デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ミニマルな2体の家具

2017-6-27

昨年、ダイニングの壁面収納でお世話になりましたTさまより、今度はリビングの家具のご相談を頂きました。

お声をかけて頂いたのは3月。
L字の素敵なソファーとシャンデリアが印象的な雰囲気のあるリビングに、テレビボードを兼ねたどんな家具が良いものか、ご相談を頂きました。

一番最初のご提案は、化粧柱の存在をなくすように二面をつなげた低いローボードのプランでした。
シンプルモダンなデザインでしたが、正面の壁に絵を飾るには低いローボードだとバランスが取りづらいということで・・・、
二面それぞれ高さを変えた別体にすることと、全体を白にされたいというご要望で新たにご提案をさせて頂きました。

一度は宙に浮かせて造りつけの形状でご提案をさせて頂きましたが、置き型にされたいとのことで、また再度ご提案をさせて頂きました。


造りつけを得意とする私たち。この間ずいぶん悩みました。
高さの違う2体をどうリンクさせるか。
シンプルな形状の白は、間違えるとカジュアルに寄ってしまうし・・・。
そうこうしている間に数ヶ月。ずいぶんお待たせしてご迷惑をお掛けしました。

最終的にお打合せの中で、白でも素材に存在感のある人工大理石を使うことで、ミニマルな2体の家具を製作させて頂くことになりました。

絵を飾る正面の壁は収納は設けずにコンソール型にすることで壁のバランスをとり、テレビボードは素材をリンクしながら形状を変えて製作させて頂きます。

そしてただいま製作中です。

テレビボードの天板と両側面は12mmの人工大理石そのものの厚みになるので、木で製作するよりも薄くシャープな納まりが可能になります。

テレビボードは大きな一枚の扉が下に開く形です。
閉めたときの状態を見るのが楽しみです。



コンソールの本体も出来上がってきました。
何十種類もある人工大理石の中から白でも静かな雰囲気のあるシラスホワイトをセレクト。空を渦巻く雲や植物のツタにヒントを得た柄だそうです(デュポン社より)
化粧板では表せない存在感があります。

あとは、特注のスチール脚の完成を待つばかりです。
バランスと設置したときの雰囲気。正直なところ半信半疑です^^;
でもTさま、それ以上にお届けを楽しみにしております。



水周りの家具、完成しました。

2017-6-7

工事中をご紹介させて頂きましたHさまの水周りの家具たちが先週ようやく納まりました。
生活に必要な水周りは早いうちから使える状態にさせて頂きましたが、扉や意匠的な家具のお届けが遅くなり大変お待たせ致しました。

以前は手洗い付のシンプルなトイレとオープン棚だけの空間でした。









バックにふじ色のやさしいアクセントを入れてエレガントな空間に。
年々進化するタンクレストイレですがやはりTOTO製がおすすめです。


オープン棚があった場所に手洗いを設けました。
手元を照らす間接照明とタイル。ちょっとしたことですが気持ちが上がります。


手洗いへの配管を隠すためでしたが、旗ざお型のカウンターが奥行きを感じて、お部屋らしい落着く空間になりました。


タオル掛けに合わせたゴールドのペーパーホルダーが入荷待ちですが、また取り付くと良い雰囲気になりそうです。



洗面所も仕上がりました。以前は圧迫感のある空間でしたが・・・









洗面台の奥行きを5cm浅くして、空間を広げました。


洗濯機側のトール収納をカウンター収納にすることで、こちらも空間を広く感じる要素になりました。引出し下は洗濯カゴスペースです。


優しい木目の天板と人工大理石のボウル。
メラミン製の天板は木目でも汚れに強いので、水周りでもインテリアとしてのアレンジができます。天板が明るいと照明が反射してふんわりと優しい気持ちになりますね^^
トイレとは違うタオル掛けも大事なアイテムです。


限られた空間でしたが、動線や照明、色使いを検討することで視覚的な広さはもちろん、気持ちが変わる気がします。
Hさまの一日の始まりはウキウキした気持ちで、一日の終わりはリラックスできる空間になっているといいなぁと思います。


これからもお仕事や家事や育児、いろんな場面でがんばっている方がリラックスしてたっぷり充電できる空間づくり、一つ一つ大事に考えたいと思います。
(製作とプランニングでお待たせしてます皆様、この場を借りて申し訳ございません。手を抜かずに取組んでおります。よろしくお願いします!)

