デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

無垢材のテーブル&ソファー

2021-2-16

昨年の秋にMさんからご紹介頂いた同じ頭文字のMさん。
以前はキッチンの柱を囲うように丸いダイニングテーブルがあったそうですが、ご家族やお友達がテーブルを囲んで座るには狭く撤去されたそうです。
ソファーを置かれている場所にしっかり向き合って食事ができるテーブルを・・・ということでお声掛け頂きました。

まず、テーブルのレイアウトとサイズを先にご検討頂きました。

Aはシンプルに正方形に近いテーブル。
Bは、週末お友達ご家族とよく食事をされるとのことで、キッチンとの隙間にカウンターを足すことができる6人掛けプラン。
Cは、Aの角を取ることでキッチン側に座る方がスムーズに立ち座りできる面取り形状。

Bのテーブルの下をくぐっていくのはちょっと・・・ということで、Cの形状にて具体化させて頂きました。


昨年入院中にスケッチしたので方眼紙・・・イメージして頂けますように。
ちょっと動物的なフォルムですが、座ったときに脚が当たらないようにというご要望で中央に寄せた2本脚でご提案させて頂きました。


奥様が座る側に学校のプリントや文具などを入れる引出しを・・・とのことで、高さなど考慮して設計しました。
ご希望されている引出しの有効高さを確保するには座面との距離が少し近くはなりますが、許容範囲とのことで製作させて頂きました。


タモの木目がダイナミックな無垢の接ぎ板テーブルが完成しました。
1.2m×1mの四角のテーブルには珍しいサイズです。
1mは向かい合うテーブルには広めですが、間口が小さいので丸テーブルのように囲むような親近感があります。


上からの目線では分かりませんが、奥様席には引出しを設けています。


A4のプリントや雑誌が入る奥行きと文具ケースに合わせた高さの引出しです。


角を落としたことで動線を邪魔しないことはもちろん、自然と中心に向いて団らんが出来るようなテーブルになりました。
形状に合わせて無垢材の手触りがよりほっこりとした温もりを感じます。
Mさんから「これで向き合って食事ができる~^^」とテーブルがあることだけでも喜んで頂けて有難い限りです。

テーブルをお届け直後に、実はソファーも・・・とご相談を頂きました。

以前テーブルの場所に置かれていたソファーがキッチン正面に移動されていたのですが、リビングにはボリュームがあり過ぎて・・・というご相談でした。
確かに階段横に大きな奥行きがはみ出していて、反対側も行き来がし辛そうです。
昨年末にご相談頂いたので一旦宿題を持ち帰り、色々と考えさせて頂きました。


昨年末中にこちらは3案目になりますが、無垢材をベースにボリュームを抑えたクッションでスッキリ見せる形状で製作のご依頼を頂きました。
・テレビを見るときには階段側にも寄りかかるので、背もたれに少し返しをつけて。
→それぞれ傾斜になった面を接ぎ合せるので施工精度が問われますが、腕の見せどころです。
・階段と反対側は動線を妨げないよう角を落として。
→テーブルとリンクしているように見えて、ちょっとしたサイドテーブルにも利用できそうです。
・クッションの下は非常用のペットボトルやストックができる収納庫に。
→クッション下に隠しフタをつけて

形はシンプルですが、要所要所にMさんだけのオリジナルが組み込まれています。


こちらは製作中のベースです。まるで風呂おけが集中治療室に入っているようですがこうして固めていきます。


一番大事な入隅部分。木目が流れているように見せることでソファー全体がより長くお部屋が広く見えるはずです。


角に何かはみ出しているようですが、雇いざね接ぎといいます。(突出した部分はあとでカットします)
板自体にさねを作って接合するのではなく、別の材を使って接合する方法です。
タモベースにウォールナットを使うことでちょっとしたアクセントにもなります。


奥様のご要望で、糸面取りよりも少し丸みをとのことで、背もたれもやさしく身体にフィットするラインです。
この丸みと傾斜のある2枚の板をどうしたらジョイントできるのか・・・家具の製作図面は描きますが、このレベルはなかなか図面にできません。
話合いはしますが、ここは職人高瀬の感覚にお任せです。


