デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

組子細工とテレビボード ~お届けしました~

2020-5-6

以前ご紹介させて頂きましたIさまの組子細工とテレビボード
なかなか更新ができずお届けから1ヵ月が経ってしまいました。
Iさま、その後いかがお過ごしでしょうか?
ご紹介をさせて頂きます。

仁田原建具さんにお願いしておりました組子細工を引取りに大川まで伺ってきました。
図面化していたのものが形になるのは家具も同じですが、組子細工はそれとはまた違う感覚を覚えます。
その繊細さと感動で溜め息が出るほどでした。

地組の三角形は濃い杉。地組のりんどう形は薄い杉。5つのりんどう形は桧。
そしてその中心は二重麻の葉と亀甲模様で変化をつけて・・・。仁田原さんからご提案頂きました。

テレビボードのウォールナットとリンクして、どこかにウォールナットを・・・とお願いしていたらこんな素敵な入れ方をして頂きました。
2番目と4番目のりんどう形の中心にさりげなく入っています。
まるで万華鏡のようでいつまでも見ていられそうです。

造り手と二人で組子を眺めながら似合うベースについて話し合いつつ製作を進めて・・・完成しました。

お手持ちのスピーカーに合わせてウォールナットでシンプルに。
シンプル過ぎても深みが欠けるし、民芸調のような重たさは避けたい。
ほんの少し天板に装飾を施して、組子とのバランスを工夫しました。

そしていよいよお届けの日です。

両サイドのスピーカーや内部の機器類を行き交う配線を極力隠すため、壁際に配線スペースを設けました。
扉を付けてしまうと配線が大変なので、この状態で機器類を入れて頂きながら配線も繋いで頂きました。


そして機器類がこんなに入りました。
トランス、ミキサー、アンプ、コンバータ・・・盛りだくさんです。
組子を活かすための間接照明でしたが、機器類の設置や配線がしやすいことに気付きました。
テレビボードには演出の用途でしか使用したことがない間接照明でしたが、機能面でもあると良さそうです^^


そしてこんな風に仕上がりました。組子が主役のテレビボードです。


スピーカーと一緒に製作したかのような一体感を感じます。
今では手に入らない海外製の歴史あるスピーカーと日本の伝統工芸である組子細工の融合。
というと大袈裟かもしれませんが、佇まいに誇りを感じます。


どの角度から見ても違う表情に見えるのも組子細工の魅力かもしれません。


夜でも暗い日でも、組子を楽しんで頂けるように調光と調色機能がついた間接照明を組み込んでいます。


色々なシーンを楽しんで頂けたらと思います。


Iさまに引き寄せて頂いたご縁で、たくさん勉強をさせて頂きました。
不慣れで随分お待たせしてしまいましたが、快くご依頼して頂けたことに心から感謝しております。
Iさま、仁田原建具様、この度は大変お世話になりました。
今後とも末永くお付き合いをよろしくお願い致します。

 

物づくり、いろいろ

2020-4-23

監督さん10歳の誕生日に、去年おばあちゃんからもらったドールハウスキット。
海辺のコテージのようなインテリアが素敵でこっそりリクエストしたものでしたが・・・あまりに難易度が高くて押入でスタンバイしていました。
これこそ今だからできること!3人で真剣に作ってみました。

なぜ尻込みしていたかというと、まず説明書。日本語が一つも見当たらないので絵で読み取るしかありません。

そして、かなり作り手まかせな材料。
このキッチンの壁にかけるS字フック達は1本の針金しか入っていないので、ラジオペンチで曲げて形にしていきます。
監督さん、なかなかの出来です。

ベースの壁が出来ました。壁紙や床もカットしてスプレー糊で貼るので本当に内装工事をしている感覚です。
奥のキッチンのシンクも1枚の紙から、ゴールドの蛇口も1本の針金から形にしました。

そして丸2日かけてついに、完成しました。

どうでしょうか。かなり本格的なインテリアです^^


天井に露出配線した電気も点きました。シャンデリアももちろん1本の針金から、緻密な作業でした^^;
こうして近づけて見るとまるでアリエッティの世界です。(←人間の道具を借りて生活する小人のお話しです)


シャワールームも素敵です。
かなり作り手任せで価格も安いキットでしたが、こんなインテリアの発想は日本製にはないかもしれません。
壁のタイルも貼り分けてあったり、小さなアイテムにセンスが感じられます。


勾配天井にトップライト、雲の壁紙にブルーの書棚、好きなアングルです。
1枚の布を切って綿を入れた枕、テーブルランプ、ベッドメイクも本物を作っているようでした。
子供の頃に入り込んだ世界観がいつかの糧になってくれたらいいなと思います。

ただ今、お問合せ後のご提案はメールでのやりとりとさせて頂いております。
現在製作中の家具の施工とお届けは来月以降にお願いをしておりますのでご了承ください。
公私共になかなか出来ないことが多い日々ですが、いま出来ていることに集中してプチハッピーをお届けできたらと思います。
今まで特に気にしなかったことに気付ける日々。頑張りましょう。

