デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

チェリーの壁面収納

2018-9-30

以前、既存のカップボードの造作でご紹介させて頂いたT様。
本来の目的でしたダイニングカウンターと壁面の収納を製作させて頂きました。

最初にお伺いしたときは完全に壁で囲われた独立キッチンでした。
当初から、T様ご依頼のリフォーム店さんでこの壁を撤去すると伺っていましたが撤去後でないと採寸ができず、製作期間含めて随分お待たせ致しました。


壁が撤去されただけで、ダイニングの解放感が全く違いました。
奥に見えるのは以前製作させて頂いたカップボード周りの家具です。


シンク裏が丸見えの状態ですが、どう納まるでしょうか。
まずは巾木の中でコンセントを増設しながら設置していきます。


そして下台。
3m以上のカウンターが通ることで、サイズ以上に広がりを感じるといいなぁ。ワクワクしながら取付けていきます。


カウンターの高さはキッチンの立上りに合わせて設定しました。


本体が取り付きました。
図面上ではいつも完成しているのですが、やはり取り付いた状態は新鮮です。
見慣れていないせいもあるこの迫力が圧迫感に感じないといいけど・・・。扉が付くまでドキドキします。


完成しました。品良く納まった気がします。
まだ経年変化する前の明るいチェリー材が初々しくてどことなく照れているような印象を受けます。
愛する我が子が嫁いだような気持ち・・・完全に親バカですね^^;


当初はカウンターの上から天井まで全面収納の予定でしたが圧迫感を気にされていたので中間を抜くことに・・・大正解でした!
このカウンターが奥まで通ることで、リビングから見た奥行きと広がりに効果大です。


つまみもすごく大事なアイテムです。
カタログでは色味や感触が分からないので、老舗の金物屋さんに一緒に行って見て頂きました。
フットボールのような形状とこのくびれがシンプルながらエレガントでチェリーとの相性もバッチリでした。
きっと無難な丸いつまみだとまた印象が違ったはずです。


框扉にもこだわりました。
扉が多く一枚の大きさが高いので、框の幅や落し込みの深さのバランスを悩みました。
数ミリ違うだけで格調高い男性的な印象を受けたりもします。
また框の中のタケノコ柄の板目がきれいに中央にくるように贅沢な材料の取り方をしています。
シンプルで飽きがこず、品の良さを感じる計算されたデザイン(のつもり)です^^


後日、お邪魔した際に拝見させて頂きました。
完成直後よりも断然、家具が喜んでいるのが分かりました。
やっぱり何もない状態よりもこうしてT様らしさが加わったほうが数倍良く見えます。
普通は生活感を無くすことに目が行きがちですが、生活感は立派なデザインだと思うんです。
気兼ねなくたくさん使って可愛がって頂けると嬉しいです。

お会いした時から熱心に参加して頂けて、こちらもとてもやり甲斐がありました。
T様、楽しい時間をありがとうございました。
経年変化しながらご家族の時間に寄り添えられる家具でありますように・・・。
これからもよろしくお願い致します。








300回目のブログです。

2018-9-17

お陰様で、ブログを投稿し始めてから300回目になりました。
いつも見て頂いている方、マイペースな文章にお付き合い頂き本当にありがとうございます。
初めて見て頂いた方、緩くてすみません。

週一回の更新を目標にしておりますが、日々の業務に追われてなかなかご紹介できないお客様もあり、反省と新な決意表明をここにしたいと思います(苦笑)
「本当、しっかり頼むよ~。僕の出番も少なくない?」

宣伝部長のポッカ、草ばかり食べてますが元気です^^

さてさて、只今製作中の家具をご紹介します。

こちらはウォールナットの突板と化粧板を合わせたF様のテレビボード。
木目と単色、個人的にも大好きな組み合わせです。

無垢のつまみがアクセントになる予定です。
塗装をして扉がついた姿を見られるのが本当に楽しみです。

そして、こちらはT様のダイニング収納。

チェリーの框扉は初めて製作します。
無垢材で框組した中に突板のタケノコ柄がきれいに出るように、贅沢に材料を使っています。
框の幅や、框の中を何㎜段差をつけるかなど、細かくお打合せをさせて頂きました。

