デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

スッキリ!モダンなダイニング収納

2022-1-19

先週は二日に渡り、Y様宅へ今年最初の家具をお届けしました。
一昨年にもリビングの壁面収納を造り付けさせて頂きましたが、今回はダイニング周りです。
前回とはテイストを変えて、でもY様のこだわりはたっぷり取り入れて製作させて頂きました。

 

ダイニングのお悩みはマンション特有の梁の凹凸によってピッタリ合う収納が設けられないこと。
ご要望は、梁の存在をなくす壁面収納と、インテリアに合うダイニングテーブル、
そしてキッチン天板下の空いたスペースの収納と、写真の赤枠部分にお酒を飾るボトルショーケース。の4つでした。


フォルムは比較的早くに固まりました。
大型テレビを囲うように引出し収納と長物を収納できるトールキャビネット、グラスを飾るガラスディスプレイ、梁を覆う上部収納を設けます。
難しかったのは素材選びでした。
壁面収納とダイニングテーブルがリンクしつつお互いを引き立てる色使い、少し離れた場所にある焼酎ボトルケースのインパクトの強弱。
ご提案に少々悩みましたが、波状の扉や麻の葉柄の素材など、メインとなる部分を「これ!」と即決して頂けたので周辺の素材も自然と決まりました。
右側のカラーバランスでY様だけのオリジナル家具、とっても楽しみです。

年をまたぎ、製作期間を経ていよいよ施工の日。

窓側にあったコンセントやテレビの同軸ケーブルを移設して、キャビネットを設置していきます。


設置面がコンクリートの壁なので、テレビの背面は壁をふかしてコンセントを設けます。
素材の違うバックパネルを設置予定です。


梁の形状に合わせて吊戸棚も凹凸のある形状で製作しています。


窓枠が干渉する部分。
既製品であれば太いコーキングかフィラーで隙間を埋めることになりますが、設置後に本体と同じ化粧材を後から貼ります。
こんな納め方も手間がかかりますが、美しく見える大事な部分です。


隙間が埋まり、バックパネルも設置しました。段々と完成が見えてきました。


扉を設置して完成です。
以前の梁の凹凸を全く感じないスッキリとしたダイニング収納になりました。


奥様に即決して頂いた波状の扉。
白にしたいけどシンプル過ぎるのも・・・ということでご提案をさせて頂きました。


余談ですが、いつもの海散歩でも同じ柄に出会えます^^
風がつくった自然の砂浜がモチーフ。と思うとまた奥深く見えてきそうです。


引出しはプッシュオープン式。
一見深い引出しに見えますが、上部には内引出しを設けています。
ダイニングテーブルのすぐ横なので、筆記具や衛星用品など仕分けがしやすく便利です。


グラスホルダーやガラスの棚はライトアップしてい見せる収納に。
全てが面材の扉よりも、抜きが出来て全体が垢抜けて見えます。


トールキャビネットは可動式の棚で融通が利くように。
ヨガマットなどの長物や、将来スティック掃除機を収納できるようコンセントを設けています。


上部の収納は全て下から上へリフトアップする扉です。
全開すると全てがスッキリ見通せます。
梁の関係上、棚の上下で奥行きが異なりますが、カセットコンロなど薄い物の収納に利用できそうです。

2日目は、キッチン周りを造作します。

以前は利用できていなかったキッチンカウンター下に収納を設置していきます。


まずは焼酎のショーケースから。
動線が行き交う場所なので、両サイドをカーブの形状で製作しています。


キッチンカウンター下にも収納を設置しました。
左下の台輪部分にはコンセントを増設しています。


扉がついてスッキリ、完成しました。
カーブの面とフラットな扉が奥まで続くので、以前より随分広く見えるようになりました。


焼酎のボトルケースはY様たってのご希望でした。
上は五号瓶、下は一升瓶が入るようにギリギリの高さで調整させて頂きました。
白いフォルムに焼酎が入るので、少し和の要素を感じられる遊び心をということで、麻の葉柄を。
そして焼酎が綺麗に整列できるようにボトルホルダーもご要望頂きました。
形状もかなり悩みましたが、木目が透けて見えるグレーの染色塗装で引き締めました。
さぁ、お酒を並べたときにどう見えるでしょうか。ドキドキします。


