デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ラグジュアリーな洗面室

2018-9-3

昨年末からお打合せを進めてきましたR様の空間づくり。
予定していた中では最後の家具を納めさせて頂きました。

こちらは以前の洗面台。右側の堀込棚にタオル類の収納がありましたが、壁を撤去して間口を50cm程広げられました。


間口2.2m程のスペースいっぱいに設置していきます。


上部は奥行きの浅いミラーと両サイドの深い収納です。
当初は全てをミラーにする予定でしたが、使える高さに収納をということでデザインを損なずに変更させて頂きました。
確かに引出しではなく棚に向いている収納物も洗面室にはたくさんあります。


タイルは本体が設置されてからご検討頂いたので完成が遅くなりました。
ゴールドのラグジュアリーなガラスタイルです。




完成しました。横にスパーッと流れるライン照明がより広がりを感じさせてくれます。


天板は、川の流れを模したリバーパールという名称の人工大理石です。
洗面ボウルへ滑らかにつながる肌ざわりがとても心地良く、お掃除の手間が省けます。
洗髪をされるということで、シャワー水栓がミラーに干渉しない高さ、そしてタイル面積のバランスの良い所で設計させて頂きました。


照明のスイッチと、ドライヤーの際のコンセントはさりげなく家具の側面に。
折角のタイルが損なわないよう、また一歩移動が必要な壁ではなく手元で手軽に操作できる位置です。


扉はリビングのサイドボードに合わせてサペリの天然木突板です。
リビングとは違い、床に接する蹴込み部分をステンレス調にすることで抜きが出て清潔感も感じられます。
ハンドルもエレガントなリビングの形状とは異なり、横のラインを強調したシャープな物をセレクトさせて頂きました。


写真には写っていませんが、天井のダウンライトは演色性と彩度が高く顔映りの良い照明を用いています。
天井だけですと顔に影が出来てしまいますが、鏡下の間接照明が天板に反射してダウンライトの影を解消してくれます。
浮遊感を感じるムードづくりだけでなく、見えない役割をしっかり果たしています。

光とクロスやタイルなどの異素材を取り入れることで、家具だけでは限られる空間が羽が生えたように華やいで見えます。
機能性と気持ちに作用する空間づくり。
たくさんのことをさせて頂いたR様に感謝しつつ、また新しいことにチャレンジしたいと思います。


ページトップへ