主役じゃないけど・・・名脇役な家具

2017-5-31

3年前にお世話になったDさまからご相談を頂きました。
最近リピートのお客様が少しずつ増えてきて嬉しい限りです^^

ご相談頂いたのは、玄関から丸見えのキッチンを何とかしたいという事と、トイレの空いたスペースに収納が欲しいとの事でした。
マンションでも戸建てでも最近は新築の殆どが吊戸のないオープンキッチンですが、Dさまの場合は更に玄関からキッチンが見える位置にありました。









キッチンに立って扉を開けたら玄関にいる人と目が合う位置。
インテリアを損なわずに目隠しになる格子を製作させて頂きました。


ん?目隠しになっているのか分からないスカスカの格子?
ではなくて羽の向きを変えられるようにしました。


傾けるとバッチリ隠れました。


キッチンからも元々あったかのような自然な感じに。
目隠しの目的ではなくても、インテリアの良いポイントになってお部屋が益々素敵になりました。

トイレも同じ色合いで収納を製作させて頂きました。

既製品の手洗い器の周りが中途半端に空いていましたが。


こちらも元々あったような収納が出来ました。


既製品とは微妙に色が違うのですが違和感なく納まりました。
ちょっとしたことですが、トイレでもお部屋感があっていいですね。

どちらも決して主役の家具ではないですが、無いと不便、あるとお部屋全体がよりグレードアップして見える名脇役のような気がします。
これからも良い役者たちを送り出せたらいいなと思います。
Dさま、また声を掛けてくださいね^^ ありがとうございます!

物づくり、いろいろ

2017-5-17

昨日、春の陶器市で絵付けをしたお皿が届きました。
忘れた頃にやってくるとサプライズで嬉しいものですね^^

これは焼く前の段階。左はデザインコンパス監督さんの作品です。
ポッカを描かせると一番上手です。

出来上がりはこんな感じでした。私は花の色が殆ど見えず・・・
初めてでしたが新鮮で楽しい体験でした。今度は上手に描こう^^;

休日に遠出をすることがほとんどないのですが、合間があればつくることが多い私たち。GWにも物づくりをしてみました。




ヨリヨリヨリヨリ。
3人でひたすらヨリます。
三つ編み得意な監督さんもなかなか器用です。
















作り方がよく分からないまま、3人でああじゃないかこうじゃないか言いながら形になってきました。














出来ました。コウモリランを包むマクラメのハンギング。
今年になってエアープランツを育て始めていつかしたいと思っていたこと1つクリアです^^









そして、もう一つは職人さんがポッカと自分のために少しずつ準備をしていた洗い場。ピザ釜ではありません。





まだ途中ですが、一旦試乗。
固まるポッカ。
ポッカにとっては嬉しいものではなさそうですが、職人さんは嬉しそうです。








ジャンルの違う物づくり。いろいろ試して感性を磨きたいと思います^^


水周りの家具

2017-5-15

連休明けの先週から、Hさまの水周りを改装させて頂いております。

初めてお問合せを頂いたのは1月。
マンションの浴室、洗面所、トイレを変えたいけど既製品でこれ!というものがないんです。ということで最初は漠然とですが、お打合せをさせて頂きました。
ユニットバスとトイレは既製品の中で選んで頂きましたが、洗面とトイレの手洗いは動線と他のレイアウトを含めてご提案をさせて頂きました。

タンクが無いトイレと、手洗いがご希望でした。
手洗いの給排水が必要になるのですが、特にマンションリフォームの場合は配管が難しいので通常はトイレの給排水を利用した専用の手洗いが付きます。

トイレから配管をもってくるため樹脂のカバーが付くのですが、これをどうしても使いたくないということで、洗濯機側から配管をもってくることにしました。
洗濯パンが無駄に大きいこともありましたが、この配管を隠すために壁を造作する計画です。

洗面所に入ってすぐの収納庫も便利ですが、圧迫感があったので撤去して、
幅の広いカウンター収納にする予定です。









そして浴室といっしょに解体。









トイレの飾り棚があった部分の下はデッドスペースでした。ここを利用して手洗いを製作します。









配管の位置が1cmでもずれると洗濯機や家具が納まらないギリギリのラインでした。
解体してからしか寸法が出せない家具は2期工事にさせて頂いて、浴室やトイレを先に、明日は洗面所が使えるようになります^^

生活しながらで落着かない一週間でしたが、Hさまと職人さん両方のご協力を頂いて順調に進んでおります。
お客様にとっては大変ですが、毎日変わっていく様子を見て頂ける楽しみはあるかと思います。
あともう少し、よろしくお願いします!


ページトップへ