デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

オーセンティックな空間に・・・

2016-11-2

ただいまF様の寝室を改装中です。
9畳足らずの空間ですが、床下の湿気と骨組みのままの書棚、シナベニヤに囲まれた空間を全面的にどうにかしたいということでご相談頂きました。

きっかけは湿気や臭いなど機能面でのことでしたが、さすがデザイナーのF様。「海外のオーセンティックなホテルのようにしたい」とのことでした。
オーセンティック=本物の、信頼できるさま。
若干プレッシャーを感じつつ、喜んで頂けるように頑張ります。

img_6101
こちらは施工前の写真です。
塩ビ系のフローリングに壁・天井はシナベニヤが貼られ、ダークグレーの書棚は骨組みがむき出しのままでした。

%e5%9c%b0%e4%b8%8b%e5%ae%a4-2
平面ではわかりませんが、二面に向かって勾配のついた天井と、狭い廊下からの搬入口しかない離れの個室。
搬入を考えながら、材料を選ぶ必要があります。

そして、一番問題だった床下の湿気。
半地下でありながら床下換気口がないために、床下はカビの温床でした。
img_6107
完全に床下を撤去したうえで、吸気と排気になる換気扇を設けてようやく臭いが抜けました。

img_6115
書棚面の壁。
無機質なグレーの壁からオーセンティックな内装をイメージして素材をセレクトしました。シンプルながらも上質な大人の空間にしたいと思います。

パース.mcd

床と天井は、赤みのあるマホガニーに似たアフリカ材サペリ。
ベースとなる壁は大理石調タイルでシンプルに。
大判の60cm角タイルを貼っていきます。
img_6275

書棚面の壁。
上部は天然石。素材感だけで充分なインパクトです。
img_6277

これから斜めの壁に書棚を造る予定です。
リブ材を使った造作が施工精度が問われるところです。
img_6249

良いものを造りたいと思います。
F様、お住まいながらの工事で大変ご不便をお掛けしますが、もうしばらくお付合いよろしくお願いします。

視界が広がる窓辺の家具

2016-11-2

今年も残すところあと2ヶ月・・・!?運転中のラジオの声に、背筋がひやりとしました高瀬です。
気を引き締めていきたいと思います。

先月納品させて頂きましたN様の家具をご紹介します。
景色を一望できるリビングの窓に合せてカウンターと収納を。ということで、製作させて頂きました。
先にN様のご希望で、お部屋の一面にアクセントになる壁紙の貼り替えです。
img_6175
いつも家具絡みのアクセントクロスが多く、少量のクロス工事が殆どなのですが、気持ちよく引き受けてくれる職人さん。本当に感謝です。

img_6177
端から端まで5m。
これにもう一体合せて設置します。

img_6196
逆光と端まで入りきれずで良さが伝わりませんが全貌です。

img_6206
床よりワントーン濃い木目の本体に、窓枠に色合わせした白いカウンター。
白い本体に木目のカウンターは何度か製作させて頂きましたが、逆は初めてかもしれません。
N様たってのご希望でしたが、カウンターを白にすることで外への視界が広がり、お部屋全体もとても広く見えました。N様、さすがです。

img_6208
外壁面で移設が難しいテレビコンセントはこんな配慮をしています。
扉を閉めてもスマートに配線できます。

img_6182
窓に向かって、ちょっとした腰掛スペース。
最高の景色を前にコーヒータイム、なんて素敵ですね。

img_6209
奥様セレクトの壁紙。
近くで見るとデニム素材のような落ち感があって、旦那様セレクトのダークな木目と相性バッチリです。

N様のご新居のほんの一部ですが、新生活のお役に立てるとうれしく思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

凹凸のない壁面収納

2016-10-17

N様のダイニングに壁面収納をお取付け致しました。
以前は既製品の書棚を置かれていましたが、梁や入口ドアとの隙間が気になっておられました。
img_5467

収納されたいものはたくさんの書物と分厚いアルバム。
入口ドア横の壁は30cmしかなく、アルバムには足りない奥行きでしたので、変形ですが斜めに製作させて頂くことになりました。
%e6%88%90%e7%94%b0%e6%a7%98%e3%80%80%e5%ae%9f%e6%96%bd%e5%9b%b3%e9%9d%a2

製作にお待たせ致しましたが、いよいよ施工です。
まずは台輪部分。レーザーで水準を合わせます。
img_6036
そして下台。スイッチは家具の中に移設します。
普段はリモコンをご使用ということなので・・・。
img_6037

そしてようやく完成しました。
img_6039
梁やドアとの隙間が殆どない、壁にぴったりとした収納です。
全体的な奥行きは以前より大きいはずなのに、ずいぶんすっきりしました。
そして以前よりお部屋が広く感じられます。

名称未設定-1
既存の巾木やドア枠に合せてぴったり納めています。

img_6046
お孫さんが頻繁にドアを開けてしまうということで、N様のご希望で扉全てに鍵をお付けしました。

img_6045
ダイニングの入口ドアを開けても干渉することなく、すっきりとした印象です。
ダーク色ですが、ガラス扉なので圧迫感もさほど感じません。
今回、将来的なこともお聞かせ頂いたうえで、色柄や納まりのお打合せをさせて頂きました。また数年後、お役に立てると幸いです。

N様、いろいろとお気遣い頂きありがとうございました。
これからもお付合いをよろしくお願いします!

