デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

モダンリゾートな空間づくり ~キッチン編~

2018-12-18

H様のリフォームが無事に竣工しました。
劇的に変わりましたビフォーアフターをご紹介させて頂きます。
まずはキッチンから。


以前の写真。とりあえず開口のある普通の対面キッチンでした。


インターホン周りの壁だけ残し、キッチンと壁を撤去しました。
着工して3日目です。


背面のカップボードとキッチンを据えていきます。
少しずつ雰囲気が出来上がってきました。
床が貼られていな部分がありますが、これも想定して家具を造っています。


次にスタンバイしているのは大きなゲート型のカウンター。
着工して7日目。キッチンは先に使って頂いています。
本当に毎日目に見えて変わっていくので、「今日の新作は?」とHさんがワクワクされている様子にこちらも嬉しくなります。

カップボードの吊戸棚の背面にはミラーが貼られています。
ガラスの棚にクリスタルグラスをたくさん飾られたいと当初からのご希望でした。


カウンターの本体が設置されました。
これから照明とタイルを使って更に演出して・・・。


ようやく完成しました。以前の写真と同じアングルですが全く別の部屋のようです。


以前のキッチン。閉鎖的で暗い印象でした。


完成したキッチン。キッチン自体は雰囲気のあるダークトーンですが明るく開放的で何より景色が違います。


ビアホールを彷彿とさせるキッチンパネル。一つ一つのアイテムにもこだわって頂きました。


カップボードは家電を隠した収納庫と、グラスを美しく見せるガラス棚。
それからワインやお酒を背面からの光で演出するディスプレイスペースでスタイリッシュに仕上がりました。


これは今回のリフォームで、丸窓と同じくらいの拘りと楽しみでもあった部分です。
雲竜柄のワーロンを使って、ほんのり和を感じるやわらかい光。
バーカウンターに座ると、ワインボトルの後ろから日の入りのような幻想的な景色が広がります。
最初のご提案にはなかったのですが、Hさんの「何かおもしろい演出を」というご要望にお応えしました。
住宅ではあまり実現しないご提案を楽しんで頂けて嬉しい限りです。


バーカウンターも目立たない部分ですがこだわりがあります。
ダイニングテーブルを置かないレイアウトなので、カウンターでお食事ができる程の奥行きを確保しつつ、テレビボードや通路が狭くなることは避けるために緩やかなカーブを描いた形状にさせて頂きました。座ったときにキッチンに自然と身体が向くので会話もはずむのでは?と勝手な想像です^^空間に余裕ができたような気がします。


今回のリフォームで一番のネックだったインターホン周りの壁。
Hさんもここが撤去できないことに残念がられていましたが・・・。


同じアングルです。
完成してみるとシンボルタワーのように空間の良い引き締め役になっています。


中央のガラス扉に潜んでいるのは・・・


ジャーン。そのままの姿では好まれないインターホンと給湯器のリモコンです。
扉を閉めているとまさかここにあると思わせない佇まい。
携帯や鍵の置き場としても重宝しそうです。もちろんインターホンも普通に聞こえます。


狭かったキッチンの入口も。


ずいぶん広く感じるようになりました。
邪魔に感じていたインターホンの壁ですが、むしろこれがあることでお部屋に入ったときに奥の空間へのワクワク感が増すような気がします。

キッチン自体は既製品のように最先端の機能があるわけではないですが、キッチンで過ごされるHさんを想像して設計から製作と施工まで楽しく空間づくりをさせて頂きました。
ご紹介したい細かいアイテムもたくさんありますが、次はリビングをご紹介させて頂きます。


ページトップへ