デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ナチュラルモダンな空間づくり ~リビング編~

2019-2-4

引き続き、Y様のリビングをご紹介します。
以前は何もない白い壁の空間でした。


諸々と施工中を経て・・・(←施工中の様子はこちらです)


明るく素材の温もりを感じる空間になりました。


きっと夜はまた違った雰囲気で落ち着きのある空間を楽しんで頂けるのではと思います。
調光機能付きの照明でお好きな雰囲気を見つけて頂けたら嬉しいです。


タモの無垢材を格子状に使用したテレイボードは一見、無垢材が継ぎ目なく周囲をまわっているようですが・・・


プッシュオープン式の引出しになっています。


側面から見ると、扉と側面で木目が繋がるよう細部の納まりにも気をつかっています。


全体の扉はそれぞれの用途に合わせた開閉方法で充実した収納量です。


テレビボードとL字に配したマガジン収納です。
ソファーに座ったまま出し入れできるように、一枚引戸に。
引違い戸ではないので扉が全てフラットですっきりと見えます。


中央のオープンスペースの側面と扉がぴったり合うような設計です。
上下のタモ材のカウンターに目が行くように、引手もマットなウレタン塗装で仕上げています。


FAXをよく使用されるとのことで、ソファーに座ったまま受信できる位置に電話コーナーを。
ソファーを置かれると殆ど見えなくなるので、FAX用紙や取扱説明書などの収納に役立てて頂けたらと思います。


今回、造作家具と共にブラインドや照明などもプランニングさせて頂きました。
手前からプリーツスクリーン、バーチカルブラインド(縦型ブラインド)、シャープシェードと生地は違うものの爽やかなグレートーンで統一させて頂きました。
そこで過ごされるご家族の所作や外からの見え方など、用途に合わせてそれぞれ適したものをセレクトさせて頂いています。


シンプルですが、丸い時計や照明そしてミラーも空間にやさしさを加える大事な要素になりました。
家具だけでは表現できなかった空間づくりをトータルでご依頼頂けて、本当に感謝しております。

余白を残した空間づくりを心掛けている私たちですが、お会いしていないご家族を想像しながら私たちなりに造り込ませて頂きました。
これからたくさんのご家族らしさを加えていって頂けたら本当にうれしいです。
家具や空間も可愛がって頂けるのを待ち望んでいるような気がします。

Y様、Hさん、大変お世話になりました。
過ごして頂ける日を楽しみにしています。
これからもどうぞお付き合いをよろしくお願い致します^^






ページトップへ