デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

やさしい木目の壁面収納

2016-4-18

昨年の4月にお会いしてから1年経ち、ようやくF様の壁面収納をお取付させて頂きました。
ご新築の方は平面図だけでお打合せを進めますが、現地を拝見できるのは内覧会のときに一度だけ。
スケール感や床や壁の色、形にないものをイメージするのはとても難しいことかと思います。
F様もだいたいのご要望を図面化して、現地で細かい内容をお打合せさせて頂きました。
IMG_1269
高さが異なる梁が左の壁と正面にありました。天井いっぱいまで収納にすることもできますが、左の梁が気になります。
思い切って家具の高さを低くして、正面の梁は壁を造作することで隠すことにしました。

IMG_4991
まずは電気配線から。外壁側にあるテレビのコンセントをテレビボード内に移設するために、家具の下を通しています。電気配線は恒例になってきました^^

IMG_4994
家具の中にすっきりおさまりました。

IMG_4998
左の梁の高さに合せて製作した家具を取付けていきます。
正面の梁は段差がそのままだとすっきりしないので、このあと壁を造作してクロスを貼りました。

IMG_5003
完成です。正面の梁はあとかたもなく壁にしか見えません。
梁の凹凸がなくなっただけでずいぶんスッキリしました。
お部屋の広さとの兼ね合いで家具の奥行きを悩まれていましたが、むしろ家具が取付いたほうがお部屋が広く見えます。

IMG_5005
やさしい木目とモスグリーンのクロスの組合せが森の中にいるようで、ヒーリング効果がありそうな気がします^^

IMG_5006
お手持ちのソファーやテーブルとの相性もバッチリでした。
お子様が小さいうちはおもちゃが占めるかと思いますが、これからいろいろなものを収納されても融通が利く可動棚です。
ご家族のライフスタイルに合せてたくさん愛用頂けると嬉しく思います。

Fさま、この度はありがとうございました。
そしてこれからもお付合いをよろしくお願い致します!

ダークトーンのカップボード

2016-4-12

先日、T様のご新築マンションに合せてカップボードをお取付させて頂きました。
初めてお打合せをさせて頂いたのは昨年10月。
先月の内覧会で実際に色合わせをして、ようやく完成しました。
IMG_4918
天井までのカップボードにダークトーンは敬遠されがちですが、マットな木目がインテリアとして映えてとても素敵でした。

IMG_4922
生活感を極力なくされたいということで、オーブンレンジはフラップ扉で隠す収納に。操作性はとてもスムースでゆっくりソフトに閉まります。

IMG_4923
開閉方法はフラップ扉以外、取っ手はつけずに全てプッシュオープン式です。引出しはレールを見せずに側面まで仕上げています。

IMG_4919
キッチン収納というよりリビングボードのようなデザインなので、不思議と圧迫感よりも広がりを感じます。
機能性はもちろんのこと、LDKのインテリアとしてT様らしい空間に溶け込めたら嬉しいです^^

ダイニングに子供のデスクカウンター

2016-4-10

4月から小学生になるデザインコンパスの監督さん。
入学=ランドセルと学習机というイメージがありますが、監督さんの性格上、大きくなっても一人こもって勉強するタイプではなさそうなので、ダイニングにずっと使えるカウンターを造りました。
監督さんからの発注書です(笑)
img001
おもいで!?は造ることはできませんが、これからたくさん詰めていってもらえればと思います。

IMG_4927
キッチンと同じようにコーナーをアールにして、ダイニングが包まれているような形のデスクカウンターになりました。

IMG_4925
キッチンに居ながら様子がうかがえます。
そのかわり、事あるごとに呼ばれますが・・・。

IMG_4928
先輩ママから「小学校は書類が多い」と聞いていたので、忘れてはいけない書類の一時置きを造りました。
果たして使い勝手はどうでしょうか?これから試してみたいと思います。

IMG_4929
発注書にはスタンドライトがありましたが(^^;)、デスクに配線がごちゃごちゃしそうなので棚に組込みました。影になるスペースなので、昼間でも机に向かうときは点灯したほうが良さそうです。

IMG_4932
椅子に座った状態で開け閉めできる位置に引出しを設けました。
何を入れるかは教科書をもらってきて自分で決めてもらおうと思います。
ハンカチ、給食ナフキンなども引出しに。
学校へ行く用意が洋服以外全部ここで、自分でできるように。そして親も楽になるように・・・。

IMG_4937
キッチンの腰壁と同じタモ材で統一しました。
子供が巣立って使わなくなったら、家事コーナーかちょっとしたワークスペースに使いたいと思います。
子供が本当に勉強する期間はおそらく10年ちょっと。
大人になると要らなくなった勉強机が物置き台にという悲しい結果にならない為にも、長い目でみて家族全員が使える状態にしておくと良いかと思います。

新しいランドセルと一緒にたくさん使って良い味が出ることを願ってます。
おもいで、いっぱいつくってね!

