デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

コーナーのTV台

2012-11-22

本日、N様のTV台をお取付しました。
サッシや出入口の関係上、リビングのコーナーにしかテレビの置き場がない・・・
ということはよくあるかと思います。
N様の間取りもそうでしたので、できるだけスッキリ見えて収納もできるような形で
デザインさせて頂きました。


↑ 床から浮かせることで、圧迫感なくリビングがより広く見えます。
  側面までつながっているボーダーはブラックチェリーの無垢材を使用しています。
  ブラックチェリーは高級材ですが、年月が経つごとに飴色に変化してとてもいい風合いになるので永く愛用して  頂けると嬉しいです^^

  

↑ 上の扉を開けるとDVD等の周辺機器 がぴったり収まっています。
  収める機器に合わせて間口を決めました。
  熱がこもりやすいので背面に熱抜きを設けています。


↑ その下にはリビングの小物の収納に便利な引出を設けました。 
  無垢材のボーダーは手掛けも兼ねています。 

既製品のコーナーTV台は床置きのものしかなく、ぴったり寸法が合うものは
なかなかありません。
周辺機器や収納するものに合わせた思い通りのオーダー家具なら、きっと
満足度と愛着度も違ってくると思います^^

コーナーつながりでもう一つ。
N様の玄関上がり框の高さが高く、お婆様にはつらい段差でしたので、
床と同じ材料で踏み台をお作りしました。
ちょっとしたことですが、私たちでもあると便利な気がします。

どんどん使用して元気になってくださいね^^

 

施工例を追加しました^^

2012-11-20

先日完成しましたN様宅の施工例をアップさせて頂きました。
収納のポイントが満載です^^
⇒ ここに欲しい!収納スペース http://designcompass.jp/works/residence-03/

退院されたお婆様とご家族の生活がますます温かいものになりますよう願っております☆
N様、これからもどうぞよろしくお願いします^^

オーダー額

2012-11-12

先日、N様の大切な水彩画に合わせて額縁を造らせて頂きました。
200年前にヨーロッパの女性画家が描いた絵画だそうです。
お聞きしただけで背筋がピンとなりました。
絵と同様とても立派な額でしたが、 お部屋には重厚過ぎるということで、
お部屋に合う額を製作して欲しいということでした。
 
ずいぶん絵を眺めました。
重厚感があり過ぎるからといって、シンプルでシャープにし過ぎると他のアンティーク家具と
調和がとれなくなります。
悩みながらも無垢材を少しずつ削りながら形にしていきました。
正面の幅はシャープに、奥行きはあっても重たく見えないようアールに削っていきます。

そして形と同じく色にも悩みました。
とにかく絵が引き立つよう、背景の色に近い深く趣のある色にしたかったので、
自然塗料を調合しながらいくつもサンプルを作りました。
調合したのは黒、ダブブルー、小石色、ウォールナット、サンフラワー・・・

そしてこんな形に仕上がりました。
チャコールグレーに見えますが、近くで見るとグレーや濃茶やパープルなどいろんな
色を感じるマットで深い仕上がりになりました。

実際にお取付したお写真はお見せできませんが、花籠がかかっているかのように
絵が引立って、静寂のなかにも気品あふれるとても素敵な空間でした。

今回初めて製作させて頂きましたが、額の奥深さ、絵と額の関係、大変勉強になりました。
N様の素敵なインテリアに、ほんの少しプチハッピーを添えられた気がして嬉しく思います。
本当にありがとうございました^^

ダイニングの収納

2012-11-3

今日は監督の私がN様のダイニング収納を紹介します!
 
ジャーン!
 
ねぇねぇ、ちゃんとしてよ。それじゃわかんないよ!

気を取り直してもう一度。
N様宅のダイニング収納を取付けました。
ダイニングで使うものといったら、書類・爪きりなどの衛生用品・文房具・お薬・・・
など人によって様々かと思います。
リビングダイニングのいくつかの家具にバラバラに収納されていたそれらのものを
一つの家具にスッキリと収まるよう工夫しました。
 
キッチンに収まりきれない食器は大きな吊戸棚に。
これでキッチンから遠くに置かれていた大きな食器棚が不要になりました。
圧迫感のない吊戸棚には、木目に合うブラウンガラスを使用しています。

そして、リビングの隅に置かれていたパソコンやプリンターも、ダイニングテーブルから
振り向くとすぐに使えるようこちらに設置しました。

プリンターは使用頻度が少ないということでしたので、必要なときにスライドして 
パソコン横ですぐ使える便利な位置に専用スペースを設けました。
電話やパソコンのモジュラーや配線をスッキリと隠す配慮もしています。
その下の深い引出は、書類が立てて入れられる寸法に合わせています。
文具や衛生用品も居場所を決めてあげることで、迷子になることもありません^^

ダイニング収納といっても、そこで何をして過ごすかはご家族によって違います。 
その方に合った毎日がより楽しくなる空間を造っていきたいと思っています^^

シルバーくん、お待たせしました!

2012-10-27

ようやくN様のリフォーム工事が完成しました。
シルバーくん、さくらちゃん、シェルちゃん、すずちゃん・・・お待たせしました^^

こちらは洗面カウンター。
壁面の埋めこみ収納には、歯ブラシ類や細々したものを隠せます。
以前外に出ていたもの ↓ は全て収納できるようにテッシュボックスも埋めこみました。

そしてレイアウト上、窓面にしかもってこれなかった洗面台のミラーですが・・・
用途に応じてスライドできるようにしました。
そして、以前は配管スペースが邪魔をしてとても狭かったトイレの入口  ↓


配管スペースを外に移設して、入口を最大限に広げました。
浴室側の壁も取っ払い引戸にしたことで、お婆様の出入りを支えることができます。
さらに、必要な場所にコンパクトで充実した収納を設けました。

↑ N様お気に入りの食品庫スペース。まだまだたくさん入れてください^^

↑ 洗面横のオープン棚。
一目で何があるか見渡せるので、ストックを買い過ぎたーなんてことがありません。

↑ 洗濯機の上にはすぐ使える洗剤類。
見せたくない水栓金具は扉で隠せるようにしました。

きっかけはお婆様の介護ができるようなバリアフリーに。というご要望でしたが、
「収納スペースを見直すこと」 がN様の負担をなくし、結果的にご家族皆さんが
生活を 楽しめる空間になったような気がします。

そうそう、忘れてはいけないシルバーくんたちも^^

工事中、こども監督(!?)のしごきに合いながらも私たちを和ませてくれました。 
これからますますお家ライフを楽しんでくださいね^^

 

ページトップへ