デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

和らぐナチュラルモダンなカップボード

2019-5-9

連休前に製作させて頂きましたIさまのカップボードをご紹介します。
築3年の戸建てにお住まいのIさま。お手持ちのカップボードにご不便を感じられてお声掛け頂きました。
ご新築時に製作する家具と違って今使われている状態やお部屋の雰囲気を拝見できて、より具体的にご要望を頂けたように思います。

冷蔵庫横は2m弱の設置スペースがありましたが、既存のカップボードは1.2mで作業台が足りていませんでした。

最初のご提案プランです。

家電をコンパクトにまとめて作業台を広く確保したプランです。
元々レンジをカウンターの下で使われていたので、家電を縦一列にまとめてスッキリさせました。
吊戸棚を冷蔵庫上までつなげたり、目線の高さをオープン棚や扉付きの棚にしたり・・・。
部分的でもIさんのお好みを知るためにカラーリングも変えてご提案をさせて頂きました。



形が決まってきました。
当初はゴミ箱専用引出しを左に配置したため引出しの数が多く少し窮屈な印象でしたが、引出しを2列にまとめると見た目に余裕が生まれました。
ゴミ箱スペースはどこへいったでしょうか・・・。答えは後程ご紹介します^^
天井に近い吊戸棚を壁紙に似た色にして、圧迫感をなくす狙いです。
ナチュラルな木目に合う自然な風合いのタイル、そして葉色のアクセントカラー。
少し和を感じるようなやさしい色使いになりそうで楽しみです。


 取付初日。コンセントの増設をして下台を設置しました。


天井いっぱいの吊戸棚を設置していきます。圧迫感が心配になるほどの大きさです。
オリーブ色のアクセントカラーが利いています。


幅も高さもピッタリ納まりました。
天井とのわずかな隙間は化粧板を現場で削り合せて貼ることでより美しく一体化します。


翌日、タイルの目地埋めをして無事完成しました。
桧の床板に合う木目と陶磁器のようなタイル、和の要素もありながら白い吊戸棚がモダンな印象を与えてくれる絶妙なバランスです。
見ていてとっても気持ちの良いカップボードになりました。


既にちらりと見えていましたが、ゴミ箱スペースは側面に設けています。
ユーティリティーからも使えて正面からは見えにくい位置です。
深い奥行きの半分を利用してのスペース。
この間取りだからできる場所ですが、扉を開け閉めする手間も省けて便利です。


目線の高さの収納は大きな1枚の扉が下から上に開くフラップ扉です。
正面から見渡せるので、グラス類や平皿に向いています。


トースターと炊飯ジャーはそれぞれ引出してご利用頂けます。


家電収納はあっても天板は冷蔵庫までつながっているので、ぐっと奥行きを感じられるようになりました。
磁器質の横長タイルの相乗効果も相まってより遠近感を感じます。


引出しのハンドルは主張し過ぎず程良い存在感のデザインです。


施工前から随分変わりましたが、ずっとそこにあるような自然な佇まいです。
主張し過ぎず、でもIさんだけのオリジナリティがあって誠実なカップボード。
自然で優しい色合いにヒーリング効果があるような気がします。
収納力たっぷりなので、お子様の成長と共にたくさん使って頂けると嬉しいです。
Iさん、引き続きよろしくお願いします!





ページトップへ