デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ラグジュアリーな大人のリビング空間

2021-4-20

先週お届け致しましたI様のテレビボードをご紹介します。

お問合せ頂いたのは昨年末。ご新築マンションの壁面にご検討をされていました。
現地にお伺いする前に平面図を頂いていたので、予め考えられるパターンをご準備させて頂きました。


左の洋室壁面にテレビボードをご希望でしたが、クローゼットの扉が干渉することと、リビングとの間仕切壁もテレビ面を干渉しそうです。
工事の内容が変わってくるので、現状を活かしたパターンとクローゼットや間仕切り壁を撤去した場合も含めてご提案させて頂きました。

上段は、クローゼットの扉分テレビボードの幅を狭めた上で、間仕切り壁撤去後を格子で隠す対策でしたが・・・
現地を拝見するとやはり無い方が良さそうです。
撤去工事はマンション側にお願いされるとのことで、こちらで設計指示図を書かせて頂きました。

その後のお打合せでI様のご要望は、
・大理石調のタイルを使用して、
・大画面テレビを壁掛に
・左サイドに収納を設けられたいという3点でした。
考えられるパターンをいくつか図にしてみました。

あえて違うパターンを作ることで、I様のお好みを伺うことができました。
家具本体はダーク系の木目で、フラットな収納扉よりも凹凸のある格子、間接照明やミラーで高級感を演出して・・・等々。
左下のバランスを調整して下記のようなイメージで、製作させて頂くことになりました。

施工当日。既にクローゼットと間仕切り壁が撤去されている状態です。

間接照明やテレビの電源も指定の位置に配線されています。


まずは下台の取付から。コンセントも家具内に組込みます。


次に左サイドの飾り棚です。この収納があることで、壁への固定が強固になります。


上部の格子の骨組みも取り付きました。


上部の取付く格子は家具本体に調色したウレタン塗装仕上げです。


二日間の施工で無事完成しました。
以前より、長さの目安ができたせいか随分広く見えます。
65インチのテレビが付く予定です。


棚の背面には、ブロンズミラーを使用しています。
通常のミラーですとギラギラして落ち着きませんが、少し色味が入るだけでラグジュアリーでシックな大人の印象を受けます。


写真では影になってはっきり見えませんが、上部の格子がとても利いています。
ここがフラットな木目ですと平坦で締まりのない印象になっていたかと思います。
I様のご要望でグッと空間が引き締まりました。


壁面が光沢のある素材のときに間接照明を用いるには注意が必要です。
掘り込みの深さによっては映り込みが生じてしまいます。
覗きこまない限り、どこから見ても光源が見えない位置で設置致しました。
調光機能付きなので、昼夜限らずムードを楽しんで頂けると嬉しいです。


残念ながらテレビが取付いた状態を拝見できませんでしたが、65インチの画面が付くとこんな感じでしょうか。
ゆったりとした解放感と素材がもたらす高級感、日々のオフタイムがより特別な時間になると嬉しく思います。


大理石がお好みのI様のご要望でローテーブルも製作させて頂きました。
ソファーや他の家具が入った様子も拝見したかったですが、仲良く調和できますように・・・。

I様、昨年から大変お世話になりました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

シックなリゾート風インテリア

2021-4-6

E様のカップボード製作と内装を含めたご提案をさせて頂きました。
ご新築でマンションギャラリーを拝見するまでは図面でのお打合せでした。

ショールームはモダンなテイストのインテリアでした。
グレーベースの明るい床と、グレーベージュにモカが加わったような建具の組合せ。
どちらもスモークがかったマットな配色でここ数年のトレンドかと思います。

E様のご要望は、リーフ柄の壁紙を使ってハワイのリゾートのような雰囲気にされたいということでした。
茶系の木色ですと観葉植物やグリーン系の壁紙でリゾート感を演出しやすいですが、グレーベースの内装に合わせるリゾート感はちょっとアレンジが要りそうです。
E様が候補にお持ちでした壁紙がとても素敵でしたのでダイニングに使用して、それをベースにカップボードや他の配色もご提案させて頂きました。