これはサンプルで製作した扉です。
オイル塗装して経年変化をするとまた風合いがでてくると思います。

どちらも近日中にお届け予定です。

現在プランニングのお客様ですが、来年3月頃まで予定している状況です。
プランニングと製作それぞれ一人で行っておりますのでキャパシティーが小さくご迷惑をお掛けしております。
家具の大小関わらず、手を抜かずに向き合っておりますのでご理解頂けると幸いです。

「ポッカポカ日和」共々、これからもどうぞよろしくお願い致します。

清潔感のあるカップボード

2018-9-13

N様のご新築のマンションに合わせてカップボードを製作させて頂きました。
マンションのオプションや既製品では、幅120cm、奥行き45cmの一般的なサイズの対応しかなかったようです。

頂いた平面図では、幅はあと15cm、奥行きもあと10cm近くも広く確保できそうでした。
キッチンでこの違いは作業性も収納力もかなり大きな違いがあります。
ご新築の方は特に、平面図を基にまだ見ぬ空間を想像しながらのお打合せになりますが、早めにお声掛け頂いたのでじっくりご要望を伺うことができました。


N様のご要望から3案ご案内させて頂きました。
一見、既製品でもありそうな形状ですが、高い天井高とN様のご身長に合わせた使える収納高さ設定です。
3番目の案をベースに、あとは現地を見てから色柄や寸法を決定しましょうということになりました。


ご新築の設計では冷蔵庫を手前に置く前提でコンセントが設置されていましたが、現地に伺うと勝手口側に置いた方が広く使えそうでした。
コンセントの移設や増設をしつつ、手前の壁に家具の出面を合わせることで製作させて頂きました。


製作期間を経て・・・
いきなり出来上がっておりますが、電気配線とここまでで半日以上かかっています(汗)
上部吊戸は頻度の低い収納、中間の収納は頻度の高い収納で奥行きを分けています。
天井高が高かったので、上の吊戸の奥行きのまま使える高さまで下げてくると圧迫感を感じますが、分けることでバランスを取ることができます。
間口と天井高のバランスによりますが、最近ご要望の多い形です。


ようやく完成です。
中間にエコカラットと照明を取り入れることで、インテリア性がアップしました。


リクシル製のキッチンでしたので全く同じ色の扉にすることはできませんでしたが、まるで合せたようでした。


斬新なデザインではありませんが、落着きがあって飽きがこず長く使って頂けるインテリアとしてのカップボード。
清潔感とふんわりとした上品さもあるN様らしい空間になったような気がします。
毎日の家事とリラックスの時間のお役に立てると嬉しいです^^

ラグジュアリーな洗面室

2018-9-3

昨年末からお打合せを進めてきましたR様の空間づくり。
予定していた中では最後の家具を納めさせて頂きました。

こちらは以前の洗面台。右側の堀込棚にタオル類の収納がありましたが、壁を撤去して間口を50cm程広げられました。


間口2.2m程のスペースいっぱいに設置していきます。


上部は奥行きの浅いミラーと両サイドの深い収納です。
当初は全てをミラーにする予定でしたが、使える高さに収納をということでデザインを損なずに変更させて頂きました。
確かに引出しではなく棚に向いている収納物も洗面室にはたくさんあります。


タイルは本体が設置されてからご検討頂いたので完成が遅くなりました。
ゴールドのラグジュアリーなガラスタイルです。




完成しました。横にスパーッと流れるライン照明がより広がりを感じさせてくれます。


天板は、川の流れを模したリバーパールという名称の人工大理石です。
洗面ボウルへ滑らかにつながる肌ざわりがとても心地良く、お掃除の手間が省けます。
洗髪をされるということで、シャワー水栓がミラーに干渉しない高さ、そしてタイル面積のバランスの良い所で設計させて頂きました。


照明のスイッチと、ドライヤーの際のコンセントはさりげなく家具の側面に。
折角のタイルが損なわないよう、また一歩移動が必要な壁ではなく手元で手軽に操作できる位置です。


