ホーム > リフォーム施工事例 > シンプル&ラグジュアリー

シンプル&ラグジュアリー

ご新築マンションにご入居の半年程前に、カップボードとテレビボード、書斎の造作家具をご相談頂きました。
マンションのオプションはイメージのものではなかったそうで、たくさんご要望をお話し頂きました。

キッチン背面のカップボード

家電を全て隠して壁のようにすっきりさせたいということでしたが、
完成予定のキッチン背面壁は既に扉付きのパントリーと凹んだ冷蔵庫スペースがあり、残りの壁で家電と食器収納を壁のように見せるには少し無理がありました。

BEFORE

そこで、大きく2パターンご提案させて頂きました。
左はパントリーの扉を外した中に家電を集約するプラン、
右はパントリーの扉を外した中に冷蔵庫を納めて残りの壁面を家電と食器収納にするプランです。

お話し合いの結果、右のプランをベースに開閉方法や
使い勝手の良い高さ、バランスの良いデザイン全てを考慮しながら何度も打合せをさせて頂きました。

PROCESS

いよいよ施工です。ご新築のお引渡しからお引越しまでの間で納品をさせて頂きました。内覧会の際に、採寸と色合わせを済ませていたのでお待たせせずに済みました。
電気の配線や壁の造作など、ご新築ですがリフォーム工事のようです。

AFTER

完成しました。壁のようにすっきりスタイリッシュな壁面収納です。

  • 電子レンジは上に上げる扉、炊飯ジャーやコーヒメーカーはしたに下げる扉でカウンターを前に引出して使用して頂く形です。

  • ハンドルの無いゆっくり閉まるソフトクローズ式の引出しです。扉を軽く押して開閉します。

  • グラスや平皿などは、正面から見渡せる棚収納が便利です。

プランニングの様子はこちら→ http://designcompass.jp/diary/work/1155/
施工の様子はこちら→ http://designcompass.jp/diary/work/1179/

リビングのテレビボード

西陽がきつく、左右対称でもなかった窓のあるリビングの壁。

BEFORE

思い切って窓を塞ぎ、間接照明とタイルで
幻想的な雰囲気を演出させて頂くことになりました。

DRAWING

施工途中です。
窓を塞ぎ、電気配線などを行います。

PROCESS

間接照明用のボックスも家具の中に組込んで製作しています。

完成しました。下からのアッパーライトは日の出のように幻想的です。
タイルの凹凸が強調されて雰囲気ある空間になりました。

引出しはソフトの背表紙を上にして収納できる高さ設定です。 その上にゲーム機や DVD など周辺機器も無駄なく収納できます。

テレビボード自体のデザインは極めてシンプルですが、配線を隠す処理や用途に合わせた収納方法ですっきりと納まりました。バランス良く美しい納まりに洗練された雰囲気を感じます。
施工の様子はこちら→ http://designcompass.jp/diary/work/1193/

書斎デスク収納

こちらもご入居前に施工をさせて頂きました。
家具で隠れる部分で配線を行い、何とかクロス補修をする必要なく
照明用とコンセント用の電源を増設することができました。

E 様セレクトのアイテムが揃うとこんなに素敵になりました。

施工の様子はこちら→ http://designcompass.jp/diary/work/1259/

書斎横のチェスト

こちらはご入居後、少し経ってからお打合せと製作をさせて頂きました。
テレビ面と並ぶ窓のあるスペース。
ディスプレイを楽しめるコーナーが欲しいということで、こちらも窓を塞いで造作することになりました。
シンプルモダンなベーシックな造作家具の中、エレガントな要素のあるチェストです。

BEFORE

グレーの配色、つまみの形状など細部にごだわって頂きました。 ライトアップされたディスプレイ棚はE様の素敵な世界観であふれています↓

施工の様子はこちら→ http://designcompass.jp/diary/work/1269/

造作家具と一緒に、ダイニングテーブルも製作させて頂きました。 ペンダントとのバランス、
素材、脚の太さなどこちらもじっくりとお打合せをさせて頂きました。
E 様のセンスが映えるベーシックな空間づくりの完成です。

ページトップへ