デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ほっこり温もりのあるオークの壁面収納

2021-1-9

娘の書初めの宿題に便乗して、今年はそれぞれ願望を書にしてみました。
筋力増強・プラス思考・工場新築・人材募集などなど笑える目標から切実な願望まで。
結果、まとめて我が家の目標は・・・

となりました。一年間、肝に銘じて頑張りたいと思います。
2021年もどうぞよろしくお願い致します。

新年最初のお届けは、N様の寝室に設置するデスク兼壁面収納でした。
昨年お届けできず雪の日の昨日となってしまいましたが、雪道を滑りながらも無事お届けできました。
早速ご紹介させて頂きます。


寝室の壁面に天井いっぱいまでの収納を造り付けていく前に、手前で全て組み立てていきます。


上台が乗りました。


梁をかわした右側にも収納を連結しました。これから全体を壁面に押しやります。
一つ一つ壁に取付けていけば簡単なのですが、2つの理由でこんな組み立て方をしています。


1つは電気配線。デスク上にコンセントや照明を組込む為の電気配線を予め家具内に通しています。


もう一つは、側面に家具の継ぎ手を見せたくない為です。
その時々の納め方によって、組み立て方を変えて製作をしています。


完成しました。
ほっこり温もりのある框扉の壁面収納です。
床材に合わせてオークの板目がとっても映えて、愛おしく思えるほど私たちも大好きな家具になりました。


少しでも温もりを感じるようにというN様のご要望で、蒲鉾型の丸みのある框扉をデザインさせて頂きました。
形状によって格調高くもクラシカルにもエレガントにも魅せられる框扉ですが、丸みを帯びることでほっこり愛らしく品のある雰囲気に仕上がりました。


余談ですが、この框は無垢材を製材してトリマー2回、水拭き、ペーパー、など5工程を経て形にしています。
角の留め方など、技術の要る作業になります。


N様に選んで頂いた真鍮のつまみです。
つまみ一つで家具の雰囲気がガラリと変わりました。相乗効果で木の魅力が増したような気がします。


デスク上部にはコンパクトなLEDライトを。
天板のスイッチで入切できて、卓上で使えるコンセントも設けています。


小さな引出しにはアクセサリーを収納されるということで、扉の裏にミラーを。
ちょっとしたことですが、あるととても便利です。


ほっこり温もりのある中にも繊細さを表現できるよう、扉の框(フレーム)と同じ厚みと形状で、天板を製作させて頂きました。
ディテールの違いで受ける印象が変わるので、とても大事な部分です。


まだご新築マンションが着工前の段階でお声掛け頂いてちょうど一年。
想像でしかなかった家具がようやく形になってお届けができました。
当初はウォールナットのフラットな扉で形だけのご提案でしたが、N様にお会いして実際の空間を拝見して、この形になりました。
どこにもない一つだけの家具。
天然木や真鍮の経年変化と共に可愛がって頂けるととても嬉しく思います。
N様、今後も末永くよろしくお願い致します。

壁面いっぱいの充実収納

2020-12-25

クリスマス、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ボクは爪の手術で傷口を舐めるからってカラーをさせられたんだ。

でもこれ小さいから爪まで届くんだよね。そしたらそれがバレて・・・。

こんなに大きなのさせられてたんだよ。お姉ちゃんの下敷き使ってアンテナみたい。
2週間もしてたけどこの前やっと外れたんだ。そしたら今日サンタのお母さんがご褒美くれたよ。
みんながしてるマスクもいつかしなくて良くなるといいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すっかりブログの更新を怠り、気付けば今年もあとわずか。
ご提案も製作もお待たせしている状態が続いておりますが、出来る限りお役に立ちたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

先日施工させて頂きましたS様の家具をご紹介致します。
内装リフォームはS様ご贔屓の業者さんで、こちらは設計と造作家具でお手伝いさせて頂きました。
築43年のマンションのリビングと洋間をひとつながりにして一面いっぱいの収納に。
そしてキッチンも配置を変えて新しく製作させて頂きました。


こちらはリビングに入ってすぐの壁面です。
壁を隔てて左側には衣類メインの洋間がありました。


解体後、リビング入口からのアングルです。
洋間との壁が撤去されて6.5mの壁が奥まで見渡せるようになりました。


奥はクローゼット、手前はテレビボードと書棚。収納力抜群の壁面収納に生まれ変わります。


完成しました。明るく爽やかな白い壁面収納。
天井いっぱい埋め尽くされていますが、圧迫感はなく以前よりも随分広く感じます。
クローゼット内の凹んだ部分は猫ちゃんのトイレスペースです。

キッチンも随分変わりました。

以前は1.5mのミニキッチンで収納がなく閉塞感がありました。


今度は向きを変えて、左の壁面にキッチンを配置します。
2.1mのキッチンですが、コンパクトシンクで出来るだけ作業台を広くというご要望が既製品にはないので製作させて頂きました。


すっきりとしたスタイリッシュなキッチンです。
壁面収納とは違うダークグレーで引き締めることでメリハリのある空間になりました。


シンク上のステイリフト扉。グラス類の収納や調味料に便利です。


金物をつけず同色で引手を掘り込んでいるので、よりスマートに感じます。


コンロ下はフライパン類の収納と別に、蓋類など浅い物を収納して頂けます。

玄関にも収納がつきました。

以前は収納が足りず、また既製品ではサイズの大きなご主人様の靴が納まらないというお悩みでした。


撤去した状態です。奥に柱と下がり壁など凹凸が目立ちます。


収納が取付きました。
通常より奥行きを深く確保しましたが、心配していた圧迫感は全く感じません。


奥の柱部分は奥行きの浅いオープン棚に、その下は傘掛けにして凹凸を隠しています。


土間部分の収納は底板を設けずにブーツ収納のスペースとさせて頂きました。
通気性もよく、棚の高さを変えればどんな靴でも融通が利きます。


玄関を開けるとリビングまでずっとつながる壁面収納になりました。
玄関はやさしい木目でふんわり、リビングは爽やかでマットな白で広さと清潔感を。
扉を介して雰囲気を変えることで、ご帰宅時にほっこり温もりを感じて頂けると嬉しいです。
S様、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願い致します。

