デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

プライベートルーム ~寝室・クローゼット・書斎の空間づくり~

2020-7-5

現在、昨年の秋からお打合せを重ねてきましたN様宅のリノベーション工事中です。
きっかけはN様が長年お付き合いのあるリフォーム店さんから、設計デザインのお話しを頂いたことでした。
当初は和室を増築して奥様の寝室と充実したクローゼットにというご要望でした。(今となっては懐かしく感じます^^)
どのくらい増築するのかはレイアウト次第ということで、まずは増築面積によって考えられる方向性をご提案させて頂きました。


左は増築面積を広く、右はコンパクトに。上はクローゼットを集約させ、下はクローゼットを各所に設けたプランです。
まずは広く増築する方向で具体化させて頂くことになりました。

その後、動線や収納量、N様のライフスタイルなどたくさんお伺いして、このようなレイアウトになりました。
元あった和室の中央に空間を仕切るクローゼットを設けた大胆なプランです。

デザインはN様がストックされていた海外のインテリア写真を基に、N様仕様にアレンジさせて頂きました。
クラシックでエレガントな女性らしい雰囲気もありつつ、設え過ぎずモダンでシンプルな清々しいイメージです。

一時はこの内容で着工の予定でしたが・・・床材やその他のお部屋の関係もあり、急遽増築をしない方向で再検討ということになりました。
今の和室の面積で、寝室・書斎・クローゼットの用途を備えつつ、収納量やデザイン性を極力変えずにどこまでできるでしょうか。
一度ご要望を全て満たしたご提案後に縮小するのは、少なからず我慢が必要になってきます。
でも住宅メーカーのCMではありませんが、「考えよう、答はある」です。


答えは、ありました! 収納量を確保するために壁面は全てクローゼットとデスクを配し、ベッドを中央に設けたレイアウトです。
Aの窓は元々あった掃出し窓の幅で、床から出窓の面積をせり出すことで脚を入れて座ることができるスペースに有効利用ができます。
増築プランも好きでしたが、こちらの方が必要なものが全て集約され、家具に囲まれた素敵な空間になりそうです。ワクワクしてきました^^


収納も前プランと同じくらい充実しています。それぞれが大事な役割のある収納です。
ベッドが中心?と思われるかもしれませんがヘッドボードを素敵に設えることで、生活感を解消してむしろ素敵に映える空間になるかと思います。

コロナの影響などで着工までの期間が長かったので、いよいよ待ちに待った着工となりました。
以前は窓も締め切られた閉塞感のある和室でしたが・・・

リビングからの写真です。床、壁、天井全て解体して以前の面影が全くなくなりました。

混構造のため、解体してみないと分からない天井裏です。
H鋼が入っているのでダウンライトの配灯やエアコンの位置など、解体後に対応して頂くことがたくさんあります。

少し空間が出来上がってきました。
出窓のイメージも湧いてきます。

着工して10日程でここまで空間が出来上がりました。
大工さんの手際の良さと、現場管理のYさんの采配に頭が下がります。本当にありがとうございます。

以前の和室からリビングへのアングルです。

窓が変われば・・・とこれまたサッシメーカーのCMですが、本当にそうですね。
完成した家具に囲まれて窓辺でゆったりとした時間を過ごして頂くご様子を想像するだけで本当に楽しみです。

空間が出来上がってからの採寸、そして製作となるのでこれからまたしばらくお待ち頂くことになります。
お住まいながらの工事で、N様もそして現場で作業される職人さん方も大変なご苦労かと思います。
現場がスムーズにいくよう、そして素敵な空間が出来ますように、私たちも良い仕事をしたいと思いますので、
N様、現場の皆様、引き続きよろしくお願い致します!