造作ならではの家具たち。

2020-4-8

昨年お問合せ頂いて、ご提案させて頂きましたK様の家具をご紹介致します。
中古のマンションを購入されて、ご入居前の家具の設置とのことでした。
内装を拝見するまでは、おおよその寸法などK様から頂いた情報を基に想像でのお打合せでした。

テレビボードを設置する幅は約5m。
上の図は現地写真を拝見する前の初回のご提案です。
5mのテレビボードに間接照明をつけてタイルを・・・というご要望でした。
下の図は現地写真を拝見してからのご提案です。
実際は梁がかなり低いところまで下がっていて、5mもの間口だと余白が多過ぎるので縦に間接照明を入れたプランです。
下のプランで製作させて頂くことになりました。


事前に現地採寸後、製作期間を経ていざ取付の日。
右側にしかなかったコンセントから中央と間接照明の位置に配線し、キャビネットを設置していきます。


キャビネットの天板も1mmの隙間もない状態でピッタリ納まりました。
その上にテレビ背面の下地を造っていきます。
元々下地が入っていない壁でしたので、壁掛けテレビの取付や配線をする為でもあるフカシ壁です。
間接照明の光がこぼれる調度良い距離で造作しています。


2日目にタイルを貼って完成しました。
マンションで5mの幅はなかなかありません。圧倒されるスケール感です。


消灯するとこんな感じです。
テレビ面の壁は厚みの部分までタイルを貼り込むことで、見える印象が随分変わります。


点灯するとこんな感じです。
あえてテレビ面はシンプルに、その奥のタイルは光の陰影が映える凹凸感のあるタイルでメリハリをつけています。


元々ウォールナットをご希望でしたが、現地に伺ったときに床のタイルに映えるようダーク系で引き締めましょうということで、着色ウレタン塗装で仕上げています。


テレビを付けるとこんな感じでしょうか・・・。(テレビ画面はイメージです^^;)
大きく下がっていたシャンデリアもスリムな照明に変わって随分お部屋が広く感じられるようになりました。

そして、ダイニングテーブルも設置させて頂きました。
当初はキッチンの腰壁に対面してテーブルの造作をご希望でしたが、インターホンが動かせず断念。
置くタイプのテーブルをシーンに合わせて向きを変えられる方が・・・ともお伝えしましたが造り付けで収納もご要望でしたので、下のような形状で製作させて頂きました。


そして照明も悩ましいところでした。
天井がコンクリートなので電源を移設できず、またダクトレールを使用しても微妙な位置でしたので、色々な器具をご提案をさせて頂きました。


施工当日。何やら看板のような出で立ちの家具ですがどうなるでしょうか。


こうなりました。なかなかない形状ですね^^
リビングからの動線を妨げない丸い形状は、お孫さんが来られたときの危険回避と、丸い部分に二人座ることもできます。
テーブル下の空間は、カトラリーケースやランチョンマットを収納できて両面に6分割あり重宝して頂けると思います。
ガラス扉の下は、コーヒーメーカーや電子ポット、扉の中にはグラス類が収納できます。


リビングから見るとこんな感じです。照明の電源がテーブルの中心から離れているので、こちらの照明をお勧めしました。
コンパクトですが、天井面にダクトレールなども付かずいろいろな位置やアングルが自由自在に変えられます。


天板はマットなレザー調のメラミン化粧板、木部はウォールナットの無垢材です。
お手入れに気を使うこともなく、単色を用いることで木目も映える効果があります。
全て木目で仕上げるよりも、重たくなくこなれた印象になったような気がします^^

現地を拝見するまでとその後も、実物がないものを想像するのはなかなか難しかったかと思います。
K様、色々と大変お世話になりました。
またお引越し後のご感想を頂けると嬉しいです^^

間仕切りを兼ねたテレビボード

2020-3-31

前回の更新から1ヵ月。
たった1ヵ月前は臨時休校にそこまでしなくても・・・と内心感じていましたが、日々の状況の変化に唖然とするばかりです。
緊張感と思いやりを忘れずに、いまできることに集中して頑張っていきましょう。

お仕事の面では、トイレなどの設備機器が一時発注すらできない状況でしたが、ようやく発注受付がスタートしました。
反面、ヨーロッパからの輸入金物類が一部4月いっぱい入荷しない状況です。
特殊な器具類はお待たせする可能性がありますので、ご了承ください。

さて、遅くなりましたが、昨年からお打合せをさせて頂きましたS様の家具をご紹介致します。
ご新築マンションのリビングに合わせて、テレビボードと書棚、クローゼット、飾り棚・・・と様々な用途を兼ね合わせた間仕切り家具です。


初回のご提案図面です。
窓が多くテレビを取付ける壁がないこと。書斎スペースを設けたいけど圧迫感は解消したい。
などからテレビボードを兼ねた家具で空間を間仕切りたいというご要望でした。
大画面テレビが設置できる壁量と通路幅の確保、難しい条件に答えが出るまで随分お時間を頂きました。


