デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

グレイッシュな壁面収納

2018-2-22

ちょうど一年前、T様から「こんな感じのものは造れますか?」とお問い合わせ頂いたのがきっかけでした。
とても素敵なモデルルームの写真を基に、ざっくりとした壁面収納のプランをさせて頂きました。
数か月後、実際にモデルルームを見学させて頂いてからT様と初めてお会いしました。
忠実に再現するには課題が多いなぁと考えていたところ、お話していくうちにT様らしさを少しずつお伺いすることができました。


これは最初に作成したプランです。
大きな引戸がテレビの前をスライドするところはモデルルームと同じですが、色柄や内部収納の詳細など、T様だけのプランです。
それから何度かやりとりをさせて頂いて、グレーベースでプランを進めていくことになりました。


当初、左上のように中央にテレビを設置して、梁下からグレーの家具を設置するプランでした。
その後T様より、梁もグレーにしては?ピアノを置くのでテレビの中心を右側に寄せては?
と名案を二つも頂いて、その他のプランをご提案させて頂きました。
確かに梁までグレーにすることで、梁の圧迫感が解消されて、より壁化することができます。


大枠のプランが固まりつつあるところで、素材のご提案をさせて頂きました。
壁面収納の扉の素材と、現地で造作する梁部分の壁紙、それからテレビ背面にアクセントで用いるタイルです。
扉と梁の色を合わせることを第一優先に、左の組合せで進めることになりました。


エコカラットの凹凸を間接照明で上下に照らし、視線をテレビ面に集めることで、梁の存在を無くすことができます。



T様らしい素敵な雰囲気に仕上がりますように・・・。

ただいま心を込めて製作中です^^

コントラストが映えるテレビボード

2018-2-17

たまたま早く到着したお打合せの席で、羽生選手の歴史的瞬間に立ち会えました。
その後のお打合せは感動と興奮を抑えるのに必死でしたが、本当に心が震えました。
Rさん、ありがとうございました!

興奮冷めやらぬまま只今製作中の家具をご紹介させて頂きます。
お問い合わせを頂いた時から、はっきりとしたご希望があられたSさま。
イメージされている写真を添付して頂きました。
サイズだけ考えるとイメージ通りの設置は難しそうでしたが出来る限りニュアンスを組み込ませて頂きました。

テレビボードを宙に浮かせることと、白と木目のコントラストを活かしたデザインにすることが第一優先でした。
その後、扉の開閉方法やサイズ的なことなど詳細をお打合せさせて頂いて、下記以外にも数パターンの組合せからご検討頂きました。

平面では想像しづらい色の組合せです。
右側の空きが新鮮でとても意味があるように思います。
一番上のパターンで製作させて頂くことになりました。


これは無塗装の状態のチェリーの下台です。
入荷した突板が通常より明るい木目でしたので、心配になってSさまに着色の選択肢もご案内しました。


左が着色オイル塗装、右がクリアオイル塗装です。
左の状態になるには2、3年かかりますが、着色することで木の持ち味である濃淡が少し失われます。
経年変化を楽しみたいからということでクリア塗装でゴーサインを頂きました。
Sさん、ありがとうございます。

来月のお届けまであと少し、丁寧に仕上げていきたいと思います。

オーダーならではの家具

2018-1-31

昨年末にお問い合わせを頂きましたO様。
キッチン背面の壁に凹凸があるため市販のカップボードでは対応できず、オーダーを考えられたとのことでした。

お伺いさせて頂くと、確かに大きなパイプスペースがネックになっていました。
それを避けて設置しようとすると幅80cmも取れません。
パイプスペースの前も有効利用して、凹凸が無かったことになるように!?ご提案させて頂きました。
お手持ちの家電や収納されたい物、普段の使い方や開閉方法など細かなやりとりを何度かさせて頂いていざ製作スタートです。



キッチンと一緒に玄関のベンチもお問い合わせ頂きました。
当初は市販のベンチを置いてその横のスペースに小さな収納棚を・・・とのご要望でしたが、
どうせなら壁付けの一体感のあるベンチはいかがでしょうか?ということでご提案をさせて頂くことに。

とはいっても単なる分厚い棚ではありきたりだし、長方形のベンチは動線を邪魔しそうだし、
カーブにするとO様のテイストではないし・・・少し悩んだ結果、図のようなご提案をさせて頂きました。



玄関ドアの袖壁と、廊下の角からのラインをそれぞれ斜線でもってくることで、動線を妨げず流れに沿った形になります。
一番奥行きのある部分で靴を脱いで、脚の方向を変えて室内へ上がる所作も美しく感じます。
ご提案の際は、安全面が気になったので青枠の絵のような少し厚みを持たせてからテーパーをかけるデザインにしておりましたが、
O様が厚みの無いシャープなデザインのほうが断然良い!と推して下さったので赤枠のようなデザインで製作させて頂くことになりました。

