デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

木・石・光・・・素材がつくるリビング空間

2020-11-19

完成後、2ヶ月以上も経ってしまいましたがN様のリビングをご紹介致します。

以前は下台のみの造り付け家具が置かれたリビングでした。
手前に間仕切り建具があり、ダイニングキッチンとも仕切られた別の空間のような印象でした。


着工後、寝室からリビング、ダイニングキッチンまでひとつながりにフローリングが貼られただけで随分空間が変わってきました。


当初はソファーの配置からテレビ画面を左に寄せて横のラインを意識したご提案でしたが・・・
お打合せを進めるうちにホームシアターのお話しがあり、スクリーンをどう組み込むか改めてご提案させて頂きました。

上はスクリーンを家具ではなく天井に組込むパターン、下は家具の中に組込むパターンです。
ソファーからスクリーンの距離と、テレビ画面の高さ設定から下のプランで製作することになりました。

ご発注頂いてから一番悩んだのは色です。
ウォールナットの天然木の床に調和する壁面の石は最初にすぐ決まったものの、それに合う家具の扉をどうするか。

左上が石のサンプルです。
荒々しい石に調和する木目が活きた家具にしたかったので、木目の道管に黒を入れて(目黒塗装)その上に着色しています。
最近はフローリングなどで道管に白をいれた目白塗装はほっこりした雰囲気で人気がありますが、黒を入れることもあります。
石の明るい部分に合わせると右下のグレーになりますが、その上の色も塗りつぶし感が出て何となく安っぽい印象でした。
当初のイメージとは違いましたが、左側の茶系に寄せた重厚感のある色味で即決!
したわけではなく・・・最後まで半信半疑で塗装屋さんをずいぶん困らせました^^;
どうか良い雰囲気で仕上がりますように。


取付けの日。下台から設置していきます。
予め、スクリーンの電源や壁掛けテレビの配線孔など、必要な場所に電源を設けて頂きました。


カメラに納まらなかったので広角で大袈裟なアングルですが、余計な継ぎ目が入らないようにゲート状に組込んで設置してきます。


本体が納まりました。石を貼るまで家具のグレー具合が気になるところです。


2日施工の末、完成しました。
最後まで気になっていた色味も、床のウォールナットと石のグレーを調和する落ち着いた風合いに納まりました。


ダイニングキッチンともつながり、深呼吸したくなるような心地よい空間になりました。
上質な木とそれに見合うダイナミックな石の風合い、柔らかな光。
ここにいるだけで森の中にいるような穏やかな気持ちになるから不思議です。
特別なデザインはしていませんが、素材そのものが引き立て合っているような気がします。

以前ご紹介できませんでした、寝室のベッドからの一枚です。

ベッドのヘッドボードも落ち着いたグレーのファブリックをボタン締めして製作させて頂きました。
エレガントでクラシカルな寝室と、ダイナミックでモダンなリビング。
テイストの違う空間ですが、上質な素材によって一つに調和しているようです。

お忙しい日々の終わりに、ほっと一息安らぐ場所になっていると嬉しく思います^^

読書の秋 ~最始動です~

2020-11-4

先月は諸事情のため、充分な対応ができず大変ご迷惑をお掛け致しました。
特にメールのトラブルがありましたことお詫び致します。

しばらく搬入と施工は現場スタッフの力を借りて対応させて頂きます。
設計デザインは今まで以上に頭と心をつかってご提案したいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

読書の秋ということで、入院中に出会いました本を2冊ご紹介させて頂きます。

なぜか2冊とも黄色。たまたま書店で手に取った本です。
(ニコニコしているのは娘からのお守りです^^)

左はブレディみかこさんの「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」
後で知りましたがメディアでも多く取り上げられている話題作なのでご存知の方も多いかもしれません。
著者自身や息子さんがぶち当たるイギリスでのリアルな体験を、オブラートに包まずにストレートに伝えてくれる本です。
人種、貧富、宗教、性・・・子どもの頃から突き付けられる格差の現実に親子でしっかり向き合っていく強さ、そして根底にある思いやり。
正解のない世の中でどう生きていくか、読んだ後もじわりじわりと考えさせられる本でした。