何度かお打合せを重ねて、図のような形にたどり着きました。
カップボードが取付く1m35cmの壁を少しでも広げるために、10cm壁を足して壁紙を貼る計画です。
カップボードの配色を随分悩みましたが、それぞれが映えるメンバー(素材)が揃いました^^
製作期間を経て、いざ施工です。


10cm壁を足して、棚を取付ける為の金物を仕込んでいます。
こうすることで余計な金具が表に見えず棚だけがスッとスマートに見えます。


翌日に、壁紙を貼ってもらいました。(Iさんいつもありがとうございます!)
ブルーグレーのリーフ柄がグレーベースの建具に良く合っています。


カップボードが取付く壁も雰囲気のある壁紙に・・・。


統一感のあるシックな大人のリゾート風インテリアになりました。
中央にモダンな建具を挟んでいても、違和感なく溶け込んでいます。


キッチンは艶のあるモダンな木目の扉でしたが、全く違うテイストでも木目の色味を合わせるだけで不思議と馴染みました。


本体と棚板は、炭化したような古木調のメラミンです。
実は今年の廃盤品でしたが、これ以上に合う素材はなかったので先行して発注させて頂きました。
黒が主張し過ぎると台無しでしたし、壁紙や木目に埋もれてしまわない素材感も大事でした。


マットなハンドルも効いてます。こちらはデザインでセレクトさせて頂きましたが医療用の抗菌ハンドルです。
手垢もつかず機能的にも今にピッタリです。


コンパクトですが、インテリアに溶け込みつつ良い存在感のカップボードになりました。
わずか10cmでもカップボードで拡張できたことが、収納量も作業台としてもそしてデザイン的にも効果があったと思います。


その他のお部屋も、お二人のお好みと印象に合わせた壁紙を貼らせて頂きました。
ふんわりやさしいボタニカル柄とシックで大人の落ち着きのあるカラートーン。
素敵なお二人にピッタリです。

新生活の記念すべきタイミングにお声掛け頂けて本当に光栄でした。
良い運気がたくさん流れますように^^
E様、これからもどうぞよろしくお願い致します。

好バランスなテレビボード

2021-3-12

先々週、Y様のリビング壁面にテレビボードを設置させて頂きました。

初めてお伺いした際に、必ず設置する機器類や今後収納されたい書物、いま不便に感じていることなど色々とお聞かせ頂きました。

水槽も入れて幅4m、高さ2.4mと壁量はあるものの上部に余白があり、かなり収納量を増やすことができそうです。


初回のご提案から全体のフォルムがほぼ固まっていました。
黄金比。と言うと大袈裟ですが、壁量とその縦横比が絶妙でしたので、とてもバランスの良いテレビボードになりそうです。
上部の吊戸棚には、収納予定のファイルが無駄なく2段。
テレビ両サイドの外側には飾り棚。モデムやルーター等の機器類、写真立てなどディスプレイも兼ねています。
テレビ両サイドの内側には埃が入らないようガラス扉。ライトアップしてお酒やグラスをディスプレイして頂くスペース。
そしてカウンター下には、文具や小物に便利な引出しと将来も融通がきくよう可動棚の収納。
物の居場所がしっかり定まり、素材も即決して頂きました。


製作期間をたっぷり頂きまして、施工当日。
コンセントの増設や照明の配線、壁掛けテレビの配線ルートなど、家具を設置するまでの作業が満載です。


中間の収納を乗せて・・・


天井まで隙間なく収納を設置しました。照明も無事に点灯して一安心です。


翌日、タイルを貼って完成しました。
55インチの大型テレビが大きく見え過ぎない程、大容量の壁面収納です。
縦横比、収納と壁面、木目と黒、いろいろな好バランスがよりゆったりと余裕を感じさせてくれる気がします。


以前は表に出ていたたくさんの配線も無事納まりました。
右側のモデムやルーターまでの配線は予め、引出しの後ろを通せるようにルートを確保しています。


テレビボードを設置してしまうと表で使える電源がなくなってしまうので、天板上にコンセントとスイッチを設けています。
テレビ画面を見ながらのパソコン作業や携帯の充電などなど、今までテレビボードを開けて延長コードを使われていた所作がスマートになりました。


