デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

オーダーならではの家具

2018-1-31

昨年末にお問い合わせを頂きましたO様。
キッチン背面の壁に凹凸があるため市販のカップボードでは対応できず、オーダーを考えられたとのことでした。

お伺いさせて頂くと、確かに大きなパイプスペースがネックになっていました。
それを避けて設置しようとすると幅80cmも取れません。
パイプスペースの前も有効利用して、凹凸が無かったことになるように!?ご提案させて頂きました。
お手持ちの家電や収納されたい物、普段の使い方や開閉方法など細かなやりとりを何度かさせて頂いていざ製作スタートです。



キッチンと一緒に玄関のベンチもお問い合わせ頂きました。
当初は市販のベンチを置いてその横のスペースに小さな収納棚を・・・とのご要望でしたが、
どうせなら壁付けの一体感のあるベンチはいかがでしょうか?ということでご提案をさせて頂くことに。

とはいっても単なる分厚い棚ではありきたりだし、長方形のベンチは動線を邪魔しそうだし、
カーブにするとO様のテイストではないし・・・少し悩んだ結果、図のようなご提案をさせて頂きました。



玄関ドアの袖壁と、廊下の角からのラインをそれぞれ斜線でもってくることで、動線を妨げず流れに沿った形になります。
一番奥行きのある部分で靴を脱いで、脚の方向を変えて室内へ上がる所作も美しく感じます。
ご提案の際は、安全面が気になったので青枠の絵のような少し厚みを持たせてからテーパーをかけるデザインにしておりましたが、
O様が厚みの無いシャープなデザインのほうが断然良い!と推して下さったので赤枠のようなデザインで製作させて頂くことになりました。

一見、オブジェのようなソリッドなベンチ。
向きの異なる二面からそれぞれ違う角度で巾木に向かってテーパーをかけた形状。
同じ物を造ることが殆どありませんが、もちろんこんな形状も初めてです。
強度も含めていろいろと考えながら形にしていきたいと思います。
O様と同じく、出来上がりが楽しみです^^


ページトップへ