デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

スタイルのあるインテリア

2017-9-5

半年ほど前に、ご新築のマンションの間取りやインテリアなどいろいろなご相談を頂いたI様。
間取りの設計変更が可能な時期でしたので、マンション側で変更して頂いたほうが良い箇所とこちらで行ったほうが良い箇所を
コスト面を合わせてお打合せさせて頂きました。
動線や収納量・住まい方、インテリアのスタイルを踏まえて家具だけでなく照明やブラインドを含めてご提案させて頂きました。

お部屋の間取りはご紹介できませんが、一部リビングの例をご紹介させて頂きます。
最初のお打合せで、「ハワイアンカフェのような」というお話を頂いたので、下記以外にも数パターンご提案させて頂きました。



一番悩んだのはフローリングとの相性でした。
ハワイやリゾート風インテリアにはチェリーやチークなど赤みのある木目を使用すると雰囲気が出ますが、グレイッシュでモダンなフローリングには少し違和感があります。
そこでクラシックなダーク系と爽やかな白木系のテイストなど、フローリングに合うカラーリングでご提案させて頂きました。
同じデザインでも配色を変えるだけでイメージが全く違います。

一言にハワイアンインテリアといっても
クラシック、カジュアル、カラフル、ラスティック、トロピカル、ビーチ、ラタン、バンブー、流木、麻、観葉植物・・・
ジャンルを問わず何でも当てはまってしまうので、Iさんご夫婦がどんな雰囲気に居心地良く感じられるかお打合せを重ねました。


その中で、クラシックになり過ぎず明るい雰囲気にということで上のようなイメージでベースを造っていくことになりました。
その後、エレガントになり過ぎるのはちょっとということで照明など少しシンプルに方向修正しながら、ただいま家具を製作中です。


これは塗装前のテレビボードです。
当初、壁に固定して浮かすプランでしたが、白木系になったことでインテリアに映える脚のあるテレビボードにさせて頂きました。
Iさんらしい雰囲気になるように、モールディングの形状一つ一つにこだわりました。
無塗装でも品のあるラスティック感が出て素敵です。


モール部分を塗装しました。引出し2つのはずが繋がってますね。このしかけは後日・・・。


つまみをつければ完成です。
このテレビボードが右側の壁とどうマッチするか。良いアクセントになってくれますように。

いつも余白を残したデザインがモットーの私たちですが、Iさんのリビングはディスプレイも含めて最初から造りこませて頂きます。
でも飽きが来ず、なんだか心地よい空間を目指して、ご家族に喜んで頂ける空間を造りたいと思います。
Iさん、どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

オフィスを模様替えしました。

2017-8-20

デザインコンパスが始動以来、オフィスと呼ぶにはおこがましい自宅の四畳半ほどの部屋で仕事をしておりましたが、この度となりの部屋へお引越ししました。
引越し?先の部屋も六畳程で大して変わりはありませんが、無駄なロフトのあるおかげで夏はサウナ並みの暑さです。
ただ高さはあるので工夫すれば収納力は確保できるではないかということで、梅雨時期から合間を縫って作業をしておりました。

施工前の写真を撮り忘れましたが、とりあえず先ずは天井に断熱材を貼って板張りをしました。
ロフトへ上がるハシゴは大人でも上がるのが怖いくらいで荷物を持ってはもっての外。
収納力のあるロフトへ何とか荷物を上げられるように、ワンクッション造る予定です。


ワンクッションの前に、カタログなどの書棚を造るために隣との壁を壊しました。
将来娘の部屋になる予定のクローゼットが半分犠牲になりました。後が怖いです・・・。


腰窓の上にワンクッションできました。これで少しは上がり易くなります。
掘り込んだ壁には書棚が入ります。
天井の色だけ思いつきでダブブルーにしたものの、他の木部や壁紙の色の選択が難しくなりました。
同じブルー系と白でまとめてラスティックな風合いを出すものか、少しクラシックな要素を取り入れるものか、悩みます。


いつか使おうと思っていたつまみが3つあったので、つまみに合わせたジャスミンの壁紙とブルー系でまとめようと決心しましたが、壁紙が在庫切れで予定変更。


ブルーは自分らしくないかなぁと少し思っていたので、イエローのピンクアンドローズ柄にしました。
ラッキカラーで気分を上げたいと思います。


ようやく完成しました。
ロフトに上がる為のワンクッションを利用して、デスク上にダウンライトを入れました。
天井と同じ板張りですが、こちらは小石色に着色しています。


つまみは引出し3段に付けました。


カタログで埋め尽くされるとやはり煩雑として見えますが、デスク横に書棚があるだけでずいぶん作業効率が良くなりました。
書棚の中にプランニング中の物件資料用引出しが3つ。相方のサプライズでした。
これはますます頑張らねば!と思わせるのも狙いのようです。


