デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ラグジュアリーな雰囲気のカップボード

2018-11-5

先月施工させて頂きましたA様のカップボードをご紹介させて頂きます。
ご新築マンションの完成間近にお声掛け頂いたのでお引越しに間に合わせることができませんでしたが、その分細部までこだわって頂きました。

当初お問合せ頂いた時は、ヨーロッパの田舎の雰囲気をどこかに・・・ということで少しそんな要素を入れてご提案をさせて頂きました。


ですがお会いしてお話させて頂く間に、やはりモダンなキッチンには合わないのと収納力が心配ということで、
方向性を変えてご提案をさせて頂きました。

モダンなキッチンと同じでシンプル過ぎるのもちょっとということでしたので、少し個性的なものも含めてみましたが、
ちょっと派手過ぎました^^;
その後お引渡しの日に現地にお伺いして、ようやくLDKの空気感とご夫婦の雰囲気に合った素材に辿りつきました。


天板や取っ手の色、照明は最後まで悩まれましたが、ラグジュアリーで少し色気のある、シンプルながらもオリジナリティー溢れるカップボードになりそうです。


いよいよ施工当日。冷蔵庫スペースが奥まっている壁面に施工していきます。


電気の配線や下地の確認をしながら、本体がようやく設置できました。
奥まっていた冷蔵庫スペースにカップボードと同面にした吊戸棚を取付ることで、壁の凹凸が解消されて更に間口が広く感じます。



分りづらいところですが、納まりのディテールにもこだわっています。
小さなところを大事にすることで全体がより洗練されて見えるので、納まりも大事なデザインの要素だと思います^^


翌日タイルの目地埋めをして、完成しました。
照明はダウンライトではなくライン照明にすることで神秘的で高級感を感じます。



扉は陽が当たると黄色が強いゴールド、当たらないと紫色が強いゴールドに見えるラメの入ったメラミン化粧板です。
キッチンも陽によって印象が変わる光沢のある難しい色味でしたので、設置するまで不安がありましたが素敵に納まりました。
そしてライン引手ではない引手を初めて採用させて頂きました。
金物が見える部分はわずか5mm。扉の素材を凹部分まで巻き込んでいるので引手の存在感を感じず開閉し易いメリットもあります。


ダイニングから見ると照明が天板に跳ね返り、下から照らされているような浮遊感を感じます。


収納にもこだわって頂きました。
シンクを振り返ってすぐの場所にゴミ箱収納。
中央は4段引出し、奥は保存食や根菜、粉類などの食品ストックになっています。


冷蔵庫もフラットに納まり、奥の壁の凹凸は感じなくなりました。
中央のブラックガラスの収納は、奥様でも楽に上に上げて出し入れできるので、頻度の高い物をたくさん収納して頂きたいと思います。

タイルや照明が無いと、普通のカップボードの印象になっていたような気がします。
たくさんご意見を頂いて、またご提案を柔軟に取り入れて下さり、積極的に参加して頂いてとても遣り甲斐がありました。
使い勝手と気持ちの両面で少しでも家事や子育てのお役に立てたら幸いです。
A様、これからもどうぞよろしくお願い致します^^


ページトップへ