3回オイル塗装を施して、いよいよ納品の日。こんなに良い色になりました。


クッションが乗っていない状態だとこれがソファーなのか、果たして空間に馴染むのか、多少の不安はありつついざお届けです。


設置完了しました。
以前のボリュームのあるソファーから急に景色が変わって見慣れないせいか、半信半疑ですが・・・
背もたれの奥が見通せて、間違いなく以前よりスッキリと広く見えます。


階段と反対側は動線を妨げないラインの効果で寸法よりも遥かに広く感じます。


通常のソファーよりもクッションの奥行きは随分小さいのですが、心配していた座り心地がとても良く、長時間楽な姿勢でいられそうです。
「ベンチソファーなので座り心地よりもデザイン重視なところはあります」と伏線をはっていたのですが、むしろ座り心地が最高で我が家のソファーも取替えたいくらいでした。
後程、疲れなくていいですよ~と嬉しい感想を頂きました。
美容師さんのご職業柄、髪の毛が入り込まない生地を厳選して頂いたのですが、頬ずりしたくなるほど気持ちの良い肌ざわりでした^^

スペース上、サイズや設置条件に制限があったおかげで、どこにもない形状とデザイン、それに座り心地がプラスされてほっと一安心できました。
結果オーライなところはありますが、これからも「この人だからこうなった」という家具を造っていきたいです。
Mさん、無垢材の経年変化も楽しみにしてます。
家具共々、末永くよろしくお願い致します。

脱衣室に、ときめく充実収納

2021-2-8

5年前にカップボードを製作させて頂きましたMさんより、脱衣室のご相談でお声掛け頂きました。
お久しぶりのご訪問。カップボードもすっかりMさん色になっていて嬉しかったです^^


早速、脱衣室にお邪魔しました。
ご家族5人の下着類とタオル、Mさんのお仕事ウェア、洗剤ストック等々。
イケアの収納ボックスを上手に使用されていましたが、入りきれない物、レールのない引出しなど、
お仕事と家事で大忙しな毎日に気付かないうちにストレスになってしまったそうです。


必要なのは、5杯の下着用引出し、フェイスタオル用引出し、洗剤ストックとウェア用の深い引出しとのことで、図のようなご提案をさせて頂きました。
カウンターの上に洗濯カゴを置けるスペースを空けて、上部にはバスタオルを収納予定です。

上部の扉はよくある開き扉ではなく、Mさんのご要望で一枚のフラップ扉に。
一枚扉で開け閉めできる扉は引戸以外にもたくさんあるんです。
高さと収納量、それから開閉し易さをご検討頂いて、Bのスタイルになりました。


引出がこんなにあれば、遊び心がニョキニョキっと生えてきます(笑)
カップボードを水色のアクセントで楽しんで頂いたのでブルーグレーのグラデーションも候補に入れつつ、爽やかで温もりのあるベージュ系も候補に。
こんな時間が楽しくて仕方がないです^^


少し和を感じる木目をベースに、白・アイボリー・グレーベージュとその間に麻っぽい素材を入れてみました。
単色だけの組合せより、一つ異素材が入ることで木目も単色も一気に映えます。
全体的に大人しい色使いですが、清潔感とほんの少しの個性があってとっても好きな組み合わせです。
Mさんにもこちらを気に入って頂けて、いざ製作スタートです。


製作期間を頂いて、設置当日。まずは下台から固定していきます。
ギリギリの寸法設定でご主人にも手伝って頂いて本当にお手数をお掛けしました^^;


完成しました。
ハンドルや木目の横ラインのおかげで奥行きが出て、以前より広く感じます。


窓には背板を設けられないので、側板で固定。
窓枠部分も予め採寸した通りピッタリ隙間のない納まりです。


スッキリ爽やかで温もりのある空間になりました。


扉を開けるとスッキリ全開見通せます。

翌日、カメラマンのご主人に撮影して頂いた写真を送って頂きました。
ここからプロのお写真になります^^

上部の収納もフルに使って頂いて嬉しい限りです。
奥行きが浅いので、何が入っているか一目瞭然。無駄がありません。


フェイスタオルは今まで積み重ねて収納されていましたが、今回の引出に収納する為に、畳み方を変えて頂きました。
打合せ時に、この畳み方でいきましょうという寸法で引出しの高さ設定をさせて頂きました。
取出しやすそうでうっとりします。


