デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

無垢材を使ったカップボード

2016-3-10

1月にお問合せを頂いてからお打合せをさせて頂くこと数回、ただいまM様のカップボードを製作中です。
初めてお伺いしたときから、とても共感させて頂くことが多かったM様。
雑貨やインテリア、普段のライフスタイルなど、自然と会話が盛り上がり、毎回あっという間に時間が過ぎてしまいました。

そんなM様のカップボードを造られるきっかけは、現在ご使用の食器棚の使い勝手でした。
IMG_3897
一枚ものの天然木や無垢材をふんだんに使われた素敵な食器棚でしたが反りが激しく、引出しなどのご使用にストレスを感じられるようになったそうです。

そこでプランニングさせて頂くこと数回。最終的にこんな形で製作させて頂いております。
三橋様 NO.7.mcd
無垢材の天板、突き板の吊戸棚に、下台の扉やアクセントクロスで抜きを作ることで、M様だけのオリジナリティあふれるカップボードになりそうです^^アクセントクロスもいろいろなパターンの中からお選び頂きました。
イメージパターン2

そして先日、製作中のカップボードを工場まで見学にお越し頂きました。
IMG_4339
いつもの写真と違う?と思われた方も多いかと思います。
カメラマンのM様が知らない間に撮ってくださった写真を送って頂きました。普段さりげなく過ごしている空間がプロの目にかかるとこんな風に見えるんですね。とても驚きました。

IMG_4326

IMG_4327

IMG_4331

IMG_4328

工具

一枚一枚の写真にとても雰囲気があって温もりが伝わってきます。
その瞬間がとても新鮮で、忘れていた何かに気付かされたような気持ちになりました。

細部にこだわって頂いたM様のカップボードは来週納品です。
今度は私たちが家具を通して気持ちを伝えたいと思います^^

図書館のようなブックスタンドを・・・

2016-2-29

2年半前にご新築の家具を造作させて頂いたSさまご家族。
当時はEくんがまだ1歳になる前で、たしか伝い歩きの頃でした。

そんなSさまから昨年秋、「図書館のような絵本を飾るブックスタンドが欲しくて・・・」とご連絡を頂きました。二人目のお子様が10ヶ月になられるときでした。
時の早さに驚きます。

すっかり成長されたEくんとのおしゃべりを楽しみながら、絵本や図鑑のサイズや量などまた将来のことなどお伺いして製作、そして先日無事お届けいたしました。
IMG_4261
お手持ちの無印の収納にサイズを合せてタモ材で製作させて頂きました。

IMG_4260
1歳になられたHちゃんでも上手に出し入れできる高さで、絵本を取り出して見せてくれました^^ かわいすぎます☆
下のオープン部分、今はバスケットにざっくりおもちゃを入れられるそう。小学生になられたらランドセル、また大きくなられたら違うものをとご家族の成長に合せて愛用して頂けそうです。

IMG_4262
表紙が見やすくまたディスプレイにもなりそうなブックスタンドですが、それぞれ奥行きがあるので収納量としても充分ご活用して頂けそうです。
教科書、雑誌、置かれる本によってお子様のご成長を感じられそうです^^

Sさま、大変お待たせ致しました。
EくんHちゃんとお会いできて嬉しかったです。
また是非おじゃまさせて頂きます!
家具ともどもお付合いよろしくお願いします^^

白・メタル・木・・・素材が映える壁面収納

2016-2-17

昨年末からお待たせしておりましたTさまの壁面収納。
先週ようやくお取付させて頂きました。

Tさまのご要望は、リビングダイニングに足りていない収納量の確保でした。
全体を白くスッキリとしたなかに、ワインやグラスなどをデザイン的にカッコ良く見せる。
素材は艶のある白とワインセラーのようなメタル、そして木。
白いベース(隠すもの)のなかに、メタルと木(見せるもの)をどの程度採りこむか・・・。
そのバランスに一番お打合せのお時間を頂きました。

そして取付きました。
IMG_4152
天井いっぱい、壁のような白にワイン収納のメタル、木目の引出しが映えるとても素敵な壁面収納になりました。

IMG_4150
ご愛用のダイニングテーブルとの相性もバッチリです。
IMG_4155
ワイン収納は温度調節はありませんが、上段がワイン、中段下段がシャンパンのサイズに合せてウォールナットの無垢材で試行錯誤しながら形状を造らせて頂きました。

IMG_4158
ワイン収納の扉はヘアラインのステンレスでメタル職人さんに製作してもらいました。
ステンレス調のメラミンという方法もありましたが、やはり仕上がりが違います。
引出しのレールはT様のご要望でブラックレールを使用しました。
開けたときしかわかりませんが、シックで上品な印象を受けます。