キッチンやダイニングの動線にも邪魔にならず美しく納まりました。


ダイニングテーブルもセッティングしました。
真っ黒でよく見えませんが、通常のテーブルより4cm程低く、引出しを交互に設け、ディテールにもこだわっています。


爽やかな白い空間に黒いダイニングテーブルが良い引き締め役になりました。
壁面収納のカウンターの厚みを10mmにしたこともメリハリが出来て好バランスでした。

一緒にセレクトさせて頂いたダイニングチェアーや焼酎のディスプレイを拝見できなかったのですが、後日お写真を送って頂きました。

ラグも敷かれて仕上り時よりもとっても素敵な空間になっていました。
お仕事の打合せもされる場所とのことでしたので、カジュアル過ぎず落ち着いた雰囲気のダイニングをイメージしていましたがピッタリでした。
モダンだけど良い意味で肩肘張っていないところがよりオシャレに見えます^^


そしてそして心配していたボトルケース。
こんなにたくさんの銘酒が並んでまるで酒造店のギャラリーのようです。
最初にご要望を伺ったときは「ここに焼酎ですか・・・」と私自身すぐにイメージが出来なかったのですが、白い空間でも背面を一工夫したことでとても素敵なスペースになりました。
Y様の一言があったからこそ生まれたオリジナルの家具です。

一昨年のリビングに引き続きダイニングと少しずつお部屋が素敵になっていく様子を伺えてとても嬉しく思います。
物の居場所が出来たからでしょうか、収納力が大幅にUPしてお部屋が随分スッキリしましたと嬉しいコメントを頂きました。
Y様、昨年からとても楽しい時間をありがとうございました!

今月はお届けが続きますが、感染対策に気を付けてお伺いしたいと思います。
お待ち頂いているお客様、どうぞよろしくお願い致します。

デッドスペースの有効利用

2021-12-28

こちらも施工時にご紹介できなかった例です。
使えていなかったデッドスペースを利用した隙間収納も施工させて頂きました。
まずはキッチンのデッドスペースから。

L型やコの字型キッチンのデメリットはコーナー部分の収納が使い辛いこと。
N様のキッチンも開き扉を開けると2段の回転棚がありましたが、グラついてあまり利用できていませんでした。


新しく取替えました収納棚。初めて使用するのでドキドキします。
まずは扉を開けて・・・


ひょうたんのようなバーバパパのような、面白い形の棚が出てきました。
これだけでも充分前に出てきていますが、


前に出てきた後、右に弧を描くように全開しました。
動画でアップ出来れば良いのですが、本当に滑らかにそして想像以上に大きく前に出てくるのでとても取り出しやすそうです。
コンロの前に立ったまま鍋をすっと取り出せてとても便利になりました。
こんな歪な形、日本ではとても商品化しそうにありませんが、動線と最大利用を考えた結果の形なのでしょう。
技術大国ドイツの商品は本当に優れている物が多く、さすがです。

 
取っ手が場所を取るフライパンや雪平鍋、土鍋など、こんなにたくさん収納できました。
使えていなかったデッドスペースに、主役級のアイテムを楽に収納できると毎日の家事が劇的に変わりそうです^^

そしてもう一つ、インターホン周りの家具も製作させて頂きました。

元々の家具とラインが揃わずまばらに付いているインターホンやスイッチ類。
電話や充電器のコードも気になるところでした。
全てを綺麗に移設してしまえば良いのですが、壁を破って大掛りなうえ、空いたスペースも気になりそうです。


そこで、隙間を埋めつつ収納としても有効利用できるような家具を設置させて頂きました。
リビングに入ってからの動線を邪魔しない形状で、且つ既存の家具に馴染むよう、上と下と奥行きを変えて製作致しました。
コンセントも上下に増設して、出来る限り配線が見えないような工夫もしています。


小さなスペースですが、携帯やiPadの充電ができるように奥にコンセントとUSBの差し込みを増設しています。
スライドカウンターになっているのでほんの少し手前に引き出せます。

  

3段の引出しは、それぞれ収納するアイテムに合った仕切り板を設けています。
ダイニングチェアに座ったまま振返って取り出せてとても便利と仰って頂きました。
かと言って、既存の家具より奥行きを控えているので圧迫感なく使って頂けています。


当初は下台だけの予定でしたが、ガラス扉の吊戸棚を設けたことで空間が間延びせず一体感が生まれました。
あえて扉をなくしたことで圧迫感が解消されて抜きが出来た気がします。

リフォームは新築と違い、今ある物を活かしたり条件にあわせる難しさがあります。
でもだからこそ生まれる唯一無二の空間が出来たりするので、やり甲斐のあるこの仕事が大好きです。