白黒コントラストが美しいカップボード

2020-5-18

T様のカップボードをお取付けしました。
3年程前のご新築時に一度プランをさせて頂いておりましたがライフスタイルの変化もあり、時期を改めてお声掛け頂きました。
数年住まわれてイメージがクリアになったとのことで、当初のプランとは全く違うデザインで製作をさせて頂きました。


設置スペースです。左右の壁の奥行きが違うので、左の壁に合わせて製作しました。


コンセントの増設をしながら設置していきます。


本体を設置しました。白と黒の配色が目新しく感じます。
収納内部の配色もT様のこだわりでした。


完成しました。白と黒のコントラストが美しいスッキリとしたカップボードです。
キッチンとリンクさせるために随分悩まれた配色でした。


ダイニングから見ると、天井と扉の裏側の黒がポイントのキッチン。
当初は同じように黒のラインを効かせてリンクさせる予定でしたが・・・。

配色と同じく悩まれたのは、扉を開け閉めする際の手掛けでした。
キッチンは全て扉の隙間に手を掛けて引出す仕様のため、引出す力が要ります。

シンクやガスコンロ下の大きな引出しはかなり重たく、一日に何度も開閉する動作は気付かないうちにストレスになっていたようです。
打合せ中にT様から「指の甲にタコができるんです」と聞いて、これは避けなければと思いました。


黒のラインを強調するためのご提案を色々とさせて頂きましたが、最終的に白い引手で扉と同化させることになりました。
ずっと黒にこだわられていたので設置するまで少しの不安はありましたが、設置後に白にして良かった!との感想を頂いてホッとしました。


右側のトールキャビネットは、扉を開けると黒。少し気持ちが違います。


ちょっとしたペンや付箋、輪ゴムなどの小物収納が隠れています。


黒い引出しにはカトラリー類など。一つあると便利です。


カップボードにしては引出しの数が少ないのでは?
でも内部に内引出しが入っています。
高さ設定もミリ単位でこだわって頂きました。一番奥には炊飯ジャーが入ります。


爽やかで清々しいカップボード。
艶のある白とマットな黒のコントラストがより洗練された印象を受けます。
ご入居前にはイメージでしかなかったものが、生活されてみてより良い理想に繋がって本当に良かったです。
T様、この度はお声掛け頂いてありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

造作ならではの家具たち。

2020-4-8

昨年お問合せ頂いて、ご提案させて頂きましたK様の家具をご紹介致します。
中古のマンションを購入されて、ご入居前の家具の設置とのことでした。
内装を拝見するまでは、おおよその寸法などK様から頂いた情報を基に想像でのお打合せでした。

テレビボードを設置する幅は約5m。
上の図は現地写真を拝見する前の初回のご提案です。
5mのテレビボードに間接照明をつけてタイルを・・・というご要望でした。
下の図は現地写真を拝見してからのご提案です。
実際は梁がかなり低いところまで下がっていて、5mもの間口だと余白が多過ぎるので縦に間接照明を入れたプランです。
下のプランで製作させて頂くことになりました。


事前に現地採寸後、製作期間を経ていざ取付の日。
右側にしかなかったコンセントから中央と間接照明の位置に配線し、キャビネットを設置していきます。


キャビネットの天板も1mmの隙間もない状態でピッタリ納まりました。
その上にテレビ背面の下地を造っていきます。
元々下地が入っていない壁でしたので、壁掛けテレビの取付や配線をする為でもあるフカシ壁です。
間接照明の光がこぼれる調度良い距離で造作しています。


2日目にタイルを貼って完成しました。
マンションで5mの幅はなかなかありません。圧倒されるスケール感です。


消灯するとこんな感じです。
テレビ面の壁は厚みの部分までタイルを貼り込むことで、見える印象が随分変わります。


点灯するとこんな感じです。
あえてテレビ面はシンプルに、その奥のタイルは光の陰影が映える凹凸感のあるタイルでメリハリをつけています。


元々ウォールナットをご希望でしたが、現地に伺ったときに床のタイルに映えるようダーク系で引き締めましょうということで、着色ウレタン塗装で仕上げています。


テレビを付けるとこんな感じでしょうか・・・。(テレビ画面はイメージです^^;)
大きく下がっていたシャンデリアもスリムな照明に変わって随分お部屋が広く感じられるようになりました。

そして、ダイニングテーブルも設置させて頂きました。
当初はキッチンの腰壁に対面してテーブルの造作をご希望でしたが、インターホンが動かせず断念。
置くタイプのテーブルをシーンに合わせて向きを変えられる方が・・・ともお伝えしましたが造り付けで収納もご要望でしたので、下のような形状で製作させて頂きました。