ガラス扉にガラス棚。
大きさは右のオープン棚と同じですが、ちょっと特別な感じがします。
LEDライトも是非点灯して頂いて、とっておきな時間を楽しんて頂けると嬉しいです。


高級感があって暗すぎず・・・というご要望にお応えして、突板調の扉に石目調の天板で引き締めました。
タイルやガラスなど、異素材が組合さることでまた相乗効果が生まれています。


当たり前で些細なことですが、「美しい納まり」が高級感や良いデザインにつながります。
コンマ数ミリ単位の納め方で隠れたデザインをしています^^


天井までの壁面収納は圧迫感が懸念されましたが、以前よりも随分お部屋が広くスッキリしました。
壁との隙間がなくなったことと、横の長さが強調されたことで奥に向かって遠近感が生まれたからだと思います。
収納が確保されたことで、飾る楽しみが増えたりお掃除が楽になったり・・・メリットがたくさんあると嬉しいです。

Y様、この度は大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願い致します。

「ワクワク」気持ちが上がる水まわり空間

2021-3-1

昨年秋からご相談を頂いておりましたY様の水まわりをリフォームさせて頂きました。

ご相談当初は老朽化した洗面所の蛇口がきっかけでした。
洗面台だけを取替えるものか、浴室も一緒にリフォームするものか、トイレもいずれは・・・。
近い将来ご予定であれば心地良い毎日がたくさん過ごせるほうが良いですし、工事費も抑えられます。
そこでキッチン以外の水まわりをリフォームさせて頂くことになりました。


幅120㎝を少し超える洗面台。
大きな一面鏡の広い洗面台ですが、メイク用品や小物の収納が少なく天板に置いてしまう結果片付かないのがお悩みでした。


浴室は、天井裏を見ると躯体の壁まで空間の余裕があるので、ワンサイズ大きなユニットバスが入りそうです。


洗濯機側は、大きな洗濯パンのせいで無駄な隙間が出来ていました。
ここを最大限利用して、ご家族の下着や洗剤ストックが入るようにしたと思います。


浴室が10cm大きくなるだけで随分変わります。
洗面化粧台は、60cmの奥行きから50cmのスリムな奥行き、壁から出る水栓、充実した3面鏡収納などの条件は、オーダーよりも既製品が優れているところです。
奥行き50cmで壁出し水栓はオーダーでは製作が難しく、3面鏡も木製で製作するとどうしても厚みが出ます。
ここは機能性に優れた既製品で対応させて頂くことになりました。


解体初日。これから撤去していきます。


浴室は、表向きは全く分かりませんでしたが、壁の裏が腐食してやはり取替の時期でした。


全て撤去した後、洗面台も洗濯機側も、給水排水の位置が変わるため、床を開口しての配管です。


3日目、ユニットバスが完成しました。
正面の梁部分が今までの壁でしたが、梁のぶん奥に広くなりました。
楕円のミラーやステンレスの手摺など、アイテムをちょっと変えるだけでホテルのような高級感があります。


5日目、洗面台も取り付きました。
3面鏡とサイドのミラーが煌びやかで正面に立つだけで気分が上がります。
鏡の裏はびっしりと小物収納が充実しているので余計な物が見えずスッキリしそうです。


洗濯機側も最小限の洗濯パンに変えて、収納量を確保しました。


ご家族それぞれの下着とタオル、洗剤が予定していたサイズできっちり入ります。
下着もタオルも全て立てることで、重ねるよりも収納量がかなりUP↑
そして上からスッと楽に取り出せるので気持ちもスッキリ!
ここだけで家事ストレスが随分軽減されそうです^^


お手洗いも変わりました。以前は殺風景で暗いトイレでしたが・・・


華やかで品のある花柄の壁紙と、ヘリンボーン柄の床材で随分表情のある空間になりました。
Yさんがお好きなネイビー系の壁紙と床材を取寄せて、たくさんの中からこの組み合わせを選んで頂きました。
「人生初の花柄です!」と仰られていましたが、少しくすんだ色使いが絵画のようで落ち着いた空間が素敵です^^

工事が終わって数日後、とっても嬉しいメッセージを頂きました。
ずっとこの場所にいたい~(笑)
タオル掛けや収納など、一連の動作がスムーズになりました!
快適な空間に触発されて他の部屋の片づけを始めました!