引出は全てレールが側面に見えないソフトクローズ式です。


洗剤ストックに無駄のないジャストな引出し。気持ちが良いです。


引出の数が多いとハンドルが良いデザインになります。


できれば早く済ませたい洗濯。
干して・取り込んで・畳んで・しまうという億劫な作業がここではハミングしてしまいそうな気がします。
機能性はもちろん、やっぱりワクワクするって大事ですね。
Mさんの大好きな空間が増えて、日々充電&リフレッシュして頂けると良いなぁと思います。

< おまけ >

さて、これは何でしょう。
Mさんの写真効果で芸術品のように見えますが・・・
スケボー、ではなく今まで上に置かれていた重たい乾燥機専用の台です。
採寸のときに職人高瀬がこっそり型取りしていたそうで、私も気付きませんでした。

キャスターのおかげでまるでアイロンのようにスイスイ♪
楽に動かせるので、専用スペースを作らなくてもOK。 何だか可愛らしく見えました^^

Mさん、今回も打合せから楽しい時間を本当にありがとうございました。
これからもワクワクする物を造っていきたいと思います。
末永く、お付き合いよろしくお願いします!

ほっこり温もりのあるオークの壁面収納

2021-1-9

娘の書初めの宿題に便乗して、今年はそれぞれ願望を書にしてみました。
筋力増強・プラス思考・工場新築・人材募集などなど笑える目標から切実な願望まで。
結果、まとめて我が家の目標は・・・

となりました。一年間、肝に銘じて頑張りたいと思います。
2021年もどうぞよろしくお願い致します。

新年最初のお届けは、N様の寝室に設置するデスク兼壁面収納でした。
昨年お届けできず雪の日の昨日となってしまいましたが、雪道を滑りながらも無事お届けできました。
早速ご紹介させて頂きます。


寝室の壁面に天井いっぱいまでの収納を造り付けていく前に、手前で全て組み立てていきます。


上台が乗りました。


梁をかわした右側にも収納を連結しました。これから全体を壁面に押しやります。
一つ一つ壁に取付けていけば簡単なのですが、2つの理由でこんな組み立て方をしています。


1つは電気配線。デスク上にコンセントや照明を組込む為の電気配線を予め家具内に通しています。


もう一つは、側面に家具の継ぎ手を見せたくない為です。
その時々の納め方によって、組み立て方を変えて製作をしています。


完成しました。
ほっこり温もりのある框扉の壁面収納です。
床材に合わせてオークの板目がとっても映えて、愛おしく思えるほど私たちも大好きな家具になりました。


少しでも温もりを感じるようにというN様のご要望で、蒲鉾型の丸みのある框扉をデザインさせて頂きました。
形状によって格調高くもクラシカルにもエレガントにも魅せられる框扉ですが、丸みを帯びることでほっこり愛らしく品のある雰囲気に仕上がりました。


余談ですが、この框は無垢材を製材してトリマー2回、水拭き、ペーパー、など5工程を経て形にしています。
角の留め方など、技術の要る作業になります。


N様に選んで頂いた真鍮のつまみです。
つまみ一つで家具の雰囲気がガラリと変わりました。相乗効果で木の魅力が増したような気がします。


デスク上部にはコンパクトなLEDライトを。
天板のスイッチで入切できて、卓上で使えるコンセントも設けています。


小さな引出しにはアクセサリーを収納されるということで、扉の裏にミラーを。
ちょっとしたことですが、あるととても便利です。


ほっこり温もりのある中にも繊細さを表現できるよう、扉の框(フレーム)と同じ厚みと形状で、天板を製作させて頂きました。
ディテールの違いで受ける印象が変わるので、とても大事な部分です。


まだご新築マンションが着工前の段階でお声掛け頂いてちょうど一年。
想像でしかなかった家具がようやく形になってお届けができました。
当初はウォールナットのフラットな扉で形だけのご提案でしたが、N様にお会いして実際の空間を拝見して、この形になりました。
どこにもない一つだけの家具。
天然木や真鍮の経年変化と共に可愛がって頂けるととても嬉しく思います。
N様、今後も末永くよろしくお願い致します。