今年も色々なことに挑戦させて頂けて、本当にありがとうございました。

多目的なトイレ空間

2021-12-27

走り抜けた一年、今年も大変お世話になりました。
お届け後にブログにアップできませんでしたお客様の家具をご紹介させて頂きます。

一昨年からお世話になっていますN様のトイレ空間を演出させて頂きました。
主に息子さんとご主人様が使用されるとのことで、1階とは違う何か斬新な案を考えなくては・・・
と思案していたところ、いくつかヒントを頂きました。
 
まずは手洗いを設けることと収納の改善、そしてよくスポーツ雑誌を読まれるとのことでした。
それでは天井全面をサッカーのフィールドにしては!?と安易にお話しを持ち掛けましたところ案の定、息子さんに一蹴されたのは言うまでもありません^^;
ホテルのようにオシャレで落ち着ける空間にということで、ご提案をさせて頂きました。


ベースはシックに落ち着いたトーンで、雑誌やアートパネルが映えるような色使いを意識しました。
窓周りの余白を利用してブックスタンドを設けてスッキリと見せたいと思います。
よりアートパネルが映える上の色使いで製作させて頂くことになりました。


家具以外の工事はN様が長年お付き合いのある業者さんに施工して頂きました。
こんな面倒なベース工事も快く施工して頂き本当に有難い限りです。
手洗い用の給排水や間接照明の配線、壁の下地工事、床のタイルなど、狭い空間でも盛りだくさんの工事内容です。


家具の施工も2回に分けて入らせて頂きました。
壁が完全な直角ではないので、旗竿型の天板を窓枠に合わせて納めるのはとても苦労しましたが何とか入りました。
手洗いには深すぎる奥行きも手前に壁を造作し、上の収納は奥行きを目一杯使って頂く予定です。


完成しました。
ホテルのレストルームのように幻想的で落ち着いた空間になりました。
雑誌やアートパネルがなければ少し殺風景に感じますが、ディスプレイをして初めて完結する空間です。


見せたくないゴミ箱は扉の中に収納して、天板の上に投入口を設けています。


同じく丸い洗面ボウル。継ぎ目がなくスッキリしています。
オート水栓なので蛇口周りに水が滴ることなく衛生的です。
今は感染症対策で需要が高まっているようです。

トイレは他の部屋と比べてインテリアの優先順位としてはどうしても低く考えてしまいますが、毎日必ず過ごす空間です。
気持ちがリセットできたりリラックスできると今までとは違う特別な空間になると思います。
N様ご家族のお家時間がより充実したものになりますように、心を込めてお届けしました^^

ゆとりを活かしたリビングボード

2021-12-16

続きまして、A様のリビングボードをご紹介させて頂きます。
寝室と合わせてリビングボードも製作させて頂きました。
現地を拝見できる段階までは、頂いた平面図を基に図面上でご提案をさせて頂きました。

図面上では約5mもの広い壁面です。
長さを活かしつつ、間延びした感じがないようにA・B案、その後ご要望を頂きながら最終的にD案で製作させて頂くことになりました。


現地に採寸と色合わせでお伺いしました。
トールキャビネットは右側にと仰られていた理由が分かりました。
キッチンに近い位置にスティック掃除機を収納できる動線はもちろん、視線が奥へ向かうのでトールキャビネットは手前の方が広さを感じられそうです。
木天井に色合わせして素材も決まり、いざ製作です。


これは無垢材の格子扉とトールキャビネット横の格子です。
木天井にかなり色が近いメラミン化粧板で全体を製作しますが、格子部分は無垢材に調色をします。


ウレタン調色塗装後、すっかり装いを新たにして帰ってきた格子です。
パズルのように並べてバランスの良い位置を決めている楽しい時間です。
中央や上下に横桟が入った格子はよく見かけますが、こうしてランダムに入れることで垢抜けた印象になりそうです。
元々は、来客時のコート掛けを隠せたらと思っての格子でしたが、良いアクセントになればと思います。

いよいよ施工当日。
周り階段を上って2階のリビングへ、最大の難関でしたトールキャビネットが搬入できて一安心。
早速設置していきます。

ミリ単位でシビアに採寸した後、天井の凹凸に合わせて家具も加工しています。
小さな積み重ねが美しい納まりに繋がっています。

ローボードも設置していきます。
いつもは家具を設置後にタイルを貼っていきますが、タイルもコンセントも施工された状態での固定です。
ハウスメーカーさんの施工精度が良かったので、隙間も最小限で抑えられました。

