デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

洗練された大人の空間 ~カップボード編~

2019-4-3

少し間が空きましたがT様のカップボードをご紹介させて頂きます。
設置場所はこちら。シックなグレーの壁紙に映えそうです。


設計段階で、当時ご使用されていた食器棚の写真と調理器具のリストを頂きました。
キッチンに入りきれないホットプレートやフードプロセッサー、フォンデュ鍋、そして一升瓶などそれぞれの居場所をミリ単位で設計させて頂きました。
製作に至るまでT様とやりとりさせて頂いた経過も今では懐かしく感じます。

施工途中の写真を撮り忘れましたが、無事完成しました。

シンプルながらシックで重厚感も感じるラグジュアリーなカップボードに仕上がりました。
リビングにも食器収納を確保できた分、カップボードの下部は調理器具を中心にT様仕様の収納になっています。



一番奥は一升瓶用の収納です。
ワイヤーのバスケットを外せるので、用途に合わせてご使用頂けるかと思います。


中央の深い引出しの内部に浅い引出しがもう一つ。ホットプレートの高さに合わせた設計です。
扉を表面で分けることも出来ましたが、手前の引出しとラインを合わせることで見た目にもとてもスッキリしました。
内引出しは頻度の低い器具類はもちろん、タッパーや細々とした物の仕訳もしやすく便利です。


天板は人工大理石でも柄が特徴的なココアブラウンを使用させて頂きました。
扉とも相性が良くグッと引き締まりました。
引出しの取っ手はできる限り主張したくなかったので、扉を閉めるとダークブラウンのアルミがわずか5mmしか見えないライン引手を採用させて頂きました。
シルバーの太い引手にすると一気に設備機器のような印象になってしまうので、取っ手は大事なアイテムの一つだと思います。


オープンキッチンの扉や天板に色柄を合わせることができなかったので、完成するまで内心ドキドキでしたが・・・
予想以上にLDK全体の空間に違和感なく納まっていて、落ち着きと適度な存在感がとっても素敵でした。

機器類も無事予定していた場所に納まったとのことで、これからフル活用して頂けると嬉しく思います^^


ページトップへ