メール通信環境のお知らせ

2020-10-20

来週中旬まで設計デザイン担当の私(高瀬まみこ)が入院の為、大変ご迷惑をお掛けしております。
いつでも対応ができる様パソコンを持ち込んでおりますが、WiFi環境が安定しておらず受信できない場合があるようです。

お問合せ頂いて、お返事が出来ていないお客様がいらっしゃいましたら、大変お手数ですがお電話を頂けないでしょうか。

092-400-7667

こちらから折り返しご連絡をさせて頂きます。

あと一週間程、ご迷惑をお掛け致します。
一日も早く復帰できるよう努めますので、どうぞよろしくお願いいたします。

デザインコンパス 高瀬まみこ

充実のユーティリティー(洗濯室)

2020-10-6

完成しましたN様のユーティリティーをご紹介します。
以前は収納庫として使用されていた個室を、洗濯専用のユーティリティーとさせて頂きました。
洗面所にあった洗濯機を移設し、そこに雑巾や靴など思いきり洗えるマルチシンクを設け、空いたスペースに収納を・・・というご要望でした。


既に左奥に洗濯機、右奥にマルチシンクが設けられている手前に家具を設置していきます。
細長い部屋は効率よく収納スペースを設けられる反面、物の居場所をつくってあげないと煩雑となりがちです。
ここでどんな作業をして、どんな物の居場所にするか、入念に打合せをさせて頂きました。


スペースを最大限利用して収納を納めていきます。


完成しました。爽やかで清潔感のあるユーティリティーです。


洗濯機の横にはすぐ取り出せる洗剤用おオープン棚。
作業台は物を置く用途もありますが、上部の奥行きを控えて広く見せる効果があります。
下の空いた引出しが気になりますが・・・


こちらは手洗い洗濯用の干し台です。
セーターなど、ハンガーに干すと形が付くし・・・広げておく場所もないし・・・乾かないまま置いておくのも・・・
というお悩みを解消するために製作させて頂きました。
上下の通気性が良いので、全開に引き出して扇風機や除湿器をかけておくとより効果的かと思います。

そして隠しアイテムがもう一つ。
左手前の浅い引出しを開けるとアイロン台が仕込まれています。
手前に引出して、右に起こすと長いアイロン台の登場です。
立ったまま楽にアイロン掛けできて、何よりアイロン台を運んで収納するという手間が要りません。
これなら溜め込まず気軽にアイロン掛けができそうです。


湿度を調節してくれるエコカラット、手元を明るく照らしてくれるダウンライト。
どちらも機能的で大変便利なアイテムですが、それ以上に気持ちに豊かさを与えてくれます。
出来ればしたくない面倒な家事ですが、ハミングしながら楽しく出来ると良いですね^^
良い気がたくさん流れますように~


※この場をお借りしてお知らせです。
私事で大変恐縮ですが、昨年怪我した膝の治療のため3週間程入院をさせて頂きます。
その間お電話が繋がりにくく、またメールのお返事も少し遅れるかと思います。
お打合せ中や製作待ちのお客様には大変ご迷惑をお掛け致します。
パワーアップして参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ホテルのようなトイレ空間

2020-9-24

N様のトイレ空間をご紹介させて頂きます。

以前は廊下から段差があり、水洗いができるよう勾配がついたタイルの床でした。
なかなか水をかけることもないですし、スリッパに引っ掛からないよう扉を外開きにしましょう。
ということで、床を上げてのバリアフリー工事や天井の掘込みなど、猛暑のなか大変手間のかかる工事を工務店さんにして頂きました。


天井の掘込みは間接照明を仕込むためです。大工さん、本当にありがとうございました!


床は大理石調の磨きタイルで立上りまで貼って頂きました。
N様のホテルのようなトイレに・・・というご要望で、素材からセレクトさせて頂きました。
左側の家具は宙に浮かせて設置していきます。
白いクロスと磨きタイルで充分素敵な空間になっていますが・・・。


完成しました。白い空間にダークな木目の家具がグッと締まります。
左側、ミラーの上下は白いタイルで爽やかに。


右側はマットなグレーのタイルで趣き深く。
左側と同じく調光式の間接照明を仕込んいますが、当たる面が違うと印象がずいぶん違います。
落ち着きと土のような温もりを感じます。


床と壁で艶感が違うので組合せ次第では違和感がでることもありますが、白い磨きタイルのグレー模様と壁の色をリンクさせることでまとまりました。
全体が磨きタイルでも高級感があって良かったとは思いますが、ふんわりと落ち着く空間にしたかったので色使いに工夫させて頂きました。


手洗いカウンターはさりげなく入った筋雲のような模様とパールの質感。
家具や器具類も全て形はシンプルですが、それぞれ上質な質感が空間の印象をつくります。


家具だけでは空間づくりに限界がありますが、光や素材が合わさることでそれぞれの持ち味が最大限に発揮されると思います。
照明メーカーさんからは「公共施設ですか?」と言われましたが(苦笑)、調光器で光の量を調整できるので就寝中のトイレなどその時の気分で居心地を変えることが出来ます。

短時間しかいない空間ですが、必ず毎日何度か過ごす場所。
その都度気持ちを~リフレッシュ・リラックス・リセット~して頂けたら嬉しく思います^^

 

ページトップへ