今年も大変お世話になりました。

2020-12-31

あっという間の一年でした。
経験したことのないコロナ禍で戸惑いが尽きませんが、対策を万全にして一つ一つに集中を積み重ねていきたいと思います。
今年一年、大変お世話になりました。

かなり冷え込んでおりますが、3日前の三苫はポカポカ陽気。海日和でした。
さあ、来年は・・・

澄みきった心で。


くよくよせずに上を向いて。


今自分にできることしっかり見極めて進んでいきたいと思います。


来年早々から、ワクワクするような家具のお届けと製作がスタンバイしています。
こんな世の中だからこそ、プチハッピーをたくさんお届けしたいです。
2人フル稼働で頑張りますので、来年も皆さまどうぞよろしくお願い致します。

壁面いっぱいの充実収納

2020-12-25

クリスマス、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ボクは爪の手術で傷口を舐めるからってカラーをさせられたんだ。

でもこれ小さいから爪まで届くんだよね。そしたらそれがバレて・・・。

こんなに大きなのさせられてたんだよ。お姉ちゃんの下敷き使ってアンテナみたい。
2週間もしてたけどこの前やっと外れたんだ。そしたら今日サンタのお母さんがご褒美くれたよ。
みんながしてるマスクもいつかしなくて良くなるといいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すっかりブログの更新を怠り、気付けば今年もあとわずか。
ご提案も製作もお待たせしている状態が続いておりますが、出来る限りお役に立ちたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

先日施工させて頂きましたS様の家具をご紹介致します。
内装リフォームはS様ご贔屓の業者さんで、こちらは設計と造作家具でお手伝いさせて頂きました。
築43年のマンションのリビングと洋間をひとつながりにして一面いっぱいの収納に。
そしてキッチンも配置を変えて新しく製作させて頂きました。


こちらはリビングに入ってすぐの壁面です。
壁を隔てて左側には衣類メインの洋間がありました。


解体後、リビング入口からのアングルです。
洋間との壁が撤去されて6.5mの壁が奥まで見渡せるようになりました。


奥はクローゼット、手前はテレビボードと書棚。収納力抜群の壁面収納に生まれ変わります。


完成しました。明るく爽やかな白い壁面収納。
天井いっぱい埋め尽くされていますが、圧迫感はなく以前よりも随分広く感じます。
クローゼット内の凹んだ部分は猫ちゃんのトイレスペースです。

キッチンも随分変わりました。

以前は1.5mのミニキッチンで収納がなく閉塞感がありました。


今度は向きを変えて、左の壁面にキッチンを配置します。
2.1mのキッチンですが、コンパクトシンクで出来るだけ作業台を広くというご要望が既製品にはないので製作させて頂きました。


すっきりとしたスタイリッシュなキッチンです。
壁面収納とは違うダークグレーで引き締めることでメリハリのある空間になりました。


シンク上のステイリフト扉。グラス類の収納や調味料に便利です。


金物をつけず同色で引手を掘り込んでいるので、よりスマートに感じます。


コンロ下はフライパン類の収納と別に、蓋類など浅い物を収納して頂けます。

玄関にも収納がつきました。

以前は収納が足りず、また既製品ではサイズの大きなご主人様の靴が納まらないというお悩みでした。


撤去した状態です。奥に柱と下がり壁など凹凸が目立ちます。


収納が取付きました。
通常より奥行きを深く確保しましたが、心配していた圧迫感は全く感じません。


奥の柱部分は奥行きの浅いオープン棚に、その下は傘掛けにして凹凸を隠しています。


土間部分の収納は底板を設けずにブーツ収納のスペースとさせて頂きました。
通気性もよく、棚の高さを変えればどんな靴でも融通が利きます。


玄関を開けるとリビングまでずっとつながる壁面収納になりました。
玄関はやさしい木目でふんわり、リビングは爽やかでマットな白で広さと清潔感を。
扉を介して雰囲気を変えることで、ご帰宅時にほっこり温もりを感じて頂けると嬉しいです。
S様、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い致します。

ページトップへ