。
ご主人のコテコテにすると疲れるので程良く・・・という言葉を思い出しながら、慎重に色を入れていきました。


清々しくて気持ちの良い空気感に、思い切り深呼吸したくなります^^


ダイニングのペンダントライト越しに見えるリビング。
当初から選ばれていたペンダントライトがお部屋の雰囲気にぴったりでした。
照明とブラインドも合わせてお部屋全体をコーディネートさせて頂くことができました。

お会いして最初のキーワードは「ハワイのような」でしたが、テイストにはまらないI様らしい心地よい空間になったような気がします。
次は寝室とカップボードもご紹介させて頂きます。

 

スタイルのあるインテリア

2017-9-5

半年ほど前に、ご新築のマンションの間取りやインテリアなどいろいろなご相談を頂いたI様。
間取りの設計変更が可能な時期でしたので、マンション側で変更して頂いたほうが良い箇所とこちらで行ったほうが良い箇所を
コスト面を合わせてお打合せさせて頂きました。
動線や収納量・住まい方、インテリアのスタイルを踏まえて家具だけでなく照明やブラインドを含めてご提案させて頂きました。

お部屋の間取りはご紹介できませんが、一部リビングの例をご紹介させて頂きます。
最初のお打合せで、「ハワイアンカフェのような」というお話を頂いたので、下記以外にも数パターンご提案させて頂きました。



一番悩んだのはフローリングとの相性でした。
ハワイやリゾート風インテリアにはチェリーやチークなど赤みのある木目を使用すると雰囲気が出ますが、グレイッシュでモダンなフローリングには少し違和感があります。
そこでクラシックなダーク系と爽やかな白木系のテイストなど、フローリングに合うカラーリングでご提案させて頂きました。
同じデザインでも配色を変えるだけでイメージが全く違います。

一言にハワイアンインテリアといっても
クラシック、カジュアル、カラフル、ラスティック、トロピカル、ビーチ、ラタン、バンブー、流木、麻、観葉植物・・・
ジャンルを問わず何でも当てはまってしまうので、Iさんご夫婦がどんな雰囲気に居心地良く感じられるかお打合せを重ねました。


その中で、クラシックになり過ぎず明るい雰囲気にということで上のようなイメージでベースを造っていくことになりました。
その後、エレガントになり過ぎるのはちょっとということで照明など少しシンプルに方向修正しながら、ただいま家具を製作中です。


これは塗装前のテレビボードです。
当初、壁に固定して浮かすプランでしたが、白木系になったことでインテリアに映える脚のあるテレビボードにさせて頂きました。
Iさんらしい雰囲気になるように、モールディングの形状一つ一つにこだわりました。
無塗装でも品のあるラスティック感が出て素敵です。


モール部分を塗装しました。引出し2つのはずが繋がってますね。このしかけは後日・・・。


つまみをつければ完成です。
このテレビボードが右側の壁とどうマッチするか。良いアクセントになってくれますように。

いつも余白を残したデザインがモットーの私たちですが、Iさんのリビングはディスプレイも含めて最初から造りこませて頂きます。
でも飽きが来ず、なんだか心地よい空間を目指して、ご家族に喜んで頂ける空間を造りたいと思います。
Iさん、どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

ページトップへ