そして照明も悩ましいところでした。
天井がコンクリートなので電源を移設できず、またダクトレールを使用しても微妙な位置でしたので、色々な器具をご提案をさせて頂きました。


施工当日。何やら看板のような出で立ちの家具ですがどうなるでしょうか。


こうなりました。なかなかない形状ですね^^
リビングからの動線を妨げない丸い形状は、お孫さんが来られたときの危険回避と、丸い部分に二人座ることもできます。
テーブル下の空間は、カトラリーケースやランチョンマットを収納できて両面に6分割あり重宝して頂けると思います。
ガラス扉の下は、コーヒーメーカーや電子ポット、扉の中にはグラス類が収納できます。


リビングから見るとこんな感じです。照明の電源がテーブルの中心から離れているので、こちらの照明をお勧めしました。
コンパクトですが、天井面にダクトレールなども付かずいろいろな位置やアングルが自由自在に変えられます。


天板はマットなレザー調のメラミン化粧板、木部はウォールナットの無垢材です。
お手入れに気を使うこともなく、単色を用いることで木目も映える効果があります。
全て木目で仕上げるよりも、重たくなくこなれた印象になったような気がします^^

現地を拝見するまでとその後も、実物がないものを想像するのはなかなか難しかったかと思います。
K様、色々と大変お世話になりました。
またお引越し後のご感想を頂けると嬉しいです^^

間仕切りを兼ねたテレビボード

2020-3-31

前回の更新から1ヵ月。
たった1ヵ月前は臨時休校にそこまでしなくても・・・と内心感じていましたが、日々の状況の変化に唖然とするばかりです。
緊張感と思いやりを忘れずに、いまできることに集中して頑張っていきましょう。

お仕事の面では、トイレなどの設備機器が一時発注すらできない状況でしたが、ようやく発注受付がスタートしました。
反面、ヨーロッパからの輸入金物類が一部4月いっぱい入荷しない状況です。
特殊な器具類はお待たせする可能性がありますので、ご了承ください。

さて、遅くなりましたが、昨年からお打合せをさせて頂きましたS様の家具をご紹介致します。
ご新築マンションのリビングに合わせて、テレビボードと書棚、クローゼット、飾り棚・・・と様々な用途を兼ね合わせた間仕切り家具です。


初回のご提案図面です。
窓が多くテレビを取付ける壁がないこと。書斎スペースを設けたいけど圧迫感は解消したい。
などからテレビボードを兼ねた家具で空間を間仕切りたいというご要望でした。
大画面テレビが設置できる壁量と通路幅の確保、難しい条件に答えが出るまで随分お時間を頂きました。


その後、ある程度フォルムが決まりましたが、私も同じ物を製作したことがないのでパースにして仕上りの確認です。
テレビを壁掛にした時に斜めから見た飾り棚が画面を干渉しないか、書斎側に設けたクローゼット扉とタイルの納まりなど・・・。
S様へのお伺いはもちろんですが、自分が仕上がりを確認する為の作業です。
テレビ画面を干渉しない下の寸法で、製作させて頂きました。


いよいよ設置の日。何もない空間にドシンと設置していきます。
テレビコンセント類を家具に組み込む作業からです。


下台と、テレビが取付く壁を設置しました。
タイルは予め、納まりが難しい部分だけ工場で貼っておきました。


こちらは書斎側です。右奥に見えている柱のような筒状の箱は壁掛けテレビの配線ルートとなります。


上部に収納が乗り、飾り棚を設置しました。なかなかない形状です^^


そして書斎側はこんな形で仕上がりました。
窓側には同じ素材でデスクを設置しています。


手前の扉はコート掛けになっています。
リビングからまわり込んですぐの場所に便利なクローゼットです。
奥の棚は書棚、下は大容量の引出になっています。


飾り棚の納まりとバランス、ぐるりと貼ったタイルが美しく見える決め手になっています。


テレビ側も充実した収納量です。上部はプッシュオープン式のフラップ扉になっています。
テレビが付いた状態を拝見できませんでしたが・・・と掲載する予定でしたところ、S様がお写真を送って下さいました。


テレビ画面が予定通りにピッタリ。飾り棚にも素敵に飾って下さっていました。


書斎側は・・・特等席にどなたか座ってらっしゃいます^^
最高のプライベード空間ですね!
コンパクトに必要なものが集約されていながら閉塞感がない、理想的なこもれるお部屋のような気がします。