などなど、良いことづくしです。
特に水まわりが綺麗になると、良い気が流れて運気が上がると言われています。
老廃物が溜まると調子が悪くなる人間の身体と一緒なので、この調子でお家をどんどん健康体=運気アップに繋げて頂ければ嬉しいです。
そして大事なキーワードは「ワクワク」。
引出しを開けて欲しい物がスッととれるだけでも小さなワクワクがあります。
掃除しなきゃ・・・片付けなきゃ・・・は義務でしかないですが、引出しを開ける度にうっとりワクワクすると必ず持続します。
この気持ちは家の中にいるときも外にいるときも不思議と効果があるので、ワクワクが波及してたくさん良い事が起こりますように。

Yさま、この度は大変お世話になりました。
これからも末永くお付き合いして頂ければ嬉しく思います^^

ほっこり温もりのあるオークの壁面収納

2021-1-9

娘の書初めの宿題に便乗して、今年はそれぞれ願望を書にしてみました。
筋力増強・プラス思考・工場新築・人材募集などなど笑える目標から切実な願望まで。
結果、まとめて我が家の目標は・・・

となりました。一年間、肝に銘じて頑張りたいと思います。
2021年もどうぞよろしくお願い致します。

新年最初のお届けは、N様の寝室に設置するデスク兼壁面収納でした。
昨年お届けできず雪の日の昨日となってしまいましたが、雪道を滑りながらも無事お届けできました。
早速ご紹介させて頂きます。


寝室の壁面に天井いっぱいまでの収納を造り付けていく前に、手前で全て組み立てていきます。


上台が乗りました。


梁をかわした右側にも収納を連結しました。これから全体を壁面に押しやります。
一つ一つ壁に取付けていけば簡単なのですが、2つの理由でこんな組み立て方をしています。


1つは電気配線。デスク上にコンセントや照明を組込む為の電気配線を予め家具内に通しています。


もう一つは、側面に家具の継ぎ手を見せたくない為です。
その時々の納め方によって、組み立て方を変えて製作をしています。


完成しました。
ほっこり温もりのある框扉の壁面収納です。
床材に合わせてオークの板目がとっても映えて、愛おしく思えるほど私たちも大好きな家具になりました。


少しでも温もりを感じるようにというN様のご要望で、蒲鉾型の丸みのある框扉をデザインさせて頂きました。
形状によって格調高くもクラシカルにもエレガントにも魅せられる框扉ですが、丸みを帯びることでほっこり愛らしく品のある雰囲気に仕上がりました。


余談ですが、この框は無垢材を製材してトリマー2回、水拭き、ペーパー、など5工程を経て形にしています。
角の留め方など、技術の要る作業になります。


N様に選んで頂いた真鍮のつまみです。
つまみ一つで家具の雰囲気がガラリと変わりました。相乗効果で木の魅力が増したような気がします。


デスク上部にはコンパクトなLEDライトを。
天板のスイッチで入切できて、卓上で使えるコンセントも設けています。


小さな引出しにはアクセサリーを収納されるということで、扉の裏にミラーを。
ちょっとしたことですが、あるととても便利です。


ほっこり温もりのある中にも繊細さを表現できるよう、扉の框(フレーム)と同じ厚みと形状で、天板を製作させて頂きました。
ディテールの違いで受ける印象が変わるので、とても大事な部分です。


まだご新築マンションが着工前の段階でお声掛け頂いてちょうど一年。
想像でしかなかった家具がようやく形になってお届けができました。
当初はウォールナットのフラットな扉で形だけのご提案でしたが、N様にお会いして実際の空間を拝見して、この形になりました。
どこにもない一つだけの家具。
天然木や真鍮の経年変化と共に可愛がって頂けるととても嬉しく思います。
N様、今後も末永くよろしくお願い致します。

ページトップへ