デザインコンパスブログ「ポッカポカ日和」

ナチュラルモダンな空間づくり ~子供室編~

2019-1-30

Y様の空間づくりが完成致しました。
Y様ご家族に直接見て頂いてご感想を伺う前にご紹介をさせて頂きます。
果たして最大限の仕事ができているかどうか実際にお住まいになられてからにはなりますが・・・喜んで頂けると嬉しいです。

まずはお待たせ致しましたHさんのお部屋です。
カーペットとシェードが入って温もりと明るさが加わりました。
以前はウォークインクローゼットでしたが・・・


程良く囲われた温もりのあるプライベートスペースになりました。

オレンジの差し色に気持ちが明るくなります。


デスクに座って背面の壁にはカーブを描いた飾り棚。
小さな棚ではありますが、一カ所円弧があるだけで空間全体がやさしくなるから不思議です。


奥行きを変えた可動式の棚。
上はA4サイズの書類、下は鞄や学校道具など大きな物の収納に。
上の棚の奥行きを控えることで、上部の物の出し入れもし易く中段はカウンターのような使い方もして頂けそうです^^


デスク上の棚はLEDライトが組み込まれています。
白い清潔感のある木目の腰パネルの上には空気をきれいにするエコカラットタイルを貼っています。


こちらは施工中です。窓のラインに合わせて貼り分けました。
全面同じ仕上げにするより趣きがあってほっこり良い感じです。



充実した引出し収納と天井までのハンガー収納。
引出し収納は季節で分けて整理していても充分な収納力です。
収納の上にはY様からのご要望でディスプレイ用のアクリル板を。
ベッドからの視界に入る場所にお気に入りの物を飾って頂ければと思います^^

子供部屋と言うと失礼かもしれませんが、お会いしていないHさんを想像しながらお部屋づくりをさせて頂きました。
ずっと快適にお気に入りの場所になってもらえたら嬉しいです。
見て頂ける日を楽しみにしています^^



ナチュラルモダンな空間づくり ~施工中NO.1~

2019-1-12

Y様の空間づくりが着工して5日間、家具が入る前のベースとなる空間が出来上がってきました。
ご紹介させて頂きます。

まずはHさんのお部屋のクローゼットです。
窓横の壁を壊していきます。


撤去する壁がその他の壁天井よりも先に施工されていたので、なかなか大変でした^^;


無事に一つの空間になりました。ここがデスクスペースになる予定です。


そしてダイニングの天井です。
リビングを入ってすぐの写真ですが、左側のダイニング天井の凹凸が目立っていました。
ここに天井を造作して、奥へといざなう優しい間接照明で演出する予定です。


天井のベースを造作していきます。


ボードが貼られると少しずつイメージが出来てきました。
大工さん、頑張ってください。


一枚一枚、天井の羽目板を貼っていきます。


ようやく板貼りが完成しました。

桧の羽目板が貼られると随分奥行きを感じます。


そしてキッチン横に格子が取り付きました。
上下に横桟を入れると施工がしやすかったのですが・・・大工さんにはお手数を掛けました^^;
でもやっぱりすっきり見えて良い感じです^^

リビングからの見た目も変わりました。
こちらは施工前のダイニングです。


骨組みを施工して、


ボードが貼られた状態です。


そして、板貼りとキッチン横の格子が取り付きました。

イメージ通りです。
心配していた桧の色合いも自然な濃淡が良い風合いです。
格子のタモ材もこれから経年変化で良い色に変わっていくと思います。

来週はいよいよ家具と装飾が入っていきます。
Y様、引き続きよろしくお願い致します!

