デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ホームシアターとテレビボード

2017-11-15

先週、K様のご新築に合わせてテレビボードとダイニングのサイドボードを施工させて頂きました。

ホームシアターを具体的にご計画されていたので、頂いた設計図を基にテレビボードのプランをさせて頂きました。
現地にお伺いする前に、K様とホームシアターの業者様と三社でお打合せの時間を頂けたので、お打合せもスムーズでした。
スピーカー、アンプ、ウーハーの設置場所や配線経路、熱対策などいろいろと配慮させて頂きました。



製作中はこんな感じです。無垢材の格子はこうして製材して組み立てていきます。

無塗装の状態ですとあまり感動がありませんが、仕上がりは後ほど。


そしていざ現地へ。内覧会で採寸済みでしたが、コンセントやリモコンの数がたくさんあります。


本体は連結してから乗せていきます。無塗装の状態とは別物のようですが、無着色のオイルを施しています。


本体が設置されました。両サイドのフロントスピーカーまで、家具の奥で配線が行き来できるようにしています。


本体が組み上がった翌日にタイル施工です。
リビング入り口からの折り返しのある壁と、リモコンやスイッチ周り。
予想以上に時間がかかりましたが・・・。


何とか完成しました。


図面通り、ウォールナットとタイルとの相性もばっちりでした。


リビングに入ってすぐの視線。
タイルとテレビボードのラインが奥まですーっと伸びて、お部屋がますます広く感じられました。


ホームシアターとテレビを設置後のお写真を撮影できませんでしたが、とても美しく納まっていました。
上質な音と映像に合うラグジュアリーな空間づくりに少しでもお役に立てて光栄です。

次はダイニングのサイドボードもご紹介させて頂きます。

広々リビングダイニングへ

2017-11-1

先週末、Nさまの2週間のリフォーム工事と造作家具が無事完成しました。
お住まいながらのリフォーム、大変ご不便をお掛けしました。
ご家族の皆様にご協力頂いて心から感謝しております。

今回のリフォームの目的は、和室をなくしてバリアフリーにすることと、使い勝手の良い収納場所の確保でした。
テレビの位置やクローゼットの向きをいろいろとご検討頂いて、図のような間取りで施工をさせて頂くことになりました。


圧迫感のあるリビングの出入り口でしたが・・・

間仕切りや下がり壁を撤去して、

解放感のある明るいリビングに変わりました。


テーブル以外に物を置くスペースがなかったリビングダイニングでしたが・・・

お孫さんが走り回れるほどのスペースが出来ました。


対面の壁面収納を最後に施工させて頂きました。
以前ご紹介させて頂いた造作家具です。

下台から施工していきます。壁がコンクリートなので台輪部分を利用して配線しています。


カウンターから上は連結してから乗せます。
大理石の天板が非常に重たいですが、これも美しい納まりのためです。


右半分が乗りました。ふ~っと一息です。


左はテレビのバックパネルを後から貼ります。
奥様に選んで頂いた壁紙を貼る予定です。


本体が無事組み上がりました。
引出しの数は18杯。引出しを抜いた状態はメカのようですが、プッシュオープン式でとても繊細な動きをしてくれます。


収納としてはあまり活かされていなかった間口4.3mの壁面でしたが・・・


全て目的のある収納で埋め尽くされました。
梁の段差も全く気にならなくなりました。


ヘーゼルナッツという名前の人工大理石。何十種類もの中からこの空間にはこれしか無いというほどしっくりきました。
床がウォールナット(くるみ)なのでナッツ繋がりでしょうか^^、相性ぴったりです。
全体が同じトーンの化粧板の中にスッと異素材の差し色が入るだけで、お部屋全体の印象が変りました。


テレビの背面はエレガントで品のある壁紙に。さりげない光沢が利いています。


キッチンからの奥行きがとても感じられるようになりました。
キッチンに近い手前側はトースターやコーヒーメーカー、下には一升瓶やお米、食器もたくさん入ります。
季節ごとのディスプレイをライトアップして、その両サイドには奥様が大切にされていたグラスを。
飾るだけじゃなく、使用される頻度やその楽しみも増えるといいなと思います^^
中央下の開き扉の中は、使われなくなった桐ダンスの引出し2段だけを利用して収納しています。
そしてテレビ下にはチューナーやプレーヤー、プリンタースペースは引き出したまま使用できるように・・・。

そんな多岐にわたる種類のものが収納されているとは分からない装いですが、N様ご家族だけの特別仕様です。
これからいろいろ試して頂いて、またそれを楽しんで頂けたら嬉しく思います。

N様、大変お世話になりました。これからもお付き合いよろしくお願いします。

ミニマルデザインのリビングボード

2017-10-22

引続き、I様のリビングボードをご紹介します。
間口4.5m以上の壁面に宙に浮かせる予定です。



コンクリートの壁なので、少し下駄をはかせて強度を保たせます。

あまり奥行きを出し過ぎると浮遊感が出ないので、強度が保てるところまで奥行きを控えています。


本体を取り付けていきます。


両サイドにはマルチメディアコンセントが。
家具の中に移設もできましたが、I様のご要望で移設をせずに中からも外からも使用できるようにしました。


テレビボードを兼ねているので、中央には置き型テレビが設置されます。
両サイドから中央に配線ができるように、方立ての壁側を開口して配線経路を確保しています。


天板を乗せました。
間口が広いのでどうしても一カ所に接手が入りますが、テレビを置くと分からない範囲です。


ランダムな縦の木目の効果で奥行きを感じます。


完成しました。
テレビボードにしては少し高い設定ですが、リビングボードを兼ねているので壁とのバランスの良い高さにさせて頂きました。
宙に浮かせていなければミニマルとは真逆の重厚感を感じるデザインになったかもしれません。
家具が取り付く前よりも奥行きが出て、お部屋がずいぶん広く見えました。

5月からI様ご夫婦に積極的に参加して頂いて、また使い勝手や将来的なことなど真剣に考えて頂いて、
プランニングと施工、共にとてもやり甲斐のあるお仕事でした。
家具共々、末永くお付き合い頂きけると嬉しく思います。
I様、本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします!

