デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

洗練された大人の空間 ~リビング編~

2019-3-23

引き続き、T様の空間づくりをリビングからご紹介させて頂きます。

既に搬入した家具で埋め尽くされていますが、正面の壁に家具を取り付けていきます。



食器収納とテレビボードの下台を設置しました。
テレビボードを宙に浮かすために下駄を履かせています。
グレーの壁紙に合わせて色合わせした化粧板を使用しています。


テレビボードが乗りました。下駄を履かせている違和感もなく宙に浮いて見えます。


天板を乗せていきます。マンションで一枚では搬入できないので分割しています。


無事天板が繋がりました。
木目を合わせているのでジョイントも目立ちにくいです。天然木の突板ならではの照りが高級感を感じさせてくれます。


さて、次はエコカラットタイルを貼っていきます。
ベージュ系のタイルと悩まれた結果、グレーにされて大正解でした。
グレーのクロスとウォールナットとの相性も抜群です。


間接照明も点いて、完成しました。
4.25mのテレビボードは宙に浮かすことでより長く広く見えます。
日の出のような光が何とも幻想的でタイルを美しく照らします。
残念ながら壁掛けテレビが取り付いた様子を拝見できませんでしたが、きっとグッと締まって素敵に見えるかと思います。


扉は全て取っ手のないプッシュオープン式です。
余計な凹凸が無いのでラインが通り、より奥までの広がりを感じます。
天然木ならではの陽の当たり方が何とも心地よいです。

ワンちゃんスペースの収納も取り付けました。

すごく地味で分かりにくいところですが、施工もこだわっています。
吊戸棚の手前に枠があるので、少し幅を小さく造らないと入らないスペースでした。
通常は太いコーキングかフィラー、もしくは隙間を空けてしまうところですが・・・


底板と正面の化粧材を後で貼ることで、隙間の無いゼロの納まりに。


シンプルな化粧板の吊戸棚でも納め方で見え方が違ってきます。
心を込めて製作した家具がより美しく見える納まりを心掛けています。

次はカップボードをご紹介させて頂きます。



ページトップへ