扉はリビングのサイドボードに合わせてサペリの天然木突板です。
リビングとは違い、床に接する蹴込み部分をステンレス調にすることで抜きが出て清潔感も感じられます。
ハンドルもエレガントなリビングの形状とは異なり、横のラインを強調したシャープな物をセレクトさせて頂きました。


写真には写っていませんが、天井のダウンライトは演色性と彩度が高く顔映りの良い照明を用いています。
天井だけですと顔に影が出来てしまいますが、鏡下の間接照明が天板に反射してダウンライトの影を解消してくれます。
浮遊感を感じるムードづくりだけでなく、見えない役割をしっかり果たしています。

光とクロスやタイルなどの異素材を取り入れることで、家具だけでは限られる空間が羽が生えたように華やいで見えます。
機能性と気持ちに作用する空間づくり。
たくさんのことをさせて頂いたR様に感謝しつつ、また新しいことにチャレンジしたいと思います。

トイレの空間づくり

2018-8-20

朝晩が少しだけ過ごしやすくなってきました。
残暑お見舞い申し上げます。

今年の夏は流石の暑さで宣伝部長のポッカも体調を崩してしまいました。
後ろ姿に哀愁が漂っていますが完全復活。もう大丈夫です!
夏後半、私たちもエンジン全開で取り組みたいと思います。
(プランニングと製作共にただいま少々お待ち頂いている状況です。ご迷惑をお掛け致します。)

お盆前に完成致しました、R様のトイレ空間をご紹介致します。
トイレは工務店さんの管轄でしたが、手洗いの造作と内装のコーディネートをさせて頂きました。
1、2階それぞれのトイレは、1階にパイプスペースの柱がある以外、窓の位置や広さは殆ど同じ条件でした。

▲1階のトイレ。右側に手洗いがある横にパイプスペースの柱があります。


▲2階のトイレ。1階よりパイプスペースがない分、手洗いカウンターが広く設けられています。

1、2階共通のご希望が、一面にエコカラットを貼ることと、窓の黒いサッシを目立ちにくくすることでした。
エコカラットはマットな質感がお部屋に馴染みやすいタイルですが、その自然な質感のためにテイストが限られてしまうという点がありました。
同じ空間だからこそ、印象を変えて変化をつけたい。
家具と照明、壁紙とタイルを用いてシックだけど全く違う空間を演出させて頂きました。

1階のトイレです。

当初は手洗い収納の下から床を照らす幻想的な照明を計画していましたが、本を読まれるとのことで、壁を上下に照らす照明と天井からのダウンライトに変更させて頂きました。


分厚い天板と宙に浮いた収納扉、間口いっぱいのミラーで横のラインを強調しました。
2階と異なり、天板に水撥ね防止の立上りをつけていないのもそのためです。


奥行きが30cmと少ないですが、自動水栓で無駄がありません。
壁のエコカラットは光があたることで陰影が映えます。

そして2階のトイレです。

こちらは雰囲気を変えてエレガントな要素をプラスしました。


天井を照らす間接照明と、ミラーと飾り棚を照らすダウンライト。
直接照明ではなく間接照明で雰囲気づくりをさせて頂きました。


便器に近く、開き扉では全開しない為、収納にも工夫させて頂きました。
手前は横にスライドする扉、一番奥は引出して横から出入れする収納です。
スライド収納は最近メーカー品でも目にしますが、横からの引出し収納はR様だけのオリジナルです。


開閉方法でやむを得ず付けることにしたハンドルは、エコカラットの縦目地に合わせたデザインをセレクトしました。
扉はさりげなく光沢のある和紙模様が入っています。


写真では分かりにくいですが、天板はホワイトオニックスという流れ模様の人工大理石です。
1階と違い、タイルに縦溝があるので立上りを付けています。


照明をつけていない時の静寂とした雰囲気も好きです。
黒いサッシが目立ちにくいアクセントクロスとエコカラット。
1、2階で使った素材は似ていますが、それぞれスタイルを変えて違う印象になるように表現させて頂きました。
サンプルを片手にああでもないこうでもないと色合わせに回ってようやく形になりました。
リビングとは少し違うトイレの空間づくり。
ただ落ち着けるだけじゃなく、静かな高揚感もプラスできていたらいいなぁと思います^^








ページトップへ