クローゼットのあり方 ~その後

2016-10-17

T様のクローゼット工事が先月、完成しました。
ずいぶん遅くなりましたがご紹介をさせて頂きます。
前回施工中のご紹介はこちらです。

和室の一部をクローゼットにさせて頂きました。
6畳の一般的な和室でしたが・・・
和室

1.5畳分和室を狭くしてその奥をクローゼットにしています。
%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0
フローリングに近い和紙畳の2色使いで、和にも洋にも合う落ちついた畳スペースになりました。お母様が時々泊まられるときのスペースがあればということでしたので、和室というよりもちょっとした控えスペースという感じでしょうか。
和室である必要があるのか、和室には狭すぎるのでは?とずいぶん悩まれましたが、こんな和室のあり方は今の住まい方に合っているような気がします。
小さなMちゃんの遊び場にもお役に立てそうです^^

寝室のクローゼットは天井高さ2mのとても小さなスペースでした。
寝室からのクローゼット

和室との壁を開口してウォークインクローゼットにしています。
入口の開き扉も引戸に。
%e5%af%9d%e5%ae%a4
寝室の壁紙もずいぶん悩まれましたが、今では一番のお気に入りだそうです。
扉を閉めたときも雰囲気があります。
%e5%af%9d%e5%ae%a4%ef%bc%92

クローゼット内部ですが、和室から寝室に開通してずいぶん広くなりました。
%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%83%e3%83%88
寝室の扉に鏡を貼りつけて扉を閉めると姿見に。
%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%92
ハンガーや棚はそれぞれ高さを変えられて、外したり足したりできるので、ライフスタイルが変わってもアレンジできます。

名称未設定-1
殺風景だったトイレと洗面所も、T様の色が入りました。
エレガントで少しクラシカルな要素が入ったふんわりやさしい雰囲気です。

初めにお会いしてから一つ一つのことをじっくり決めて頂きました。
悩まれたぶんだけT様らしいマイホームになったような気がします。
お引越しを終えて、うれしいお言葉を頂きました。
リフォームは終えましたが、これからの新生活をたくさん楽しんで頂けたら嬉しく思います。

T様、これからもどうぞよろしくお願いします!

 

すごいものが出来ました!!

2016-9-25

すごいもの・・・あんまり自分たちでは言うことはありませんが、すごいものができました(笑)

一年前、職人高瀬が「ポッカの顔を無垢材でつくりたい」とつぶやいたときに、いやいや・・・遺影じゃないんやけん。それにそんな大きなものつくってもインテリアに合わんしバランスとれんやろ!と思いつつ、聞き流していました。

それから一年。彼はこっそりとアーティスト活動をしていたようです。
17mm角の無垢材をせっせとせっせと造り溜めをしていました。20mm角じゃ大きすぎると言ったのだけ覚えています。500個近く削り直したそうです^^;

そしてなんと造った無垢材の粒は1500個以上!
ポッカ、ポッカです。
img_5983
「え!?ポッカに見えませんか?」それでは少しひいて・・・

img_5984
ポッカですよねぇ。まさか4つの樹種だけでこんなに表情が出せるとは思ってもいませんでした。

img_5964
こんな形で造っていったそうです。
ちなみにこの途中経過は知りませんでした。手前のサイコロ状の無垢材を一つ一つ木の色や木目の方向を吟味しながら配置していったそうです。

img_5980
近くで見ると、何の形かさっぱりわかりませんが、ウォールナットでも木裏と木表でこんなに色が違うんです。この微妙な差で鼻のあなまで再現したそうです。
そして、目の輝きはホワイトアッシュ、舌はチェリー、毛並みはその2種とオークをブレンドして・・・

ポッカが天然木で再現できる毛の色であったことにも運命を感じるほど。
忙しいなかせっせと楽しみながらアーティスト活動をしていた相方をうらやましく思いつつ、日々追われる業務とは別にこんな発想の時間を大事にしたいと思いました。

機会がありましたら本物そっくりのポッカに会いに来てくださいね~。

img_5992
もちろん、本物のポッカにも!

ページトップへ