やさしいキッチン

2016-4-1

昨年6月に自宅のダイニングキッチンを吹き抜けにして以来、ずっと継ぎはぎ状態の壁を維持しておりましたが^^;、ようやくキッチンが完成しました。
合間を縫って少しずつ完成したキッチン。
丸みを帯びた形状、色味、使い勝手、感じる空気感・・・すべてにやさしいキッチンを意識しました。

以前のダイニングキッチン↓
IMG_1697
そして天井を吹き抜けにして・・・
IMG_2131
そして今回、こんなキッチンになりました。
IMG_4510
小さな子どもがよく頭を打っていたカウンター収納をやめて、ゆるやかなカーブの形状にしました。突き板の木目が映えるように、天板は薄い人工大理石でシンプルに、パーティションのようなボックスがトンと置いてあるようなイメージを意識しました。

キッチン側の以前はこうでしたが↓
IMG_1698
吹き抜けと同時にレンジフードを変えて↓
IMG_2127
こんなキッチンになりました↓
IMG_4516
あえて、白、木目、白い框と扉を3パターン組合せました。
お客様に見て頂けるサンプルを兼ねてですが、もちろんランダムにすることでデザイン的に変化が楽しめます。
飽きがこず、程よい心地良さを感じる組合せ・・・長い間悩みました。

既製品にはほとんど採用されていないキッチン内部のゴミ箱スペース。
今までは我が家も背面のカップボード内にゴミ箱がありましたが、毎回振り向かなければならず、リビングから遠かったため、シンク横に組み込みました。
IMG_4514
野菜の皮むきもかがまずシンクに立った状態でできるので、とても家事が楽になりました。作業台に生ごみの一時置きがなくなったので、作業スペースが広く使えます。

使い易さではもう一つ。天板の高さを5cm高い90cmにしました。
システムキッチンの天板高は通常85cmですが、身長170cmの私には低く、気付かないうちに腰に負担がかかっていたようです。
5cm変わるだけで、なんと楽なんでしょう~!! 
身長が特に低い人や高い人は、日常生活の中で気付かないうちに負担になっていることが多いはずです。
何かのきっかけに見直してみることも大事なことだと思いました。

IMG_4273
まだまだ書きたいことはありますが、また施工例でご紹介をさせて頂きます。
最近登場が少ないポッカ、少々いじけモードですが元気です^^

~無垢材を使ったカップボード~お取付しました。

2016-3-21

先日、Mさまのカップボードを無事にお取付させて頂きました。
まずは電気配線とレベル調整から・・・
IMG_4442

吊戸棚を慎重に取り付けていきます。
IMG_4445 

そして下台へ。側面には仕掛けがあります。
IMG_4449
施工中の写真をたくさん撮り溜めていましたが、ここからは三橋カメラマンに撮影して頂いた写真で紹介させて頂きたいと思います^^

IMG_4495
え~、スターウォーズのキャラクターではありません。
レーザー水平器が三橋カメラマンの手にかかるとこうなりました(笑)

完成写真がこちらです↓
IMG_4503
こちらまでしあわせな気持ちになれるほど、温もりあふれるMさんらしいカップボードになりました。

IMG_4505
扉を全開した姿も撮影して頂きました。
以前とは比べ物にならないほどの収納量です。
収納量と収納場所は本当によくご検討頂きました。

梅酒や漬物など保存容器はあえてスライドカウンターに。
根菜や食品はその上のバスケットに。
左側面の引出しは、そんなに奥行きが必要ないバスケットの背面をペットボドルなどの収納に有効利用しています。
IMG_4494

ゴミ箱のあり方もご検討頂きました。
シンク近くまで移動して使用されるということで、キャスター式に。
ゴミ箱に合せてフレームを製作し、後ろの余ったスペースはゴミ袋を立てて入れられるようなポケットにしました。 I君、どうでしょうか? IMG_4492

扉の表面は掃除のしやすい化粧板に、そして厚み部分は無垢材を使用しました。引出しを開けたときの気持ち・・・本当に違います。
IMG_4497

扉を閉めても、うっすら入った無垢材の縁取りがとても良いアクセントになっています。
IMG_4501

吊戸下にはLED。影になりやすいカウンターをさりげなく照らします。
IMG_4523

オープン棚の背面には木目と相性の良いクロスが貼られています。
程よい彩度の水色がさりげないアクセントになって、Mさんのセンスが光るとっても素敵なスペースとなりました。
IMG_4524

慎重に決めて頂いたオープン棚と吊戸棚の高さのバランス。
オープン棚の奥行きを控えて高さを下げたことで、吊戸棚も下段は日常的に使い易い高さになりました。
IMG_4500

無事に完成して最後に一枚。ご家族と記念写真を撮って頂きました。
IMG_4491
photography by Masashi Mitsuhashi

打合せから完成まであっという間で本当に楽しい時間でした。
これからご家族と共にじっくり味わいのある良い色に染まっていくといいなぁと思います。
Mさん、ご協力頂き本当にありがとうございました。
カップボード共々末永くお付き合いよろしくお願いします!

ページトップへ