木目と単色が映えるテレビボード

2018-10-28

プランニングが重なり、1ヵ月ぶりの更新になってしまいました。
製作、プラン共にお待たせして申し訳ございません。
F様のテレビボード、3週間前にはなりますがご紹介をさせて頂きます。

ご相談頂いたときの壁面です。左側にウサギのうーちゃんグッズが大きく面積をとっています。
右側にパソコンや大きなシュレッターなど、出ている機器も気になります。
それから正面の梁、右側の下がり壁も悩ましいところです。


何度かやりとりをさせて頂いて、下のような形で製作をさせて頂くことになりました。

右側の下がり壁に高さを合わせて、梁がなかったことにする作戦です^^


これは製作中のフォルムです。木部はウォールナットの突板を使用しています。
無塗装ですと地味な印象ですが、塗装をすると別人にようになります。


いよいよ施工の日。下台はプリンターや機器類が入るよう少し高めの設定です。


3mを超える天板は、上台が乗る分かりにくいところでジョイントしています。


右側の下がり壁下にぴったりの収納。壁紙の少しの膨れで入らず、削り合わせをして・・・


ぴったり納まりました。


移設できなかった右下のコンセント部分は、棚の上下から抜き差しできるような配慮をしています。


本体が取り付きました。
梁下の隙間はベニヤで塞いで壁紙を貼りかえることで、凹凸が何もなかった壁にしてしまいます。
右側はパソコンや機器類、左側はうーちゃんのゲージとグッズが入る予定です。


扉が取り付き、家具の完成です。
全体を木目にせずに、上部の扉を単色にすることで、圧迫感を無くしてお互いを引き立てる効果があります。


白い扉に映える無垢のつまみがアクセントになっています。


右側は折戸を開けて中のスライドカウンターを引出して使えるパソコンスペースです。


白い扉の側面を木目にすることで、テレビ面がゲート状に囲われたようでグッと締まります。

翌日、梁部分のクロスの貼替と、F様が選ばれたTV面のアクセントクロスの貼替で完成する予定でした。
ご主人様と話している間にアクセントクロスも終わり、振り返ってみると・・・

何だこのリーフ柄の白い壁紙は・・・(汗)


間~違~え~た~!!!
完全に品番間違えです。クロス屋さん、ごめんなさい。F様すみません。
後日、同じクロス屋さんに現場の住所を間違えて伝えて辿り着かないという仕打ちまでしてしまった私。
とても反省しています。気を引き締めていきたいと思います。


後日、無事に完成しました。
梁もすっかり見えなくなり、ほっこりとしたアクセントクロスも良い感じです。


機器類の収納も上手に使って頂けていました。
お待たせして大変申し訳なかったですが、収納された状態を拝見できて良かったです。


そして、もう一つ良かったことが。
うさぎのうーちゃんがお相手してくれたこと。
ぬいぐるみみたいで本当に可愛らしいです。

うちもポッカ宣伝部長と一緒にうさぎだったら飼えるかも!と家族会議になりましたが、
ビーグル犬はウサギ狩りの犬種であることに気づき、断念したという話題で締めくくりたいと思います。

F様、いろいろございましたが大変お世話になりました。
これからもどうぞよろしくお願い致します!

トイレの空間づくり

2018-8-20

朝晩が少しだけ過ごしやすくなってきました。
残暑お見舞い申し上げます。

今年の夏は流石の暑さで宣伝部長のポッカも体調を崩してしまいました。
後ろ姿に哀愁が漂っていますが完全復活。もう大丈夫です!
夏後半、私たちもエンジン全開で取り組みたいと思います。
(プランニングと製作共にただいま少々お待ち頂いている状況です。ご迷惑をお掛け致します。)

お盆前に完成致しました、R様のトイレ空間をご紹介致します。
トイレは工務店さんの管轄でしたが、手洗いの造作と内装のコーディネートをさせて頂きました。
1、2階それぞれのトイレは、1階にパイプスペースの柱がある以外、窓の位置や広さは殆ど同じ条件でした。

▲1階のトイレ。右側に手洗いがある横にパイプスペースの柱があります。


▲2階のトイレ。1階よりパイプスペースがない分、手洗いカウンターが広く設けられています。

1、2階共通のご希望が、一面にエコカラットを貼ることと、窓の黒いサッシを目立ちにくくすることでした。
エコカラットはマットな質感がお部屋に馴染みやすいタイルですが、その自然な質感のためにテイストが限られてしまうという点がありました。
同じ空間だからこそ、印象を変えて変化をつけたい。
家具と照明、壁紙とタイルを用いてシックだけど全く違う空間を演出させて頂きました。

