デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

クローゼットのあり方 Ver.3

2017-1-16

昨年の5月にお問合せを頂きましたO様。
ご新築マンションの内装に合せてクローゼットとカップボードをイメージ通りの雰囲気にされたいということで、ご要望を頂きました。

お会いするまでの数ヶ月はメールでのやりとりでした。
既に選ばれている壁紙の品番と、イメージされているクローゼットのお写真をお送り頂いたので、こちらもある程度イメージすることが出来ました。
クローゼット3D
お会いする前に作成して、O様にお送りしましたイメージパースです。

そして数ヶ月後、お会いしてからたくさんお話しを聞かせて頂きました。
クローゼットのイメージは、あの大人気映画「SEX AND THE CITY」の夢のようなクローゼットだそうです。
急にハードルが上がりました^^;
当初の内容とは変わりませんが、気持ちを更に上げて製作したいと思います。
O様、着々と出来てきておりますのでお届けをどうぞ楽しみにお待ちください。


そんな中?昨日、広報部長のポッカが8歳になりました。
白髪が増えてきて人間でいうと50歳前後。
立派なオジサンですが、歳を重ねるごとに甘えん坊です^^
IMG_6836
人と食べ物が大好きなボクのこともヨロシクお願いします!



2017年もよろしくお願いします。

2017-1-5

明けましておめでとうございます。
年賀状2017年(お客様用)

今年もお一人お一人に心のこもったものをお届けできるように、感性と技術と色々なことを磨いていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

3月頃まで製作させて頂くお客様で立込んでおりまして、お急ぎのお客様にはご迷惑をお掛けするかもしれません。
お一人お一人、丁寧に向き合っていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

今年も大変お世話になりました。

2016-12-31

今月はたくさんのお客様とお会いできて、充実しながらもあっという間の1ヶ月でした。
そして気付けばもう1年。
ご縁があってお会いできたお客様に心から感謝しております。
本当にありがとうございました。

二人でできることに限りはありますが、頭と腕と心を使って「自分たちの仕事」をしていきたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

あ、忘れていました。
広報部長からも一言。
名称未設定-1

支えてくれる周りの人にも感謝です!
どうぞ良いお年をお迎えください。

キャンドルづくり体験してみました。

2016-12-24

Merry Christmas~☆
先月ご紹介させて頂いたフェリーチェさんで、キャンドルづくりを体験させて頂きました。(ご紹介がずいぶん遅くなりました。Sさんすみません^^;)
家族で初めての木工以外の物づくり体験。ワクワクが止まりません。
img_6669-1

体験させて頂いたのは、球形の雲柄と惑星柄!?
言葉では全く分かりませんね。
雲柄は先に雲のロウを貼り付けた球体にそれぞれ好きな色の顔料を流し込んでいきました。これは気温によって早く固まってしまうので、加減がなかなか難しく私が一番下手くそでした^^;
img_6679

そして惑星柄は、2色の好きな色を選んで、色の濃さも変えられるんです。
これはたまらなく楽しい時間。娘はターコイズブルーとパープル、相方はイエローとグリーン、私はブラウンとゴールドを選択しました。
好みとそのときの気分が出ますね。心理テストみたいです。
img_6681

2色を回しながら層にしていく作業。職人ふたり、かなり没頭しています。
img_6684

そしてジャジャーン、出来ました!
現場では見せないこの楽しそうな表情^^
img_6699

3人の作品を並べてみました。
個性がバラバラで統一感はありませんが、みんなそれぞれ大満足でした。
img_6700

終わりには、こんなスタンプを押してもらいました。
img_6703
なんて素敵なデザイン!炎のスタンプはSさん自ら作られたそうです。
たくさん溜めたくなります。

家に帰って飾ってみました。
img_6751
透明感のある小さな地球のようで、その世界観にしばらく引きこまれてしまいます。

fullsizerender-2
こちらは惑星。娘に散々地味だと言われた私の惑星ですが、アースカラーやグリーンには映えるかと・・・

fullsizerender
他にも、キャンディーのような型抜きキャンドルも体験させて頂きました。

クリスマスイブの今日、それぞれに火を灯して、特別な時間を過ごすことができました。
飾るだけのイメージのあるキャンドルですが、Sさんが教えて下さるのは灯して楽しめるキャンドル。形を損なわずに中央だけ凹んでいくので、後でロウを足すこともできるそうです。

物づくりのお好きな方、是非ご家族でのご参加をおすすめします。
作っているときも、持ち帰ってからも、特別な時間を過ごすことができました。
私たちは毎年恒例の参加になりそうです^^

 

オーセンティックな空間になりました。

2016-12-9

先月ご紹介させて頂きましたF様の寝室がようやく完成しました。
施工途中はこちら

母屋とは外観が全く異なる半地下の離れのような寝室です。
ゆっくり工期を頂いて、一つ一つF様にご納得頂ける納まりで進めていきました。
床、天井、壁を仕上げた後に、最後の家具を取り付けていきます。
img_6502
室内では写真に納まりきれませんが、搬入できる大きさで製作した家具を連結していきます。

img_6504
取り付け面の傾斜壁に合せて家具の背板も斜めに製作しています。
電気屋さん、挟まれそうです。

img_6506-1
本体がなんとか納まりました。

img_6509
素材と形状にこだわったリブを貼っていきます。
ゲート状に貼ることで、天然石と天然木をつなぐ程よいアクセントにする目的です。

%e6%96%bd%e5%b7%a5%e4%be%8b
そして完成しました。3分艶のウレタン塗装で仕上げています。
施工途中でのイメージスケッチでは全て書棚でしたが、施工中に大きなテレビを置きたいとご要望を頂き、急遽テレビ台を兼ねました。
55インチのテレビがバランス良く納まるよう、また間接照明も組込みました。

img_6628
折り返し部分もリブを巻き込んでいます。
正面だけリブを貼るよりも、ずいぶん印象が違ってきます。
(面倒な要望は私の担当)
リブの山に合せて棚板の厚みと間隔を決めています。
(緻密な造りは職人高瀬担当)です^^;

%e5%82%be%e6%96%9c%e9%96%93%e6%8e%a5
傾斜の壁が功を奏しました。
まっすぐの壁より光が斜めに落ちていくので、反射がきつくなく柔らかいんです。
光の調節ができる調光器をつけていますが、最大に強くしてもまぶしくなく、寝室には最適な光になりました。製作は大変でしたが結果オーライ、勉強になりました。

img_6655
壁と天井の傾斜、高い天井、厚いタイルの全面貼りなど職人さんには大変な条件ばかりでしたが、それは全てF様が望まれた「オーセンティックな空間」につながる要素だったように思えます。
螺旋階段から始まり、今までに無いものを製作する機会を与えてくださったF様に改めて感謝しております。
そして、協力してくれた職人さんたちにこの場を借りて・・・
「また、良いものづくりのご協力、よろしくお願いします!」

ページトップへ