さてさて今度は格子を取付けていきます。
表にビスや固定の跡を見せない為に、格子を加工してインロー式で1本ずつ固定していきます。

天井に角材を取付て、地道に差し込んでいきます。

初日が終了です。格子を固める為に、翌日までオペ中の状態です。

翌日、扉を付けて完成しました。

トールキャビネットの中は、スティック掃除機と、お手持ちの引出し収納が綺麗に納まっています。
こちらのサイズに合わせてキャビネットの寸法が決まりました。


一番右側はプリンター収納です。中のカウンターを手前に引出すことができます。


深い引出ばかりでは収納し辛いので、一部に内引出しを設けました。
文房具やリモコンなど浅い物の収納に便利です。


格子扉も美しく納まりました。


格子の裏には、コートハンガーを設けています。
持ち出しが30cmもあるので、数枚は掛けられそうです。


新しいテレビが到着していないそうですが、充分バランスの良いリビングボードになったような気がします。
トールキャビネットのミラーもA様のご要望です。
全面フラットの木扉よりも重たくなくこなれた印象で、何よりお部屋が広く見えます。
格子越しのタイルも好相性でした。


寝室と同じく、家具を設置する前よりも長さの目安が出来て空間がずっと広く見えるようになりました。
全面家具で覆われる収納よりも、意味のある余白がお部屋全体にゆとりを与えてくれるようで、時間がゆっくりと流れているようにも感じます。

ご家族の大切なシーンにご縁を頂いて大変感謝しております。
これからずっとA様ご家族の歴史に寄り添える家具でありますように・・・。
今後も家具共々、末永くよろしくお願い致します。

 

心休まるベッドルーム

2021-12-16

A様のご新築工事が後半に差しかかる9月頃、ご相談にお越し頂きました。
最初はウォークインクローゼット内に時計やアクセサリーなどのカウンター収納をご希望でした。
図面を拝見すると、クローゼットよりも隣接する寝室の方がゆっくりスペースが取れそうでしたので、ベッドの両サイドに充実した収納を設ける方向でご提案をさせて頂きました。

折角それぞれの収納を設けるのであれば、ベッドも一体化させた方が・・・ということで、
3.5mの壁面を活かすため、中央にクイーンサイズのベッドを挟んで両サイドのローボードの背面を立ちあげて一直線で繋ぐことになりました。
こうすることで、長さの認識ができてお部屋がより一層広く見えます。

壁面のクロスと間接照明は既に決まっていたので、木目やファブリックの色合わせはもちろん、高さのバランスも良いように検討させて頂きました。
背もたれのファブリックもステッチを変えることで印象が変わります。
クラシカルになり過ぎず、シンプルモダンな印象でということで、左下のイメージに決まりました。

奥様がご出産間近ということで、ギリギリまで全体のフォルムや色柄を絞って頂き、あとは現地でご主人様との最終チェック。

の予定でしたが、当初希望されていた中央の色柄を間引いてしまい、慌てて後日もう一度現地にお邪魔しましたのがこの写真です。
やはりワントーン落ち着いた中央の色柄で製作させて頂くことになりました。Aさん、その節は大変お騒がせしました!


いよいよ施工当日。
両サイドのボードは予め裏に配線を通しているので、コード類が表に一切見えません。


完成しました。両サイドのわずかな隙間はコーキングで全く気にならなくなりました。
足元の間接照明はA様のご要望です。読書灯じゃなくても良いですか?とお尋ねしましたが正解でした。
既にある壁面の照明とのバランスはもちろん、就寝中にどちらかの足元を点灯しても睡眠の妨げになりません。
お母さんにも赤ちゃんにも優しい光のような気がします。


そして、もう一つのご要望がベッドサイドのスライドカウンターにファブリックを巻いて欲しいとのことでした。
確かに通常ですと時計やスマホなど置く度に音がしますが、ファブリックがあることで自然と所作まで柔らかになりそうです。
ファブリックはヘッドボードと統一して、カウンターの奥には2口のコンセントが用意されているので挿しっ放しで使って頂けます。


ハンドルも壁面の照明に合わせてマットブラックの長方形をセレクトさせて頂きました。
ハンドル一つで全体のイメージが変わるので大事なアイテムです。


一日の終わりを落ち着いた空間で身も心も休めて頂けたら本当に嬉しく思います。
写真を見ている私までうっとり眠たく・・・なってしまう程リラックスしてしまいました。
家具だけでなく光や素材が相まって、A様らしい空間に近づけたような気がします。

次はリビングをご紹介させて頂きます。

ページトップへ