デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

木目と単色が映えるテレビボード

2018-10-28

プランニングが重なり、1ヵ月ぶりの更新になってしまいました。
製作、プラン共にお待たせして申し訳ございません。
F様のテレビボード、3週間前にはなりますがご紹介をさせて頂きます。

ご相談頂いたときの壁面です。左側にウサギのうーちゃんグッズが大きく面積をとっています。
右側にパソコンや大きなシュレッターなど、出ている機器も気になります。
それから正面の梁、右側の下がり壁も悩ましいところです。


何度かやりとりをさせて頂いて、下のような形で製作をさせて頂くことになりました。

右側の下がり壁に高さを合わせて、梁がなかったことにする作戦です^^


これは製作中のフォルムです。木部はウォールナットの突板を使用しています。
無塗装ですと地味な印象ですが、塗装をすると別人にようになります。


いよいよ施工の日。下台はプリンターや機器類が入るよう少し高めの設定です。


3mを超える天板は、上台が乗る分かりにくいところでジョイントしています。


右側の下がり壁下にぴったりの収納。壁紙の少しの膨れで入らず、削り合わせをして・・・


ぴったり納まりました。


移設できなかった右下のコンセント部分は、棚の上下から抜き差しできるような配慮をしています。


本体が取り付きました。
梁下の隙間はベニヤで塞いで壁紙を貼りかえることで、凹凸が何もなかった壁にしてしまいます。
右側はパソコンや機器類、左側はうーちゃんのゲージとグッズが入る予定です。


扉が取り付き、家具の完成です。
全体を木目にせずに、上部の扉を単色にすることで、圧迫感を無くしてお互いを引き立てる効果があります。


白い扉に映える無垢のつまみがアクセントになっています。


右側は折戸を開けて中のスライドカウンターを引出して使えるパソコンスペースです。


白い扉の側面を木目にすることで、テレビ面がゲート状に囲われたようでグッと締まります。

翌日、梁部分のクロスの貼替と、F様が選ばれたTV面のアクセントクロスの貼替で完成する予定でした。
ご主人様と話している間にアクセントクロスも終わり、振り返ってみると・・・

何だこのリーフ柄の白い壁紙は・・・(汗)


間~違~え~た~!!!
完全に品番間違えです。クロス屋さん、ごめんなさい。F様すみません。
後日、同じクロス屋さんに現場の住所を間違えて伝えて辿り着かないという仕打ちまでしてしまった私。
とても反省しています。気を引き締めていきたいと思います。


後日、無事に完成しました。
梁もすっかり見えなくなり、ほっこりとしたアクセントクロスも良い感じです。


機器類の収納も上手に使って頂けていました。
お待たせして大変申し訳なかったですが、収納された状態を拝見できて良かったです。


そして、もう一つ良かったことが。
うさぎのうーちゃんがお相手してくれたこと。
ぬいぐるみみたいで本当に可愛らしいです。

うちもポッカ宣伝部長と一緒にうさぎだったら飼えるかも!と家族会議になりましたが、
ビーグル犬はウサギ狩りの犬種であることに気づき、断念したという話題で締めくくりたいと思います。

F様、いろいろございましたが大変お世話になりました。
これからもどうぞよろしくお願い致します!


ページトップへ