ミニマルデザインのカップボード

2017-10-22

5月にお問合せを頂いて、何度かやりとりをさせて頂いたI様。
先日無事にキッチンとリビングの家具をお取付けさせて頂きました。

お問合せ頂いた時からI様のコンセプトがはっきりされていたので、とてもスムーズでした。
キッチンのご要望は、家電を全て隠してミニマルなデザインに。
リビングのご要望は、間口いっぱいのローボードを宙に浮かせる形で。
I様が作成された図を参考に、いざプランニングです。


最初のご提案です。キッチンは家電の隠し方に悩みました。
キッチンと背面壁との距離がかなり限られているので、一番奥行きのあるレンジに合わせるとずいぶん狭くなります。
家電使用中、扉を開けっ放しでも調理の邪魔にならない方法を考えないといけません。


何度かやりとりをさせて頂いて固まったプランです。
家電を隠す扉は限りなくシンプルな開き扉に。左が壁なので開けっ放しでも動線の邪魔をしません。
このプランであとは内覧会の時に採寸して製作の予定でした。


寸法は分かっていたものの現地で確認するとやはり狭いことと、冷蔵庫右側の壁よりも吊戸棚が出てしまうことから
奥行きのあるレンジだけ隠さないことで奥行きを5cm縮めることになりました。
この5cm、I様の決断が功を奏しました^^


いよいよ取付です。左側に梁、冷蔵庫スペースが奥まっています。


家電の位置にコンセントを増設していきます。


本体が取り付きました。
床と壁、天井は必ずしも真っ直ぐではないので、この後に調整していきます。


できるだけ太いコーキングを打たなくていいように美しい納まりに。

















見えないところですが、一手間掛けています^^;





冷蔵庫スペースの奥まっている壁が分からないような一体感。かなりの収納量です。


美しく納まりました。冷蔵庫右側の壁とも凹凸なくフラットに一体化しました。


炊飯ジャーを隠す扉は開けっ放しにしてもガスコンロの引出しが当たりません。


キャスター付きのゴミ箱収納スペース。あとで入れて頂きましたが、1cmの余裕もないジャストサイズでした^^




通常なら圧迫感のあるサイズですが、LDK全体が広く見えるほどスッキリ納まりました。
機能はシンプルに、デザインはミニマルに。
I様のライフスタイルに寄り添える家具であって欲しいなあと思います^^


和風モダンな寝室とカップボード

2017-10-11

引き続き、Iさまのお部屋をご紹介します。
ご相談頂いた当初から、寝室はベッドを置かずに収納を兼ねた畳式をご希望でした。
造作も出来なくはありませんでしたが、コストと納期を考えてメーカー品で対応させて頂きました。


寝室にするお部屋は間口2.1mと2人分のベッドを置くにはかなり窮屈なスペースです。
畳が丘という商品を組み合わせて設置していきます。

その前に、雰囲気を変えるために2面の壁紙を貼り換えました。

畳の色に合わせてパープルグレーの壁紙を窓側に、梁下はモダンな花柄の壁紙です。
光があたるとシルバー、あたらないとシャンパンゴールドに見えます。
こちらも単色と柄の組合せサンプルをたくさん作って選んで頂きました。


本体を設置していきます。既製品の組立てはなかなか慣れませんが・・・


完成しました。
布団を敷いていないとモダンな小上がりの畳スペースとして、お茶を楽しめそうな雰囲気です。

 
畳の下は手前が引出し、中央と奥は畳を外してフタを開ける仕組みになっています。
確かにベッドを2つ置くよりも、収納も設けられて端まで隙間なく有効活用できます。
設計当初からのIさまの案、さすがです^^

そして最後にカップボードをご紹介します。
最初はリビングと同じように少し雰囲気のある家具のようなカップボードをご提案しておりましたが、
I様のご要望でキッチンと同じ扉で清潔感のあるデザインで製作をさせて頂くことになりました。

リビングから見渡せる解放感のあるキッチンスペースです。
壁にタイルを貼るのでコンセントはカウンターに組み込みます。


スッキリとしたデザインで出来上がりました。


手前は無印良品のゴミ箱に合わせたサイズの引出し。


壁側は扉で隠した炊飯ジャー収納。
炊飯時だけ引出して使用して頂きます。最近は保温をされる方が少なくなってきた気がします。
壁側なので、扉を開けていても動線を遮ることはありません。


照明を入れるとタイルの陰影が出てきれいです。
盛り付けやレシピを見るときなどちょっとした作業にも点灯して頂けたらと思います。


リビングからのアングルで。
キッチンと同材なので最初から設置されていた既製品のようですが、中身はしっかりIさま仕様です^^
ガラス扉にすることで抜きが出て、より清潔感と解放感を感じられます。

他にクローゼットや洗濯機上収納なども製作させて頂きました。
設計時からご相談を頂けていたので、Iさまの住まい方やご希望をたくさん伺うことができました。
おかげさまでお仕事、本当に楽しくさせて頂けました。ありがとうございます。

Iさま、新生活たくさん楽しまれてくださいね。
これからもよろしくお願いします!

 

ページトップへ