IMG_4156
そしてワイン収納の右隣には、グラスや置かれるかもしれないコーヒーメーカーのスペースを設けています。
こちらの扉は、60cmの幅があるので手前に大きく開く開き扉ではなく、右にスライドする扉を採用しています。
開けるときに後ろに下がらずに済み、全開するので開けっ放しでの作業も負担なくできます。ダイニングテーブルとの距離が近かったのでご提案させて頂きました。
IMG_4148






扉の裏側はこんなに大きな金物がついています。










また、開けると点灯閉めると消灯するセンサーライトをつけているので、コーヒーやお茶を入れる作業中の手元を明るく照らしてくれます。

IMG_4162
取付作業も終わり、失礼させて頂くときに遠くからの見え方が素敵でしたのでまた一枚撮らせて頂きました。
テーブルの脚や椅子の金物、木目や布色と絶妙にリンクしていて合せてしつらえたようでした。(合せてコーディネートさせて頂きましたと言いたいところですがいつも結果論です^^;)

Tさま、この度は大変お待たせ致しました。
また使い勝手などご感想をお聞かせ頂けると幸いです。
これからもどうぞよろしくお願い致します!

チェリーのリビングボード

2016-2-14

Kさまのご新築マンションに合せて、リビングボードを製作させて頂きました。
3m幅の家具。
下台は天板を分割できる造り方をしたためエレベーターに乗りました。
が、吊戸棚が・・・。 あと少しで乗らず、9階までの階段で慎重に上げました。

化粧板でしたら分割して搬入して、底面を現地で貼るということができますが、天然木ではそれができません。 吊戸棚の中央に接ぎ目が入るということは避けたいので、階段でも一体型で入ってよかったです。

そしてようやく取付きました。
IMG_4138
チェリーの木目が美しい壁面収納。テレビボードも兼ねています。
突き板や天然木は、出荷されるその時々で木目の表情や幅が異なります。
Kさま用に入荷した突き板はとても美しい木目でした。
全く同じものを造ることはできません。

その理由の一つにこんな隠れたアイテムが・・・
名称未設定-1
わかりますか?
ハートの形がちらほら。数えると9つのハートが見つかりました。
まさか職人Tの家具に対する想いがこんな形で表れるとは!!

それは冗談ですが、ほっこりと愛着がわく家具になりました。
IMG_4133
お部屋に収納が少ないということで、お着物が入っている桐箪笥を収納するために、この家具のサイズを決めました。
が、お引越し当日にその桐箪笥が入らないというご連絡を頂き慌ててお伺いしたところ・・・半年近く前に採寸させて頂いた位置を誤っていました。
桐箪笥の下台をカットすることでジャストサイズになりましたが、本当にご心配をお掛けしました。

お客様からのご要望を形にする家具。
一つ一つの事に気を引き締めて取り組まなければ!と改めて思いました。
Kさま、この度は大変お世話になりました。
これからもどうぞよろしくお願い致します!

 

パープルグレーのオーダー家具をお届けしました。

2016-2-10

先日ご紹介させて頂きましたパープルグレーのオーダー家具をT様宅にお届け致しました。(施工途中はこちら)

IMG_4107 (1)
クロス柄のパープルグレーに合せて調色しましたのでリビングにぴったりでした。
無塗装の状態のときにはなかった風合いです。
この家具が白だったらよりエレガントな全く違ったお部屋になっていたかと思います。
色でこんなに変わるんですね。
どこにもないT様ならではの空間になりました。

IMG_4110
ガラスのつまみが18個。
小引出しがこんなにたくさん!?と思われるでしょうが・・・

IMG_4111
なんと、小引出しに見えるようにダミーの溝を彫っていました。
この溝ひとつにも、何ミリだとリアルな溝に見えるか試作してラインを入れています。

IMG_4112
一番右は深い引出しです。

IMG_4114
そして一番左は開き扉になっています。

テレビボード横にはデスクカウンター。
テレビボードと同じく配線を美しく隠す工夫をしています。
IMG_4115

主張し過ぎないエレガントの程良さ。
色が加わることでその加減が難しくもありましたが、この色だからこそ出る雰囲気と存在感がとても素敵でした。

家具が出来上がるまで、T様のニュアンスに応えられたかどうか不安でしたが、T様のお気に入りに囲まれた空間に加わることが出来て嬉しく思います。
IMG_4108
Tさま、昨年からでしたが快くお待ち頂いて本当にありがとうございました。
これからも家具と一緒にお付合いをどうぞよろしくお願いします!

ページトップへ