デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

クローゼットのあり方 Ver.2

2016-9-25

ご家族のライフスタイルによって、クローゼットのあり方は様々です。
今回は、F様のクローゼットをご紹介します。

以前、螺旋階段の収納など設置させて頂いたF様邸ですが、お家の中にお布団など大きなものを収納できる場所がないということで、ご相談頂きました。

設置されたい場所は、将来お子様のお部屋になるであろうお部屋の一角。
普通に押入れのような造り方ではなく、ワードローブ(洋服ダンス)のようなイメージを持たれてありました。

img_5380
そして、エアコンとそのコーナーにはパイプスペースが。図の赤い雲印のところです。
まずはエアコンを移設することでご提案をさせて頂きました。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%83%e3%83%88
少しわかりづらいですが、パイプスペースがあるために布団収納に必要な奥行きが正面からでは確保できません。引出して横から出し入れできる形でプランをさせて頂きました。
そして布団収納の上は、左の面からのクローゼットに。

img_5911
まずはエアコンを移設して配管を隠します。メンテナンスもできるように・・・。

img_5916
移設したエアコン下も無駄なく収納に。カバンなどに調度よい奥行きです。

img_5915
そして、お洋服のハンガーと引出しを設けています。
こちらは買換えられるベッドに乗った状態で調度よい高さになっています。
苦肉の策ではありますが、お布団重視ということで考えさせて頂きました。

img_2669
お布団収納はこんな形になっています。

img_5914
そしてその奥の背の高い収納は、旅行カバンなど大きなものの収納です。
可動棚になっていますが、将来外してハンガーパイプに変えられます。
Kちゃんのお洋服が増えてきたときのために。

img_5913
扉を閉めると大きなボックスのような見え方です。
F様のご希望で、女の子らしさとは真逆のテイストではありますが、個性あふれる環境でのご成長を陰ながら楽しみにしております。
F様、引き続きお世話になります!


ページトップへ