一見、オブジェのようなソリッドなベンチ。
向きの異なる二面からそれぞれ違う角度で巾木に向かってテーパーをかけた形状。
同じ物を造ることが殆どありませんが、もちろんこんな形状も初めてです。
強度も含めていろいろと考えながら形にしていきたいと思います。
O様と同じく、出来上がりが楽しみです^^

使える高さのカップボード

2018-1-20

今年最初のお届けはMさまのカップボードでした。
昨年末に納期が間に合わず、材料の入荷待ちで大変お待たせを致しました。

まずはコンセントの移設と増設、それから照明の配線です。


梁の下に奥行きの違う吊戸棚を取り付けていきます。


扉が付きました。上部はキッチンと同じ材料です。


完成しました。キッチンと一体感のあるカップボードになりました。


清潔感のある白いタイル。艶の有無と幅の違いで表情が出る、シンプルだけど特徴的なタイルです。
たくさんある中からMさまに選んで頂きました。
影になりがちな吊り戸下がタイトアップされて綺麗です。


アイレベルのミドル収納。
上の吊戸棚の奥行きでこの高さまで下げると圧迫感がでますが、奥行きを控えることで使い易い高さの収納が設置できます。
日常使いの収納に大変便利です。ガラスの透過性も選んで頂きました。


片手で軽く開いて下げるときは指一つで押してあげるとゆっくり閉まります。


パントリー側の壁にぴったり合わせた奥行きで、キッチンがスッキリ広く感じます。




コンパクトで形はシンプルですが、引出しの高さや吊り戸の高さなど細かな所までMさま仕様です。
ご出産直前の時期にいろいろなことを決めて頂きました。
積極的に参加して頂けて嬉しかったです。

Mさま、大変お世話になりました。
家具共々これからもよろしくお願い致します。


フレキシブルなテーブル収納

2017-12-30

年内最後にお届けさせて頂いたのはH様のテーブルとワゴン収納でした。
春に水回りのリフォームをさせて頂いた後に、テーブルのご相談を頂いておりました。

お手製のテーブルが壊れてしまったのがきっかけでしたが、その用途はお食事だけではありません。
手芸が趣味のH様。一度作り始めると1ヵ月以上没頭してしまう程だそうです。
それを毎回片付ける必要なく出しっ放しでもお食事ができるダイニングテーブル。
ダイニングテーブルだけど、座ったままでミシンやアイロン、手芸用品がすぐ取り出せる収納を兼ねた作業台。
とにかく1台で全てのことがまかなえてフレキシブルなテーブルがご希望でした。

ヒアリングを重ねて一度は形になりかけましたが、テーブル一つに全てを含めてしまうとかなり無理があり、
またそれがかえって使いづらく違和感を感じたので、シンプルにご提案をさせて頂きました。

テーブルはシンプルに、少しエレガントな要素を取り入れつつ、50cm定規やアイロン台を収納できる寸法設定に。


ミシン、アイロン、糸や布、小物類、全ての寸法に合わせて用途別に整理収納できるサイドワゴンをテーブルと別にさせて頂きました。
高さや奥行き、幅、全てミリ単位で無駄なく入る設定です。


構想から数か月、ようやく形になりました。


ワゴン収納の一番上は、ミシン糸とボビン収納です。
H様がお弁当用のピックを使ってミシン糸とボビンを整理されていたので、同じように整理できるようにしました。
同じ色の糸とボビンが一目瞭然、有孔ボードの底板に棒を抜き差しして自由にアレンジして頂けます。


その下は、フェルト収納。
クリアファイルに色別でフェルトを整理されるとのことで、程よく倒れず仕訳がしやすい分割で
仕切り板を入れさせて頂きました。こちらも上から見下ろせるので一目瞭然。さっと取り出せそうです。


一番下はミシン収納。ミシンが取り出し易いように引出しの立上りを低く設定しています。
ワゴン収納の奥行きは、このミシンに合わせています。


その他リボンもたくさん。カラフルなので、淡い色の家具にとても映えます。


ワゴンを付けていない側面は、エレガントな曲線が見た目にも和らいだ雰囲気です。


ワゴン収納はキャスターで動かせるので、作業中はL型に配して頂くと必要なものがすぐ取り出せて便利です。


テーブルとワゴンを付けたときの天板が一枚に見えるよう、木目の流れを合わせています。
これだけあると作業中でも気にせずお食事して頂けると思います。
ワゴン収納だけ壁面にチェストとして置かれたり、その上にディスプレイをされたり・・・
フレキシブルな一台(二台?)、組合せ方もいろいろと楽しんで頂けると嬉しいです。

Hさま、大変長らくお待たせ致しました。
家具共々これからもよろしくお願い致します!

ページトップへ