右は末永幸歩さんの「13歳からのアート思考」
これはタイトルだけで早く読みたい!と思った本でした。
子供の頃は自由に描いていた絵が、大人になるにつれて仕事のパース以外自由に描けなくなった実感。
娘が9歳の頃の授業参観で貼りだされている絵がみんなよく似ていて、描き方指南があると聞いたときの違和感。
小中学校まで大好きだった図工が高校生になると急に苦手になった経験。
いろいろなことが読むにつれて「なぁんだ肩肘はらなくて良かったじゃん!」と同時に、囚われている物の見方や価値観にも気づかせてくれる本でした。
なんでこれがアートなん?と全く分からなかった境界線ですが、境界線なんかむしろ無く、どう感じるかどう表現するか・・・。
自分なりのものの見方で自分なりの答えや価値を生み出せれば、作品という形はなくても一人のアーティストなんだと。
深く掘り下げていく生き方そのものなのかなぁ。
情報だらけの世の中を生きていく指南書になりそうです^^

 

メール通信環境のお知らせ

2020-10-20

来週中旬まで設計デザイン担当の私(高瀬まみこ)が入院の為、大変ご迷惑をお掛けしております。
いつでも対応ができる様パソコンを持ち込んでおりますが、WiFi環境が安定しておらず受信できない場合があるようです。

お問合せ頂いて、お返事が出来ていないお客様がいらっしゃいましたら、大変お手数ですがお電話を頂けないでしょうか。

092-400-7667

こちらから折り返しご連絡をさせて頂きます。

あと一週間程、ご迷惑をお掛け致します。
一日も早く復帰できるよう努めますので、どうぞよろしくお願いいたします。

デザインコンパス 高瀬まみこ

充実のユーティリティー(洗濯室)

2020-10-6

完成しましたN様のユーティリティーをご紹介します。
以前は収納庫として使用されていた個室を、洗濯専用のユーティリティーとさせて頂きました。
洗面所にあった洗濯機を移設し、そこに雑巾や靴など思いきり洗えるマルチシンクを設け、空いたスペースに収納を・・・というご要望でした。


既に左奥に洗濯機、右奥にマルチシンクが設けられている手前に家具を設置していきます。
細長い部屋は効率よく収納スペースを設けられる反面、物の居場所をつくってあげないと煩雑となりがちです。
ここでどんな作業をして、どんな物の居場所にするか、入念に打合せをさせて頂きました。


スペースを最大限利用して収納を納めていきます。


完成しました。爽やかで清潔感のあるユーティリティーです。


洗濯機の横にはすぐ取り出せる洗剤用おオープン棚。
作業台は物を置く用途もありますが、上部の奥行きを控えて広く見せる効果があります。
下の空いた引出しが気になりますが・・・


こちらは手洗い洗濯用の干し台です。
セーターなど、ハンガーに干すと形が付くし・・・広げておく場所もないし・・・乾かないまま置いておくのも・・・
というお悩みを解消するために製作させて頂きました。
上下の通気性が良いので、全開に引き出して扇風機や除湿器をかけておくとより効果的かと思います。

そして隠しアイテムがもう一つ。
左手前の浅い引出しを開けるとアイロン台が仕込まれています。
手前に引出して、右に起こすと長いアイロン台の登場です。
立ったまま楽にアイロン掛けできて、何よりアイロン台を運んで収納するという手間が要りません。
これなら溜め込まず気軽にアイロン掛けができそうです。


湿度を調節してくれるエコカラット、手元を明るく照らしてくれるダウンライト。
どちらも機能的で大変便利なアイテムですが、それ以上に気持ちに豊かさを与えてくれます。
出来ればしたくない面倒な家事ですが、ハミングしながら楽しく出来ると良いですね^^
良い気がたくさん流れますように~


※この場をお借りしてお知らせです。
私事で大変恐縮ですが、昨年怪我した膝の治療のため3週間程入院をさせて頂きます。
その間お電話が繋がりにくく、またメールのお返事も少し遅れるかと思います。
お打合せ中や製作待ちのお客様には大変ご迷惑をお掛け致します。
パワーアップして参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ツインボウルのパウダールーム