1階のトイレです。

当初は手洗い収納の下から床を照らす幻想的な照明を計画していましたが、本を読まれるとのことで、壁を上下に照らす照明と天井からのダウンライトに変更させて頂きました。


分厚い天板と宙に浮いた収納扉、間口いっぱいのミラーで横のラインを強調しました。
2階と異なり、天板に水撥ね防止の立上りをつけていないのもそのためです。


奥行きが30cmと少ないですが、自動水栓で無駄がありません。
壁のエコカラットは光があたることで陰影が映えます。

そして2階のトイレです。

こちらは雰囲気を変えてエレガントな要素をプラスしました。


天井を照らす間接照明と、ミラーと飾り棚を照らすダウンライト。
直接照明ではなく間接照明で雰囲気づくりをさせて頂きました。


便器に近く、開き扉では全開しない為、収納にも工夫させて頂きました。
手前は横にスライドする扉、一番奥は引出して横から出入れする収納です。
スライド収納は最近メーカー品でも目にしますが、横からの引出し収納はR様だけのオリジナルです。


開閉方法でやむを得ず付けることにしたハンドルは、エコカラットの縦目地に合わせたデザインをセレクトしました。
扉はさりげなく光沢のある和紙模様が入っています。


写真では分かりにくいですが、天板はホワイトオニックスという流れ模様の人工大理石です。
1階と違い、タイルに縦溝があるので立上りを付けています。


照明をつけていない時の静寂とした雰囲気も好きです。
黒いサッシが目立ちにくいアクセントクロスとエコカラット。
1、2階で使った素材は似ていますが、それぞれスタイルを変えて違う印象になるように表現させて頂きました。
サンプルを片手にああでもないこうでもないと色合わせに回ってようやく形になりました。
リビングとは少し違うトイレの空間づくり。
ただ落ち着けるだけじゃなく、静かな高揚感もプラスできていたらいいなぁと思います^^








LDKをつなぐ家具~テレビボード

2018-7-28

この場を借りて、暑中お見舞い申し上げます。
猛暑のためではありませんが、更新がずいぶん遅れました。
Rさまのリフォーム工事が着々と進み、無事リビングの家具が納まりましたのでご紹介させて頂きます。
(現場の方々、暑い中本当にお疲れさまです。)


以前のリビング。右側の壁を一部撤去してここにテレビボードが付きます。


壁が撤去され、床のタイル、キッチン、壁も仕上り、とても気持ちの良い空間です。
これからこの二面の壁に光と素材で装飾を施して、より雰囲気のある空間に仕上げていきます。


まずは間接照明を仕込むバーをL字に取付けていきます。
「あ、Z監督お疲れ様です!」
そうなんです。R様のお宅は工事中もワンちゃん3匹が自由に行き交う、犬好きの私たちにはたまらない現場なんです。




小さな応援団にずいぶん癒されました。






間接照明が付きました。いつも照明がつく瞬間は感動のひと時です。
この照明がL字に付くことでリビングとキッチンダイニングが一続きになり、より表情豊かな空間になります。


タイルの割付けも大事です。このタイルの厚み分、テレビボードの幅を調整して製作しています。


タイルを貼ると綺麗に納まりました。タイルの凹凸を考慮して納めています。


さあ、それからは忍耐力の要る作業です。
二人で550枚近く。


無事、完成しました。2面に壁掛けテレビが付くとまた空間が引き締まるかと思います。
間取りの変更だけでもリビングからキッチンへの動線がスムーズになりましたが、装飾を施すことで視覚的にずいぶん広がりました。
次はキッチンをはさんで窓側のサイドボードをご紹介させて頂きます。

ページトップへ