S様、この度はご相談頂き本当にありがとうございました。
ご家族の新生活を心より応援しております。

シックモダンな大人のテレビボード

2020-2-24

随分お久しぶりの投稿になります。

昨年からお打合せしておりましたK様のテレビボードをご紹介させて頂きます。
3.3m程の幅があるリビングの壁面に、以前はスタンド型のテレビと高さの異なる家具を置かれていました。
画面の大きなディスクトップパソコンを頻繁に使用されるとこのことで、その他の機器もスッキリ見えるようにとのご要望でした。

まずはフォルムのご提案。
吊戸棚とテレビボードだけですと余白が多い反面、両サイドに収納を設けると圧迫感が・・・とのことで、Bをベースに具体化させて頂きました。

ある程度、フォルムが固まってきた段階で素材をご検討頂きました。
色はダーク系の木目、タイルもグレー系をご希望でした。

左の2枚はメラミン化粧板です。
色味はこのくらいの濃い色をご希望でしたが化粧板特有の反射が気になられるとのことで、右のウォールナットに着色ウレタン塗装を施す方向でサンプルを作成致しました。
天然木は樹種の特徴が一番活きるクリア塗装が多いのですが、素地の色だけですとインテリアの表現力としてはやはり限られてしまいます。

タイルに合わせるとより印象の違いが分かります。
下の素地のウォールナットに合わせると少しカジュアルに、上のダークトーンに合わせるとシックに、合わせる色味でタイルの印象も違って見えるから不思議です。
逆もしかりで、同じ扉に合わせるタイルが違うと印象がガラリと変わってきます。
だからインテリアは人それぞれ、自由で無限で楽しいんでしょうか^^

家具の取付の前に、下地工事をさせて頂きました。
コンクリートの壁なので騒音対策で梁と床の間に柱を立てます。こうすることで壁掛テレビの配線ルートも確保できて家具の取付がスムーズです。

5cm程手前に出てはきますが、予め電気の配線とクロス工事も同時に出来て騒音も抑えられました。


2週間後、いよいよ家具の取付です。
全く分かりませんが、先日ふかしておいた壁に取付けていきます。


吊戸下には間接照明のテープライトを仕込んでいきます。
カバーをするのでテーブライトの粒感もほぼ気にならず、収納にも影響なく最小寸法で抑えられます。


下地工事から二日目、家具の設置が終わりました。
家具だけでも以前より随分広く感じます。


最終日、タイルを貼っていきます。


タイルの割付けに合わせた両サイドの棚。
無駄な金物が見えないインロー式でタイルを貼りながら設置していきます。


テレビ、モニターを設置して無事完成しました。更に広く、すっきりとしてとても心地良い空間になりました。


充実した引出し収納は全てレールが見えないプッシュオープン式です。


両サイドは2段の引出ですが、中央は機器類の為に開き扉になっています。
ダミーの目地が繋がっているので、より幅広く見える効果があります。


テレビボードの間接照明は下からのアッパーライトを採用することが多いのですが、スピーカーや機器類で光が干渉されるので、今回は吊戸下に設けました。
光の量と、光の色を調節できる調光調色機能がついているので、様々なシーンを楽しんで頂けそうです^^


K様がご準備されていたパソコンのモニターアームをお預かりして、予め可動域を確認させて頂きました。
正面に向けた場合と右側面に寄せた場合。


実際はこんな感じで納まりました。右側の棚1枚はアームに干渉しそうで断念して頂きました。
自由に取り回しができそうですがどうでしょうか。


モニターアームの小さなデスクはキーボード用ですが、ソファーのサイドボードとしても配置を自由に変えてご利用頂けたらと思います。
明るい昼間の撮影でしたが、夜は間接照明だけの演出もとても素敵かと思います。
シックでモダンな大人の空間。
素材や機能性にこだわって頂いて、そしてお打合せも楽しんで頂いて、こちらもとても遣り甲斐があり楽しませて頂きました。
また感想などお聞かせ頂けると幸いです。
K様、大変お世話になりました。これからもよろしくお願い致します。

ページトップへ