その後、ある程度フォルムが決まりましたが、私も同じ物を製作したことがないのでパースにして仕上りの確認です。
テレビを壁掛にした時に斜めから見た飾り棚が画面を干渉しないか、書斎側に設けたクローゼット扉とタイルの納まりなど・・・。
S様へのお伺いはもちろんですが、自分が仕上がりを確認する為の作業です。
テレビ画面を干渉しない下の寸法で、製作させて頂きました。


いよいよ設置の日。何もない空間にドシンと設置していきます。
テレビコンセント類を家具に組み込む作業からです。


下台と、テレビが取付く壁を設置しました。
タイルは予め、納まりが難しい部分だけ工場で貼っておきました。


こちらは書斎側です。右奥に見えている柱のような筒状の箱は壁掛けテレビの配線ルートとなります。


上部に収納が乗り、飾り棚を設置しました。なかなかない形状です^^


そして書斎側はこんな形で仕上がりました。
窓側には同じ素材でデスクを設置しています。


手前の扉はコート掛けになっています。
リビングからまわり込んですぐの場所に便利なクローゼットです。
奥の棚は書棚、下は大容量の引出になっています。


飾り棚の納まりとバランス、ぐるりと貼ったタイルが美しく見える決め手になっています。


テレビ側も充実した収納量です。上部はプッシュオープン式のフラップ扉になっています。
テレビが付いた状態を拝見できませんでしたが・・・と掲載する予定でしたところ、S様がお写真を送って下さいました。


テレビ画面が予定通りにピッタリ。飾り棚にも素敵に飾って下さっていました。


書斎側は・・・特等席にどなたか座ってらっしゃいます^^
最高のプライベード空間ですね!
コンパクトに必要なものが集約されていながら閉塞感がない、理想的なこもれるお部屋のような気がします。

S様、この度はご相談頂き本当にありがとうございました。
ご家族の新生活を心より応援しております。

シームレスな洗面とスマートなカップボード

2020-2-29

コロナウィルスの影響で刻々と変化する状況に戸惑うばかりですが、今できることを冷静に判断していきたいと思います。
そんな中、小学校も突然の休校で昨日はどんな顔して帰ってくるかと思っておりましたが「先生お世話になりました会」をしたとのことでした。
前々から計画していた先生へのサプライズは全て実行できなかったけど、皆んなからのメッセージは伝えられたそうです。
一年間、愛情を注いでこられた先生が終業式もできずに終了を余儀なくされ、教育業界は子供や親以上に先生もやりきれない気持ちかと思います。
不満や避難はどうしても出てしまいますが、子供たちの柔軟で思いやりのある行動にはっと気づかされた一日でした。与えられた時間を大事に頑張っていきましょう。

 

さて、昨年から打合せを重ねてきましたM様の洗面台とカップボードを施工致しました。
ご新築の工程に合わせての設置でしたので、設備や電気工事はハウスメーカーさんに予め図面で先行して頂きました。

こちらは洗面台。間接照明の通電した状態を確認できずのお引渡しでした。
間口180cm。横ラインをスッキリと強調したフォルムです。


こちらは洗面後ろの階段からの景色です。
降りてきながらハミングしてしまいそうです^^


お引越し後におじゃまして、照明がついた状態を拝見できました。
使いやすさと収納したい物が入る高さ、間接照明が映えてスッキリ見える高さ両方のバランスを図りました。


人工大理石の天板とボウルはもちろん、排水溝もシームレスで清潔感があります。
立上りの水撥ねも防水用のタイルなので気にならない以上に、タイルの陰影が美しく幻想的です。

カップボードも設置させて頂きました。

こちらは下のキャビネットの間口が約3.6m。
当初は下台だけの予定でしたが、吊戸棚もご提案させて頂きました。
洗面台と同じく、横ラインを強調したフォルムでスッキリしています。


引出の高さもMさんが普段使いやすい高さでミリ単位の設定です。
水筒や調理器具などに有効高さ30cm確保しつつ、内引出しを設けたスパンを1ヶ所。
食器類用の浅い引出しと別に高さ設定が違う引出しがあると便利です。


そして食品庫のスパンも一つ。
引出と違うメリットとしては、メッシュなので3段が見通せるところでしょうか。
お引越し後にお伺いすると早速たくさん使って頂けていました。


最近ご要望が多いのは取っ手は付けたくないけど引出し易い引出し。
ということで、よく使わせて頂いている引手です。
よくあるライン引手と違って正面から見える引手はわずか5mm。
扉と同じ面材で巻き込んでいるので設備機器感が軽減されて、楽に引出すことができます。

養生を剥がしてからの状態をしっかり撮影することができませんでしたが、リビングからの景色もスマートでスッキリしていました。
白いキッチンと木目の家具類に合うカップボードの素材をずいぶん悩んで決めて頂きましたが、両方を引き立てる名脇役になっている気がします。
M様、昨年から大変お世話になりました。
ご家族の新生活を応援しております!

ページトップへ