今まではカタログやサンプルを取りに上下階を行ったり来たり、悪く言えば生活感があって緊張感のないお打合せになってしまっていた気がしますが、
これからもう少し集中して中身の濃いご提案ができればと思います。
そして、効率が良くなってできた時間は感性を磨くことに使って、またいろんな場面に活かせたら・・・。
新たな気持ちでお仕事を楽しみたいと思います^^

暑中お見舞い申し上げます。

2017-8-7

連日、厳しい暑さが続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
ボクは生暖かい扇風機に当たりながら外でも頑張っています。


エアコンの無い工場でも頑張っている職人パパもきっと暑いだろうなぁ。


でも職人パパが造る家具を待ってる人がいるからしっかりしないとね!


ボク?ボクは皆を元気にする大事な役目があるんだ。


大体はこうしてなでなでしてもらうだけだけどね。


ボクも監督さんと一緒に少しずつ前に進むよ。
あ、ちょっと寄り道させてっ!


ということで(?)、皆さまくれぐれもご自愛ください。
ブログから失礼します。

リビングダイニングの壁面収納

2017-8-3

昨年、リビングの一角に書籍類の壁面収納を製作させて頂いたN様。
以前も少しご相談頂いていたのですが、今回和室を含めてリビングダイニングへのリフォームと
新たな壁面収納を製作させて頂くことになりました。
手前は以前製作させて頂いた書棚でその奥4m以上の壁面にテレビ台を兼ねた収納を製作させて頂きます。


ご家族が一番長く過ごすリビングダイニング。
テレビはもちろん、電話やプリンター、トースターやコーヒーメーカー、季節の飾り物など収納する物も多岐にわたります。
収納されたい物の種類とサイズを細かくお伺いして図のような形で製作させて頂くことになりました。



家具のベースとなる扉の色は以前の書棚に合わせますが、天板は人工大理石の中でも雰囲気のあるヘーゼルナッツに。
美味しそうな柄名ですが、2面を覆う壁面収納の中の良いアクセントになって空間全体を引き締めてくれるはずです。


着工は秋ですが、製作ラッシュに入る前に先行して製作をスタートさせて頂いております。
これからフローリングや壁紙などじっくりお打合せさせて頂く予定です。
家具だけでなく、こちらもワクワク楽しみな時間です♪

何度も面倒なお打合せを一緒になって楽しんで頂いているN様ご夫婦。
良い空間を造りたいと思います。
N様、もうしばらくお付き合いをよろしくお願いいたします!

ミニマルな2体の家具、お届けしました。

2017-7-26

オフィスの引っ越し(といっても隣の部屋です^^;)でパソコンの設定や諸々に追われてブログの更新がすっかり遅くなりました。
こちらはまたご紹介させて頂きます。

先日ご紹介させて頂きましたT様の家具を納品させて頂きました。(ミニマルな2体の家具)
実際に設置するまではスケール感やお部屋とのバランスがうまくいくか多少心配ではありましたが、品良く納まりました。

絵を飾る壁面にコンソール、テレビ面にローボード。
形は全く違いますが、素材とデザインをリンクさせています。


スマホの写真で素材の表情がうまく表現できませんが、近くで見ると分かるさりげない雲柄の人工大理石とマットな黒のスチール脚です。
シンプルなデザイン程、素材の持ち味とバランスが物を言います。
カウンターの厚みと脚のバランス、脚の幅や厚みに気を遣いました。


ローボードは限りなくシンプルにミニマルに見えるように、フレームを人工大理石で、扉をマットなメラミンで製作させて頂きました。
こちらも脚はコンソールとリンクしていますが、高さと幅を変えてローボードのバランスに合う形にさせて頂いております。


大きな扉はプッシュオープンで下に開きます。DVDを見る機会があまりないとのことで全て隠す収納に。


極シンプルですが、細かいディテールがデザインの大事な要素になっています。


今回、製作させて頂いたコンソールは、収納としてはもちろん、機能性が全くない家具でした。
振り返っても額縁以外、機能性のない家具を製作させて頂いたのは初めてのような気がします。
店舗ではよくあることですが、住宅で機能を持たない家具というのはある意味とても贅沢なことかもしれません。

でも設置してみると、機能性を超える大事な役割があるように思いました。
何もない壁に絵を飾るより、壁一面がぐっと引き締まります。
絵画のフレーム、センターテーブル、シャンデリア、サッシ枠など程良く効いた黒が差し色になっていてT様らしい空間になったような気がします。

何も決まりのないところから形になるまでずいぶん経過がかかってまた悩みましたがとても勉強させて頂きました。
課題を頂けてまたその楽しみも頂けて、とても感謝しております。
T様、本当にありがとうございました!

ページトップへ