デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ミニマルな2体の家具

2017-6-27

昨年、ダイニングの壁面収納でお世話になりましたTさまより、今度はリビングの家具のご相談を頂きました。

お声をかけて頂いたのは3月。
L字の素敵なソファーとシャンデリアが印象的な雰囲気のあるリビングに、テレビボードを兼ねたどんな家具が良いものか、ご相談を頂きました。

一番最初のご提案は、化粧柱の存在をなくすように二面をつなげた低いローボードのプランでした。
シンプルモダンなデザインでしたが、正面の壁に絵を飾るには低いローボードだとバランスが取りづらいということで・・・、
二面それぞれ高さを変えた別体にすることと、全体を白にされたいというご要望で新たにご提案をさせて頂きました。

一度は宙に浮かせて造りつけの形状でご提案をさせて頂きましたが、置き型にされたいとのことで、また再度ご提案をさせて頂きました。


造りつけを得意とする私たち。この間ずいぶん悩みました。
高さの違う2体をどうリンクさせるか。
シンプルな形状の白は、間違えるとカジュアルに寄ってしまうし・・・。
そうこうしている間に数ヶ月。ずいぶんお待たせしてご迷惑をお掛けしました。

最終的にお打合せの中で、白でも素材に存在感のある人工大理石を使うことで、ミニマルな2体の家具を製作させて頂くことになりました。

絵を飾る正面の壁は収納は設けずにコンソール型にすることで壁のバランスをとり、テレビボードは素材をリンクしながら形状を変えて製作させて頂きます。

そしてただいま製作中です。

テレビボードの天板と両側面は12mmの人工大理石そのものの厚みになるので、木で製作するよりも薄くシャープな納まりが可能になります。

テレビボードは大きな一枚の扉が下に開く形です。
閉めたときの状態を見るのが楽しみです。



コンソールの本体も出来上がってきました。
何十種類もある人工大理石の中から白でも静かな雰囲気のあるシラスホワイトをセレクト。空を渦巻く雲や植物のツタにヒントを得た柄だそうです(デュポン社より)
化粧板では表せない存在感があります。

あとは、特注のスチール脚の完成を待つばかりです。
バランスと設置したときの雰囲気。正直なところ半信半疑です^^;
でもTさま、それ以上にお届けを楽しみにしております。



水周りの家具、完成しました。

2017-6-7

工事中をご紹介させて頂きましたHさまの水周りの家具たちが先週ようやく納まりました。
生活に必要な水周りは早いうちから使える状態にさせて頂きましたが、扉や意匠的な家具のお届けが遅くなり大変お待たせ致しました。

以前は手洗い付のシンプルなトイレとオープン棚だけの空間でした。









バックにふじ色のやさしいアクセントを入れてエレガントな空間に。
年々進化するタンクレストイレですがやはりTOTO製がおすすめです。


オープン棚があった場所に手洗いを設けました。
手元を照らす間接照明とタイル。ちょっとしたことですが気持ちが上がります。


手洗いへの配管を隠すためでしたが、旗ざお型のカウンターが奥行きを感じて、お部屋らしい落着く空間になりました。


タオル掛けに合わせたゴールドのペーパーホルダーが入荷待ちですが、また取り付くと良い雰囲気になりそうです。



洗面所も仕上がりました。以前は圧迫感のある空間でしたが・・・









洗面台の奥行きを5cm浅くして、空間を広げました。


洗濯機側のトール収納をカウンター収納にすることで、こちらも空間を広く感じる要素になりました。引出し下は洗濯カゴスペースです。


優しい木目の天板と人工大理石のボウル。
メラミン製の天板は木目でも汚れに強いので、水周りでもインテリアとしてのアレンジができます。天板が明るいと照明が反射してふんわりと優しい気持ちになりますね^^
トイレとは違うタオル掛けも大事なアイテムです。


限られた空間でしたが、動線や照明、色使いを検討することで視覚的な広さはもちろん、気持ちが変わる気がします。
Hさまの一日の始まりはウキウキした気持ちで、一日の終わりはリラックスできる空間になっているといいなぁと思います。


これからもお仕事や家事や育児、いろんな場面でがんばっている方がリラックスしてたっぷり充電できる空間づくり、一つ一つ大事に考えたいと思います。
(製作とプランニングでお待たせしてます皆様、この場を借りて申し訳ございません。手を抜かずに取組んでおります。よろしくお願いします!)

ページトップへ