2020-9-30

N様のパウダールームをご紹介させて頂きます。

洗面所をなぜパウダールームと言うのか、先日テレビで知りました。
バッハやモーツァルトは白髪頭が印象的ですが、実はカツラに小麦粉をふりかけていたそうです。
その小麦粉を落としていた場所がパウダールームと呼ばれるようになったそうです。
別に洗面所でも良いのでは?・・・ですが最近知って衝撃を受けたもので使わせて頂きました(笑)

さてN様のパウダールームですが、以前は洗濯室も兼ねたL字型の洗面台でした。

L字型はコーナーがデッドスペースで使えませんし、洗面台の高さも非常に低く、引出しもガタついて使い辛い状態でした。
洗濯機を別の部屋に移動されるとのことで、ご家族の下着やタオル、シャンプーなどのストック類もゆっくり収納できる空間をご提案させて頂きました。


L字型⇒左に洗面、右に収納を設けて並列型にレイアウトを変えて効率の良い収納を確保します。
兼ねてからご希望されていたツインボウルをベースに色々と工夫させて頂きました。
N様がストックされていた海外のクラシカルで素敵なイメージ写真を見せて頂いたおかげで、方向性が比較的早く決まりました。
色はお嬢様のご希望でグレーでもベージュでもないグレージュ。
グレーよりも落ち着いて洗練された印象です。床のタイル、扉の色、天板の大理石もこちらでセレクトさせて頂きました。


左側にあった窓の位置を中央に、そして磨きタイルもリフォーム店さんに貼って頂きました。
全体の工事はご紹介が遅れましたが西日本住設(株)さんです。
N様が絶大なご信頼を置かれているなか、私たちは後から設計と家具のご提案で仲間入りさせて頂きました。
内外装、小さな工事から大規模なリノベーションまで、お住まいながらの工事も非常に段取り良くされていて随分助けて頂きました。


左右の壁に本体が取付きました。
何事もなく進んだようですが、ツインボウルの洗面カウンターを入れるのに3度チャレンジしてようやく入りました。
デザイン上、天板の立上りを10cmと高くしたせいで大変でしたが、ぴったりジャストで納まりました。


そしてようやく完成しました。
どこにもないN様だけのパウダールームです。


中央のトールキャビネットを挟んで左右シンメトリーに配しています。
この収納があることで左右が程良く仕切られて、タオル掛けやメイク用品、タオルなど主役級の収納スペースとなりました。


左右どちらに立っていても、真横ですぐ出し入れできる小引出し。
奥行きを控えているので、引出しっ放しにしながらメイクが出来て大変便利です。


砂模様のような大胆な柄の天板と框扉、鏡や掘込収納の縁(モールディング)など、1つ1つのディテールが組合さって一つの空間になっています。

ハンドル一つも空間を決める大事なアイテムです。

同じゴールド色のハンドルですが、形状で随分印象が変わります。
左は厳かなイメージにしたかったのでガッシリとしたもの、右はエレガントで少しクラシカルなイメージにする為にぷっくりとした形状にしています。
一つの空間をつくるための選抜メンバーを決めることもプランニングの楽しみの一つです^^


中央の引出しには、洗濯物を入れる大きなバスケットが2つ入っています。
洗濯物の置き場は手洗いボウルの下にカゴを見せて置いておくことは多いですが、オシャレに隠せると良いですね。
上からポンポン入れられて、腰をかがめることなく楽に持ち運びできます。


ボウルの下はデッドスペースとなりがちですが、ボウルに干渉しない部分を小物収納として活用しています。


右側の収納も充実しています。
ご家族の下着やパジャマ、タオルや洗剤などのストックも充分入るスペースがありそうです。
天井のモールディングや巾木はこの後、取付けました。


ツインボウルを設置できるパウダールームはなかなか少ないですが、N様からのご要望があって実際に製作させて頂きました。
ミラーや両サイドの壁に埋め込まれたニッチ収納、全てをシンメトリーにすることで機能性はもちろん視覚的な効果も実感しました。
この空間に入るだけで特別感と言いますか、私には持ち合わせていないと思っていた乙女心と言いますか・・・
あなたは大事な存在ですよと言われているような気がして、ふんわり幸せな気持ちでした。
どうぞ仲良く可愛がって頂けると嬉しいです^^

ページトップへ